管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

観たかったヒーロー映画がそこにあった! 『仮面ライダーW FOEVER AtoZ/運命のガイアメモリ』 

はい、と、言う事でありまして、本日公開の特撮ヒーロー映画『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THE ムービー』及び『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』、観てまいりましたよ!
スーパー戦隊シリーズと仮面ライダーシリーズの抱き合わせ映画は、「夏、始まったなぁ!」という気分にさせてくれますね。
管理人は初回の分を観たのでありますが、盛況でありましたよ。流石は東映ヒーロー祭りでありますなぁ。
客層はチビッ子諸君に混じって大きいお友達(管理人含む)がチラホラ、といった感じでありました。否、大きなお友達の方が多かったような・・・

エピックON THE ムービー& AtoZ 運命のガイアメモリ

天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービー』は、良くも悪くもいつも通りのゴセイジャーでありました。
北欧神話をモチーフにした終末観やら、北欧神話は宇宙からもたらされたという解釈やら、なるほどなるほど、という感じでありましたね。
今回はウォースターの残党が出てきたり、復活怪人軍団があったり、妙な自転車での逃走劇があったりで、若干スベっているような気がしなくもありませんが、まぁ、そんな感じでございました。
個人的にはウォースター残党の首領格・ギョーテンオーに対してブレドランさんが
ギョーテンオー様さえ無事ならば云々
と言いつつギョーテンオーを巨大化させるという行動をとっていたのが笑えました。だから巨大化は死亡フラグだってば!
巨大戦は、またしても奇跡の力で完成したワンダーゴセイグレートという巨大ロボによって行われました。
屋外セットによる自然光が迫力を出すのに効果をあげておりました。いやぁ、テレビシリーズではなかなか出来ませんからなぁ・・・。
巨大戦だけでなく、等身大の戦闘シーンでも、テレビシリーズではなかなか出来ない演出やらアクションやらが随所に散りばめられておりました。ヘリコプターからの空撮とか!
個人的にはもっとゴセイナイトさんに活躍して欲しかった・・・。あと、ミスティックブラザー(ry
ところで、公開前にゴセイジャーの映画の上映時間は12分であるとかいう噂を耳にしましたが、別にそんな事は無く、いつも通りの30分でございました。誰だよ、12分とかいう噂を流したのは!?
最近特に、どうもライダーばかりに目が行って戦隊はあまり見られていないんじゃないか、というように思うのでございますよ。いや、別に好き嫌いの問題ですから良いんですが、なんとなくやるせなくなるのです。
もう戦隊はやめてライダーだけの劇場版にすれば良いのに
とかいう声を聞くと。


さて、続きまして、『仮面ライダーW FOEVER AtoZ/運命のガイアメモリ』でございます。
この作品は、テレビシリーズの第44話と第45話の間の出来事でありました。いやぁ、『仮面ライダーW』が
続きは劇場版で☆
みたいな事にならないかどうかヒヤヒヤしていたのですよ。取り敢えずは、一安心であります。
お話は、財団Xが開発した次世代ガイアメモリ「T2ガイアメモリ」が、テロリスト集団NEVERによって風都全体にばら撒かれてしまう、というものでありました。
NEVERの首領格は『仮面ライダーW』史上初の悪役ライダー「仮面ライダーエターナル」に変身する大道克己であります。
この悪役ライダーの登場に、風都の住民は、
悪のライダーなど、邪道だ!
というニュアンスの反応をしておりました。これまでの平成ライダーでも悪役ライダーは多く出てきておりまして、それに対するアンチテーゼ的な何かでありましょうかね?
ばら撒かれたT2ガイアメモリは、風都住民の体を乗っ取り、ド―パントとして暴れ回ります。ナスカ・ド―パントやらウェザー・ド―パントも出現し、さながら復活怪人祭りでありましたね。
しかし照井が
青いナスカか・・・
と言っていた部分が、気になりました。本来ナスカは青でありまして、冴子お姉様が使用したから赤ナスカになった訳でありまして・・・。照井が来たのは霧彦さんが死んでしまった後なので、照井の中ではナスカ=赤という事になっているんでしょうな。
その照井に関連する事でありますが、やはり亜樹子と照井がえらく親密になっているという事がこの映画の中で強調されておりました。いったいこの二人、いつの間に・・・。

テレビシリーズでは出来ない事をやる」というのはこの作品も同じでありまして、ヒート・ド―パントとの戦いでは近年稀にみるバイクアクションが展開されました。
ルナ・ド―パントの繰り出すマスカレイド群も入り乱れるバイクアクションは、ショッカーやデストロン等の戦闘員が怪人と共にバイクでライダーに挑んで来たシーンを彷彿とさせますね。CGやら特殊合成やらワイヤーアクションやらを駆使したバイクアクションは迫力がありました。これぞ、仮面ライダーですな!

仮面ライダーエターナルの能力は、T2ガイアメモリ以外のガイアメモリを機能させなくせなくするというものでありました。それにより、仮面ライダーダブルも、仮面ライダーアクセルも変身不可能になってしまいます。また、ファンぐやエクストリームといった特殊メモリ、そしてミュージアム製のガイアメモリも機能を停止するという事態になる訳でありますね。これではNEVERに太刀打ちなど出来る筈がありません。風都、絶体絶命のピンチであります。
更にフィリップ君は敵の策に嵌り、風都タワーに監禁されてしまう訳であります。
さぁ、どうなってしまうのか!?

今回の映画のタイトルは『運命のガイアメモリ』でありますが、どのあたりが「運命」なのか。
劇中ではNEVERのメンバー達が自分に合ったT2ガイアメモリを入手しておりまして、まさにこれは運命である、というように描写されておりました。
今回は翔太郎の「運命のガイアメモリ」についても描かれておりまして、それはジョーカーメモリでありました。
おやっさんの遺したロストドライバーを使い、翔太郎は仮面ライダージョーカーに単独変身するのであります。
仮面ライダージョーカーの必殺技(マキシマムドライブ)は、ライダーキックライダーパンチ!肉弾戦重視の正統派ライダーでありました。

さて、そうして翔太郎と照井は風都タワーに向かう訳でありますが、照井がやたらと死亡フラグを立てていたのが笑えましたかね。でも、しっかり生き残る不死身の男、それが照井という奴なのであります。
クライマックスでは、エターナルの能力を無効化し、仮面ライダーダブルで仮面ライダーエターナルと最終決戦になる訳であります。
各フォームをすべて使い、エクストリームも使うという、映画ならではの展開が観れる訳ですね。そして、最後は風都の人達のライダーを応援する願いが奇跡を呼び、サイクロンジョーカーGXという形態にダブルが変化する訳であります。いやぁ、実に王道でありますが、こういった王道展開は最近は少なかったように思います。
この風都市民を良く見ると、これまでのテレビシリーズで登場した人達の姿が確認できます。また、パンフレットにはその人達が現在どのような生活を送っているのか、という事が書かれていたりもするんですな。そういった面も含めてみると、この映画は『仮面ライダーW』の集大成的な作品であるなぁと感じる訳でありますよ。
そして、風都タワーは壊れてしまったものの、大団円を迎える訳ですね。ヨカッタヨカッタ。

忘れてはならないのは、次回作『仮面ライダーOOO』に登場する主役ライダー・仮面ライダーオーズが登場したという事であります。今回はルナ・ド―パントと戦っておりました。
3つのメダルを装備して、ライダー史上最多のフォームを持つとされるオーズ。果たして、どのようなヒーローなのか?という話でありまして、早くも若干『仮面ライダーOOO』が楽しみになってきた管理人であります。

さてさて、そんな感じでありましたが、管理人は実にヒーロー映画らしい作品であった!というように思うのであります。
何といっても強大な悪役と、マシンアクション、能力をフルに使った戦闘シーン、そして、市民のライダーを応援する気持ちが生んだ奇跡・・・。
前からこういうヒーロー作品が観たかったのでありますよ。いやぁ、久々にスカッとしました!


まぁ、こういったところでありますか。もう1~2回ぐらい観たいところでありますが、お金がありません・・・
orz


【関連商品】
撮影報告書 メイキング・オブ・仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ [DVD]撮影報告書 メイキング・オブ・仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ [DVD]
(2010/07/21)
桐山 漣菅田将暉

商品詳細を見る
天装戦隊ゴセイジャー ゴセイヘッダーシリーズ ゴセイワンダー天装戦隊ゴセイジャー ゴセイヘッダーシリーズ ゴセイワンダー
(2010/08/07)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/08/07 15:56|特撮ヒーローTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/506-e2d51e46

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.