管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

不自然な光、不自然な湯煙 

最近アニメを観ていてよく思うのであります。
日光さんや湯煙さんが仕事しているなぁ
と。
アニメ(特に、深夜帯の作品)を観ない人には何の事やらさっぱりかも知れませんが、早い話が、「規制」というヤツですな。女の子キャラの裸体とか、下着とかが画面に映ると、不自然に陽が射したり、お風呂の湯煙が増えたりして、肝心なところキワドイ部分が隠される訳であります。
これは深夜アニメなんかに顕著でありまして(まぁ、そういう作品が多いと言う事の裏返しな訳でありますが)、作品によってはナニをしているのか全く分からなくなったりもする訳であります(アレは酷かった。でも、そのまま放映してても、別の意味で酷かったんじゃないかな)。
今期では、ズボンを標榜している某アニメズボンの描写に規制が入るというのが解せませんね。

アニメに於けるお色気要素(表現が古いか?)の需要というものは確かにあります。それは紛れもない事実でありますが、そういったお色気描写は、現在の放送コードに抵触したりしなかったりする訳であります。それが日光さんだったり湯煙さんだったりする訳でありますが。
思えば昔はおおらかな時代でありました。『キューティーハニー』の変身シーンなんかも、今のアニメ基準では光が射しまくって何がなにやらになってしまうような気がするのであります。
現在のように規制が入るようになってしまったのは、PTA等の
子供の観る作品として、これはいかがなものか?
といった抗議があっての事なのであって、という話であります。また、深夜アニメとて「アニメ」である事には変りなく、一部のアタマの堅い人達が許さなかったという背景がある訳であります。
以前にも書きましたが、そういった要望やら批判やらが積もり積もって今日のような規制され過ぎるような状況になってしまった訳であります。
この「規制され過ぎ」というのは誇張表現ではありません。実際に作劇上必要なシーンの場合であっても、規制が入っているというケースは、実は結構あるのであります。
まぁ、それを逆手に取ってギャグにしてしまう作品も中にはある訳で、一概には言えませんが・・・(笑)。

こういった規制は、大体が「自主規制」だったりするんですよね。有名なのがテレビ東京の「パンチラはNG」という基準であります。テレビ東京で放送されるアニメキャラは、どんな事があってもパンチラをしないのであります(しかし、逆に服が脱げたりは結構OKだったりするのですが(笑))。だから、『HEROMAN』のヒロインであるリナなんかは、あんなにキワドイコスチュームなのに一度もパンチラしていないのであります(コマ送りで検証した紳士が居ました)。それはそれでまた不自然なような気がせんでも無いんですがね。
パンチラNG」のように解り易い規制を作っていれば良いのですが、多くの局の場合、その規制基準は曖昧でありまして、場合によっては
これまでは規制無しだったのに、いきなり今回の話から規制が始まったんだぜ畜生!
なんて事もある訳であります。
局に対する疑問はまだあります。それは、ゴールデンタイムに放送している、洋画なんかの濡れ場や露出シーンをカットしたり修正したりしていないという点であります。これは一体どういう事なんでしょうなぁ?場合によってはその辺のアニメよりも過激なシーンが出てくる事もあるのでございます。

そして、規制が入ることにより、新たな問題(どちらかと言えば、視聴者側の問題ですが)も浮上する訳です。
大抵の場合、テレビ放映版で規制されたシーンは、DVD版やBD版で修正されているというケースが殆どであります。DVD版では不自然な湯煙も日光も(作品によってはバスタオルが無くなったりします(笑))全く無くなって、実にクリアに作品を鑑賞出来るようになるのであります。
つまり、規制があると、制作者の意図と関係なく
完全版はDVDやBDを買ってね☆
という事になる訳であります。そういった訳ですから、アニメファンからの不満は、結構あったりする訳です。図らずとも悪い意味で「DVDの宣伝番組」になってしまう訳ですね。

さて、管理人としては、こう思うわけですよ
変な規制なんてするな!
と。いちいち突然湯煙が出たり不自然に日光が射したりすると、折角作品に入り込んでいたのに、
ま~た規制かよ
というように萎えてしまう訳でありますよ。一気に現実世界に引き戻されるような感覚になって、何か嫌です。
子供に悪影響だ
等と言う意見もあるかも知れませんが、しかして、お色気シーンを子供に見せる事の何処がイケナイのか?管理人はそう思いますね。違いますか?
ここは作品の意図する内容を尊重し、規制なんてものは取り払ってしまえば良い・・・・かと言うと、実際問題としてそうはイカンのですよねぇ。規制が無くなると今度は(視聴者の欲望が)エスカレートしていく、という新しい問題が浮上してくる訳でありますよ。
このあたりがこの問題の難しい所なんですよねぇ。調度良い点を模索し、そこで落ち着くような表現にならないものかと、管理人はそう思う訳であります。

【関連商品】
表現の自由―その公共性ともろさについて表現の自由―その公共性ともろさについて
(2008/12)
毛利 透

商品詳細を見る
性表現の自由 (人権ライブラリイ)性表現の自由 (人権ライブラリイ)
(1986/07)
奥平 康弘吉行 淳之介

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/07/30 21:09|アニメ関連雑記TB:0CM:3

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2010/07/31(土) 09:18 [ 編集 ]

下着やバスタオルが規制されるなんていいほうではないですか。

プリキュアは水着すら……(T_T)

毎年毎年、夏になるとファンの間で話題になるのは、「今年はどんな、水着が出てこない臨海合宿シーンになるのか」ですから……(T_T)

プロデューサーのバカ……(T_T)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/07/31(土) 12:46 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
お気持ち、よく分かります。
でも『ストライクウィッチーズ』の場合、戦闘シーンにも光が射してきたりするのです。チラチラ目について仕方ありませんよ…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/07/31(土) 20:26 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/493-0d5128ab

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.