管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

寝る前に考えていた恐ろしいお話 

今では寝る前が一日のうちで一番幸せな時間となっている管理人でありますが、小学生の頃は寝る前が一番嫌な時間でありました。何故かと申しますと、あの頃は寝る前によく将来の不安について考えていたからであります。
いや、「将来の不安」と言っても、進学がどうとか就職がどうとかなんてモンじゃなく、単に世界が滅亡したら、とか、巨大隕石が落ちてきたら、とか考えていた訳でありますよ(笑)。

当時は「ノストラダムスの大予言」なんてのがブームになっていたのでありまして、管理人は近所の友人に
1999年7月に人類は滅亡するんだよ!
という話を聞いてからというもの、恐ろしくて夜も眠れないようになってしまったのであります。
当時管理人は本当に世界が終わると思っておりまして、それ故に国が何の対策もしていなかったり周囲の大人達(親含む)が全く慌てていないという事に本気で恐れていました
勿論、当時の大人達もそんな事は真に受けていなかったでしょうし、当時としてはノストラダムスの予言なんかよりも寧ろ2000年問題の方が考えるべき問題だったのでしょう。
しかし、幼い管理人は本当に畏れ慄いていまして、毎晩寝る前になると必ず人類の滅亡について考えていたのでございます。
ノストラダムスの大予言以外にも、管理人の「寝る前の時間」を奪ったモノは結構あります。
当時は『たけしの万物創世紀』とか『特命リサーチ200X』等の番組がありまして、その中で取り上げられる「隕石落下による恐竜の絶滅」がもし現代で起こったら、とか、「50億年後、太陽が膨張して地球は太陽に飲み込まれる」とか、「グランドクロス」とかを考えて、夜も眠れなくなったりした訳でありますよ(因みに、現在の研究では、ギリギリ地球は太陽に飲み込まれずに済むらしいです)。
さらに追い打ちをかけるように、当時のニュースが「NASAの発表によりますと、20年後に数千万分の1の確率で巨大隕石が地球に落下する可能性が云々」なんてコトを報道しちゃうもんですからたまったもんじゃありません!

俺「隕石落下は20年後起こり得るんだ!なんてこった!
母「宝くじに当たるよりも低い確率でしょうが・・・

更に悲劇は続きます。『ディープ・インパクト』、『アルマゲドン』と、隕石落下モノの映画が続いて公開
そして祖父母の家に遊びに行くと、父が昔持っていた恐怖本を見つけてしまい、全く世代じゃないのに恐れ慄きまくるという始末・・・。そして、『猿の惑星』のリメイク版公開!
いやぁ、考え事の多い夜でした

こういうやつです。恐怖の本のひとつです

まぁ今では寝る前の時間はスーパー妄想タイムになっているんですけどね(笑)。それはそれで問題のような気がしなくもありませんが。
今では2012年人類滅亡の話とかが出ていますが、現在のチビッ子諸君は2012年の滅亡で寝れな夜とかを過ごしているんでしょうかね?
・・・多分、過ごしてないような気がします(苦笑)。

【関連書籍】
ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55)ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55)
(1984/01)
五島 勉

商品詳細を見る

救急戦隊ゴーゴーファイブ 10 (小学館のテレビ絵本シリーズ)救急戦隊ゴーゴーファイブ 10 (小学館のテレビ絵本シリーズ)
(1999/08)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/07/23 04:57|空想科学雑記TB:0CM:2

コメント


いや、あの手の「ムー」なんかに出てくるネタの破壊力をバカにしてはいけません。

信じる小学生はマジで信じておびえます。

MMRなんかも、作者てめえ絶対ギャグで作ってるだろと思われるような内容だったのにもかかわらず、信じた子供は多かったらしいです。

だから、「解毒本」みたいなものが必要だと思うのですが、どうしてもそういうのって、大人向きというか、子供にも簡単に読めるトンデモ説論破本は見たことがないんですよねえ。商売にならないから当然なんですが、うむむ、憂うべき事態だと思います。人類文明はそれで五千年やってきたんだからどうでもいいといえばどうでもいいですが(笑)

ちなみにわたしもノストラダムスで心底おびえたクチ(笑)。高木彬光先生の論破本、というかいちゃもん本「ノストラダムス大予言の秘密」がなければいまだにビリーバーをやっていたかもしれません(笑)。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/07/23(金) 17:13 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
いやぁ、子供の頃は本当に怖かったですよ。
逆に言えば子供ってわりと何でもすぐに信じちゃうって事でもありますね。それが良いところでもあり、怖いところでもあります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/07/23(金) 23:09 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/481-8706a617

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.