管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

時代は怪獣を望むか? 

最近インターネット上の掲示板や動画共有サイトで、ゴジラやガメラをはじめとした怪獣映画についての話題や動画をよく見かけます。
少し前ならば、某巨大掲示板の特撮関連の板以外で怪獣ネタが出てくるようなことは余りなく、もしそういったスレが立ってもすぐに落ちてしまったりもした訳でありますが、最近は結構伸びたりしており、怪獣好きの管理人としては嬉しい傾向となております。
また、某動画共有サイトでは、今年の4月頃から急に特撮怪獣関連の動画が得てきたようにも思います(単に管理人の気のせいかも知れませんが(笑))。
そういった感じですので、管理人はこう思う訳ですよ。「時代は怪獣を望んでいるのではないだろうか?」と。
この混沌の時代である今こそ、全てを破壊し尽くす怪獣の登場が望まれているのではないかと、そう思うのでございますよ。怪獣の都市破壊は現代文明の否定である、という話もありますし。
若しくは、「やっぱり怪獣が居てくれないとなんだか寂しい」という心理からきているモノなのかも知れません。怪獣映画などは一種のお祭りでありますから、そりゃ年に一度のお祭が無くなって長いこと経ってしまえば、そろそろ寂しくもなってくるという話であります。

いずれにせよ、怪獣作品の復活は、そう遠いものではないのかも知れません。
かつてのゴジラ復活も、ファンの渇望と社会情勢が背景にあって実現したものであります。
2012年にハリウッドで再びリメイクされたゴジラが公開するという話もありますので、その映画の結果如何では和製ゴジラの復活に繋がるかも知れません。そして便乗してガメラも、なんて事になればまた面白くなってきそうな気がするのでありますが(笑)。
とにかく、今後の怪獣作品のターニングポイントは2012年となりそうです。

【関連商品】
↓ガメラのデジタルリマスター版DVDが、近日一斉発売であります。
ガメラ 大怪獣空中決戦 デジタル・リマスター版 [DVD]ガメラ 大怪獣空中決戦 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/07/23)
伊原剛志小野寺昭

商品詳細を見る
大怪獣ガメラ デジタル・リマスター版 [DVD]大怪獣ガメラ デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/07/23)
船越英二山下洵一郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/07/11 20:45|特撮関連雑記TB:1CM:2

コメント


「行き詰った世界からの脱却」「文明破壊」など、「怪獣」が求められる理由はいくつもあるかと思います。一方で「怪獣」は「天災」の象徴だったり、「共通言語としての隠れた恐怖」だったりします。ですが「ホラー映画」や「実際の災害」など、それぞれが代替物を抱えている映像の業界では、もう「怪獣」を必要としていないなんじゃないかとの懸念を、私個人としては数年前から持っています。また「共通言語」がなくなったことも、これに拍車をかけていると思います。

そんな中で90年代の平成ガメラのような新しい怪獣像を見せてくれる怪獣映画が登場できるだろうか? 破壊のカタルシスだけで作られた「怪獣映画」がどれほどのものかを、知っているものとしては、懐疑的にならざるを得ません。
波のまにまに☆ #-|2010/07/11(日) 21:10 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
私も確かに「怪獣」というジャンルはもう古いとも思います。しかし同時に、まだ怪獣にはまだ可能性があるのではないか、とも思います。

ただ、純粋に新しい怪獣映画が観たいと思う人は少なくは無いのではないかと、私は思うのです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/07/11(日) 23:24 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2010/07/13』
 95年~99年公開、金子版平成ガメラ三部作についての鑑賞記を、まとめてご紹介しております。 前回の更新、「 金子版視聴記 /07/08 」にはこちらから。  G?論議: 『 鮃社員の色々やってみよう。 』 http://blogs.yahoo.co.jp/runamaliahawk/ さん、7月9日の更新。...
ガメラ医師のBlog|2010/07/13(火) 18:04

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/464-e759acbd

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.