管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

名作自主製作特撮怪獣映画 『八岐之大蛇の逆襲』 

特撮怪獣ドラマ『MM9-MONSTER MAGNITUDE-』が、本日深夜よりMBSで放送開始します。久しぶりに怪獣がTVで観れるという事で、管理人としても楽しみな訳であります。山本弘作品としては初となる映像化作品でありますね。
また、平成ガメラシリーズで特技監督を務め、リメイク版『日本沈没』や『ローレライ』の監督を務めた樋口真嗣氏が総監督を務める訳です。

と、いうことで、その関連として、アマチュア時代に樋口真嗣監督が特技監督を務めた自主制作怪獣映画『八岐之大蛇の逆襲』を紹介したいと思います。

八岐之大蛇の逆襲

作品情報としては、1985年制作でありまして、自主映画製作集団DAICON FILMが制作した作品であります。監督は後にGAINAX取締役となる赤井孝美氏。
このDAICON FILM、ご存知の方も多いでしょうが、アニメ制作会社GAINAXの母体となった団体でありまして、他の作品としては『愛國戦隊大日本』やら『帰ってきたウルトラマン』(庵野秀明版)等が存在します。
この『八岐之大蛇の逆襲』は、尺的にも内容的にもDAICON FILM特撮の総決算とも言える作品となっております。また、後援に石黒昇とか押井守などといった名前が見受けられたりもします。

さてさて、作品の内容でございますが、舞台は、鳥取県米子市。怪獣映画で鳥取というのはなかなか無い組み合わせですよね。まぁ、監督の赤井さんの出身地という事なんですけど。因みに、『帰ってきたウルトラマン』(庵野秀明版)も鳥取でロケをやっています。
その米子でヤマタノオロチが実在した事を証明する石版が発見される訳でして、調査に来た大学教授の桐原祥子が石版を山に嵌め込んだところ、山の中から、巨大な八つ頭の怪獣が現れます。
まぁ、これが八岐之大蛇なんですけれども、この八岐之大蛇、実は異星人の侵略兵器だったんですね。そして、桐原祥子教授は異星人に捕まり、八岐之大蛇のパイロットになってしまう訳です。
そんな事とはつゆ知らず、防衛軍第13連隊司令の毛利大佐がやってきて、米子市街地を舞台に怪獣要激戦が展開される、という話ですな。

まぁ、ざっとこんな感じなのでありますが、ところどころに往年の特撮怪獣映画からのパロディーが入っていたり、終始敵味方妙にぬる~い感じ(異星人は戦争を全く経験していなかったり、八岐之大蛇を倒したと勘違いして酒盛りを始めようとする防衛軍だったり、出鱈目な砲撃をして米子を壊滅させるロケット砲の撃ち方が居たり)だったりと、一目見れば分かるように、コメディー映画の体を成しています。
しかし、下から見上げるようなカメラワークや、効果的な火薬の使用、精巧なミニチュア、八岐之大蛇の見事な操演等、特撮部分はかなりマジメな画作りになっております。

ストーリーのテンポも良く、映像も申し分無く、とても自主制作作品とは思えない作りになっております(総尺も85分であります)。純粋な娯楽映画としても十分イケるレベルでありました。
なかなか素晴らしい作品でありますが、自主制作作品であるが故にあんまり知名度は高くないようです・・・。まぁ、仕方の無いことですかねぇ。

2001年にGAINAXからDVDが出ましたが、殆どが在庫切れだったりで、ネットオークションなんかではプレミアムが付いて大変な事になっていたりもします。再販してくれないかなぁ・・・。

【2011年6月17日 追記】
近所のビデオ屋に、奇跡的に新品が入荷したので、めでたくDVDが買えました!
しかし、これで今月はスッカラカンに…。

【関連商品】
八岐之大蛇の逆襲 [VHS]八岐之大蛇の逆襲 [VHS]
(1985/11/28)
不明

商品詳細を見る

八岐之大蛇の逆襲 [DVD]八岐之大蛇の逆襲 [DVD]
(2001/06/22)
特撮(映像)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/07/07 18:28|特撮怪獣TB:0CM:6

コメント


八岐之大蛇の逆襲は私も大好きです
宇宙人ののんびり加減ややたら熱血な戦車長がいい味出してたでありますのです

私もDVD欲しい・・・。
キングハナアルキ #SqN0A6sw|2010/07/07(水) 20:10 [ 編集 ]

>>キングハナアルキさん
全体的にぬるいんですよね(笑)。それでいて、映像は凄いというギャップがまた堪らない訳です。

DVD、欲しいですなぁ・・・。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/07/07(水) 20:35 [ 編集 ]

高校生の頃、8mmで映画作ってた身としては、どうやって作ったのかが、まるわかりで、心底楽しめた作品でした。DVDに封入されている赤井さんと樋口さんの対談によれば、「完全な素人映画」を撮るつもりが、「ゆるーいプロ映画」を撮ってしまったイメージだそうで。前作「帰ってきたウルトラマン」もそうですが、素人映画では絶対にやらないプロップの作り込みが素晴らしく、その1点だけでも超絶技巧だと思えます。まあゆるーい作品ですけど、私には愛すべき作品です。
波のまにまに☆ #-|2010/07/08(木) 10:00 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
おお、DVDを持っていらっしゃるんですか!
精巧なミニチュアもそうですが、怪獣やメカの魅せ方も素晴らしいですよね。
是非DVDの再販をして欲しいところです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/07/08(木) 18:13 [ 編集 ]

特撮博物館開催時に
八岐之大蛇の逆襲のLDを持って行き樋口真嗣さんに
ジャケットにサインを頂きました。
LD版が八岐之大蛇の逆襲ではオリジナルだそうで
樋口監督も大いに喜んでいました。
ひこにゃん #uaIRrcRw|2014/09/12(金) 19:23 [ 編集 ]

>>ひこにゃんさん
はじめまして!
返信遅れて申し訳ございません。

DVD版は、後年「これは見てられねぇ!」という部分をカットしたディレクターズカット版だそうですね。
そのオリジナル版であるLD版に樋口監督のサインとは、羨ましい限りであります。

また遊びにいらして下さいね!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/09/21(日) 16:29 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/457-77f228ce

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.