管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

最近東映版スパイダーマンが再ブームらしい 

最近動画共有サイト・ニコニコ動画で『スパイダーマン(東映版)』が密かに再ブームとなっている模様です。
東映版スパイダーマンといえば、特徴的な名乗り口上や、東映特撮最強のロボとの呼び名も高いレオパルドンの存在などで有名であります。
このレオパルドンの超合金は非常に良く売れ、その後のスーパー戦隊がロボットに搭乗するきっかけとなりました。
また、アクション面も非常に優れており、今見ても色褪せることがありません。いやぁ、実に素晴らしい。
しかしながら、ニコニコ動画内では空耳や名乗り口上などが人気のようで、俺としては結構複雑な気分な訳であります。
おまえら、本編も観ようぜ!本当におもしろいよ!

現在Marvel.comにて東映版スパイダーマンが公式無料配信されております。観ていない方はこの機会に是非御視聴下さい。

【関連商品】
スパイダーマン 東映TVシリーズ DVD-BOXスパイダーマン 東映TVシリーズ DVD-BOX
(2005/12/09)
特撮(映像)香山浩介

商品詳細を見る

超合金魂 GX-33 レオパルドン&スパイダーマン超合金魂 GX-33 レオパルドン&スパイダーマン
(2006/08/31)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2009/10/21 03:36|特撮ヒーローTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/44-605fdb5c

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.