管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「アンチ」の精神 

人間何事も好き嫌いがある訳であります。そりゃ誰だって合う合わないがある訳でして、何事も均等に愛せるような聖人君子のような人は、この世の中には殆ど居ないでしょう。管理人も好き嫌いがある訳でありますよ。焼き魚とか。刺身は好きなのに、焼き魚は何故か嫌いなんですなぁ。困ったものです。
まぁ、ここで食べ物の好き嫌いについてどうこう書いても仕方が無い訳でありまして、では何の話をするかと申しますと、「アンチ」の精神について、2つの観点から考えてみたいのであります。

さて、某巨大掲示板の各専門板では、本スレの他に作品を批判する事が立てられる事があります。そこでは、芸能人やらスポーツ選手やら一般企業やらアニメ作品、延いては動画の配信主やらブログの管理人なんかの、いわゆる一般人のアンチスレが立つ事もある訳であります。ネットって恐ろしいですね。
で、そのアンチスレの内容なのでありますが、ファンが見たら顔を真赤にして怒りたくなるようなスレから(たまに根も葉もないゴシップなんかも取り上げられたりしております。流石に嘘はマズイでしょ。)、かなり冷静に対象を批判しているスレまでまちまちであります。まぁ、ここでそれらの優劣について書いても仕方の無い事なのですが、管理人個人の意見としては、やはり批判するなら冷静にやれよ、と思うのでありますがね。好き、嫌いというモノがそもそも感情なのであるから、冷静になれというのも難しい話なのでありますがね。

好き」、「嫌い」という感情には両方「興味がある」という点に於いて同じなのでありますよ(「好き」の反対は「無関心」である、という話もあります。尤もこれはマザー・テレサの「愛情の反対は無関心である」という言葉が原文であるとされておりますが)。
つまり、アンチというものには少なからず愛憎にも似た感情が入っている訳でありますな。ですから、よく言われる「人気の作品を叩いてる俺って通じゃね?」みたいな人は、根本的にアンチとは別の存在であると言えるでしょう。また、嫉妬や妬みというものからアンチになるという人も少なからず居るようでありますが、これも根本的には「アンチ」とはちょっと違うものではないでしょうかね?
面白いことに、人気が高いものほどアンチも多いという傾向があります(ただし、人気だからといって必ずしもアンチが多い訳では無い物もあります)。つまり、それだけ関心の高いものという訳でありまして、関心を持った人で、自分に合わなかった人がアンチになる可能性があると言えるのかも知れません。因みに、TVのCMなんかでは、好かれる嫌われる以前に関心を持ってもらうというのが第一目標なんだそうです。

しかし、もう一つ別の観点から「アンチである」と言う事が出来る存在も居る訳ですよ。それは、ファンのアンチであります。
この「ファンのアンチ」というものは、対象物が好きな人達、特に特にファンの中でも俗に「」や「信者」と呼ばれる部類の人達を目障りに思うというような精神であります。
これが結構多いようでありまして、「〇〇厨のせいで〇〇が嫌いになった」というような書き込みも多く見られます。管理人個人としては、そりゃお門違いも甚だしい話だと思ったりもするのでありますが、客観的に「」とか「信者」とか言われている人達を見てみると、なかなかどうして結構迷惑な行為に走る人が多いんですなぁ・・・。そういえば管理人の友人にも同じように某作品の信者の話をして、「俺はその作品は観ないよ」と言った奴がおりました。まぁ、早い話がそういう気質の最たるものが「ファンのアンチ」になるのでありますかねぇ。対象物とは無縁のところで対象物のアンチが増えるのは、哀しいことであります。
因みに、アンチのアンチも存在しておりまして、たまにアンチの存在理由に対しての議論が為されたりもする訳でありますよ。管理人は不毛な争いだなぁ、と思いながら見ているのですが。

二つの観点からアンチの精神について考えてみた訳でありますが、一番の問題は、
〇〇の良さが分からなくて残念だ
という謙虚な姿勢を取るか、
〇〇を評価してる奴って・・・
という、ある種の優越感を抱こうとするか、という所にあるような気がするのであります。荒波を立てないようにするのであれば前者の方が良いですし、逆に相手を煽るのであれば後者になるんだと思うのですが、さてさて。
まぁ、我々のようなオタクは結構論議やらが好きですから、どうしても攻撃的になってしまいがちなんですよねぇ・・・(苦笑)。

【関連商品】
レンジで簡単 焼き魚  【紅鮭 味噌味 1切れ】レンジで簡単 焼き魚  【紅鮭 味噌味 1切れ】
()
万越屋

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/06/21 06:14|ネット関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/437-0c41f15d

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.