管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

何故今になってリメイクやら続編やらが出るのか? 

昨日記事にした『電人ザボーガー』もそうですが、ここ数年、結構な作品がリメイクしたり続編が出たりしているように思います。否、ここ数年と言うよりも2000年代に入ってから、と言った方が良いかも知れません。
最近の所だと、『大魔神カノン』であるとか、『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』であるとか、『真マジンガー 衝撃! Z編』とか。
2000年代全体だと、『K-20 怪人二十面相・伝』とか『ライオン丸G』とか『キューティーハニー』とか『デビルマン』とか『ULTRAMAN』とか『サイボーグ009』とか・・・・挙げればキリが無いですな(笑)。
また、リメイクとまではいかなくとも、続編やシリーズ作品に過去の歴代主役が登場する、というケースも多いですね。具体的には、歴代ウルトラ兄弟が登場する『ウルトラマンメビウス』や、【これまでの平成ライダー+ブラック&ブラックRX、アマゾンライダー】が登場し、劇場版では全仮面ライダーが集結した『仮面ライダーディケイド』といった作品になりますか。

さてさて、何故このようにリメイクとか原点回帰路線とか、そういった話が多くなったのでありましょうかね?個人的には嬉しい傾向のような気がしなくもないのでありますが・・・。
やはり第一は、作品を創る人達が子供の頃観ていた作品である、というのが大きいんでしょうかね。これが多分一番大きな原因であると思うのであります。「俺らが観たヤツをもう一度・・・」という精神でありますね。
また、作品が誕生してから長らく年数が経っていますから、「~周年企画!」みたいな感じになっているのが多いのかも知れません。30周年とか25周年とか、結構節目の年だったりする作品も結構多いんですなぁ。しかしまぁ、5年ごとに「~周年記念作品」みたいな感じの事をやっている作品もある訳で・・・(笑)。
しかし過去作品ばかりに縛られていてもなぁ、という事は思うのでありますよ。新しいモノを創っていかないと、結局は内輪ネタ的な所に終わってしまう恐れもある訳で。
しかししかし。リメイクという形で過去の作品を最新の映像技術を駆使して甦らせるという試みをしたくなるというのは良く分かります。管理人も小学生の頃描いた漫画をリメイクさせたいなぁ、と思ったりもしている訳でして(笑)。クリエイターの根っこの部分は同じようなもんなんですなぁ。

2000年代は、【リメイクの時代】と呼ばれるようになるかも知れませんね。そして、2010年代もその傾向が続くようにも思えます。
もう業界全体がネタ切れになりつつあるようにも思うのでありますよ。新しいモノをやろうとしても二番煎じになる訳でして、そうなるぐらいならばリメイクをした方が意義のあるものになりますし、お客さんもよく入る作品になる訳であります。映画の興行収益なんかを見ると、宣伝の割合が同じくらいであった作品は、新作よりもリメイク作品の方が儲かっているという結果が出たりしているんですよね。
確かに新しいモノを創るには不向きな時代がやってきているという事でありましょう。(増してや、新怪獣による怪獣映画の新作などは夢のまた夢みたいな話でありますよねぇ。)
何とかネタ切れから脱却して、エネルギッシュな新作が観れる時代になっていって欲しいものであります。その為に我々が出来る事も、多分ある筈なんですよ・・・。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/06/12 21:50|アニメ&特撮混合雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/423-70531e32

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.