管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

戦慄すべき事態です 

長らくオタクと言うものをやっていると、自然に目が肥えてきたりしまして、ある一定以上のクオリティーでないと満足出来なくなる、という現象が生じてしまう人が居るそうです。
管理人は「そんな訳無いじゃない(笑)」等と思っていましたが、昨日ついにそういう事を思ってしまって若干驚愕しているところであります。
具体的にアレやコレやという事は言わないのですが、例えば、他人が面白いと思うものでも、「なんだ、こんなものか・・・」と思ってしまったり、腹を抱えて笑うところなのに笑えなかったり・・・。
う~ん、純粋に楽しめなくなってきているのでしょうか・・・!?
これは最早一種の性癖みたいなもんでありましょうかね?クセになると止められなくなる(=それ以外では満足出来なくなる)という、そういったあたり、両者は非常によく似たものであると管理人は思う訳です。

先鋭化されたオタクほど気持ちの悪いものはありません。アレやらコレやらと文句をつけたり、しまいにゃ「信念だ」とか言い初めて、手のつけられん事になりますぞ。逆に、先鋭化したオタクにしかヒットしないジャンルや作品は終焉が近いなんて事も言われたりする訳です(尤も、最初から細々と特定の層を狙ってやっている作品やジャンルも存在する訳ですが)。
管理人の知る中では、平成ゴジラVSシリーズにイロイロ文句を垂れる(垂れていた)特撮オタクがそれに当たるような気がします。世間一般にはウケていたのに、やれ光線の応酬だとか、もっと怪獣同士の取っ組み合いを見せろだとか・・・。
結局オタクが気持ち悪がられるのはそういう点なんですな。ハタから見たらどうでも良い事に色々口出ししてきて鬱陶しいことこの上ない訳です。そんな歳でアニメや特撮観てる時点でアレなのに、それを尤もらしく批評したりするのは、非オタクからしてみれば気持ち悪い事この上無いんですな。あ~ヤダヤダ。
とか書いている管理人も立派に気持ち悪いオタクな訳でありますが。
話が脱線しました。

とにかく、作品を多く読んだり観たりすると、どうしても目が肥えてしまいます。例えば、子供の頃に観ていて、凄く面白く感じた作品が、いま観てみるとそうでもなかったり、なんて事はよくある事だったりする訳です(まぁその逆も然りだったりするのですが。また、今観る事でより深みを増す作品もある訳ですな)。そりゃもうしょうがない訳ですよ。一種の職業病みたいなもんです。
問題はそれとどう向き合っていくか、という事なのでありますが、管理人にはその術が分かりません。
どうすれば良いんでしょうなぁ・・・。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/06/10 07:14|混沌雑記TB:0CM:5

コメント


む、悩んでますね。では以下の選択肢からお選びください。

1.そのままあきらめて、日常に戻る。
「あの頃は若かった」とか、「片足までぬるま湯につかってたあの頃」とかいって、酒場で愚痴ると、なおかっこいいです!ついでに「ボウヤだからさっ」もお約束!

2.固執し続けて研究者になる
たぶん、池田憲章さんや氷川竜介さんなどのオタク原初の方々は、みなさんこうです。

3.心の中の「酔狂」のギアを入れっぱなしにする
多くのオタクの通った道筋を、あなたもご一緒に。A○B48に熱狂しているみなさんも、似たようなもの。あくまでも自分の価値基準で人生をつらぬきましょう!

4.先鋭化しまくって宗教の教祖になる
「♪わ~た~し~は~、やってない~」と歌ったあの方と同じ境地に向かいます。犯罪行為かどうかの見極めだけはしておけば、日本は宗教に優しいですから。あとは信者を集めるだけ。

「つまらん」と思った作品を、1,2ヶ月後にもう1度見て、やっぱりダメなら、理由があると思います。逆に「あれ?」と思ったら、きっと別の側面が見えてると思います。特撮っていうジャンルはアニメほど作品数が多くないので、どうしても好き嫌いで切り落とすことが多いし、その辺のこだわりが「オタクらしいかっこよさ」だと勘違いしている人もいます。でも「博愛」も立派なオタク資質の一つです。自分に正直な、自分だけの価値基準を探してみましょうよ。
波のまにまに☆ #-|2010/06/10(木) 09:30 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
先輩からの助言と言うことで、重く受け止めますぜ(笑)!

私はなるとしたら2か3ですかね。今更アニメも特撮も漫画も止められませんし(笑)。
サブカルをダシにしてまで新興宗教を立ち上げたりなんて事まではしませんよ・・・。

基本的に私、否定をしたりはせんのですよ。割かし肯定的な立場を取りたくなるような性分なのです。
まぁ好き嫌い得手不得手は各々ある訳で、どういうのが正しいのか?という話になりますと、これはまたややこしい話になるのですが。
最終的にはやはり波のまにまに☆さんの言うように、「自分に正直になる」というのが一番なんでしょうけどね(笑)。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/06/10(木) 13:24 [ 編集 ]

なんか、もうすでにFAらしきものが出ていますがww

僕もありのままの自分を楽しむのが一番だと思いますよ。
一般人から見て、先鋭化されたオタクは気持ちの悪いものなのかもしれません。
ですが、逆に彼らの徹底したこだわりこそが、更なる技術進歩を導いたとも言えます。
アニメ、特撮等に限らず、どういった業界にもそういった方々はいらっしゃいます。
万人が満足してしまったら、その技術は頭打ちになってしまうからです。
僕はどちらかと言えば"作る側"の人間ですが、彼らを満足させることを目標に、努力を続けています。
でもたまに全員爆発しろって思います。

 ちょっと遠回りな話になってしまいましたが、個人的な観点から述べさせて頂きますと、「気持ち悪い」という感覚は単なる偏見に過ぎないと思います。
この偏見を払拭することも、ぴよさんが問題と向き合っていく上での手助けになるのではないでしょうか。
価値観が変わると、いろんなものの楽しみ方もガラッと変わりますから。
まぁ、作り手から見れば、目が肥えるのも大いに結構だと思いますよ。
それも愛のカタチです。
冬待 犬都 #-|2010/06/10(木) 15:14 [ 編集 ]

えーと・・・

もしかしたらーと思いつつもすごく出てきづらいのですがwwww

先鋭化を「気持ち悪い」と一刀両断してしまった人間です(゚∀。)


拙ブログ:ヲタが先鋭化すると気持ち悪いです。 
http://animecut.blog89.fc2.com/blog-entry-177.html

まーその記事タイトルがタイトルですのでどう受け取られても仕方の無い記事ではございますが
そもそも先鋭化したものがヲタであるという論理的崩壊もあり・・・。

先鋭化自体にそんなに大きな問題があるとは思いません。
ただそれを外に向けての排他性として表現するのは
如何なものかといったのが主題なんですけど、タイトルで煽ってんだからしゃーないorz


で。拙考ながら、こういった考えはいかがでしょうか。「好みが変わった」と。

一般的に目が肥えると言いますが、それは進歩でも退化でもなく、同価値における変化であると。

ここを縦方向の進歩論的に考えるため、いわゆる「にわか」や「新参」を馬鹿にする価値観の形成もある気がするのです。

そうなればお互いに悪意がぶつかり合うことになり、先鋭化はますます進み・・・・と。


ですのでご自身の先鋭化を悲しまれるのではなく、「俺もマイナージャンルが好きになってきたんだな」と

半ばあきらめのような気持ちで受け入れつつ、また好みが変わるまで好きな作品を見ていればいいのではないでしょうか。

水戸黄門がこれだけ高齢者に人気あるんですもの、きっとまたどこかで好みが拡大方向に向かいますって。


とまあ、こんなことを考える次第でございます。
がたがた #TY.N/4k.|2010/06/10(木) 20:13 [ 編集 ]

>>冬待 犬都さん
コメント、有難うございます!
確かにそうですね。かの特技監督・円谷英二も、
「目の肥えてきた特撮マニアを満足させるには云々」
という事を仰っていたそうですから、つまり、そういう事なんでしょうね。
まぁオタクである以前に人間ですので、色々難しい訳ではありますが(苦笑)。


>>がたがたさん
先鋭化するとどうしても批判的になってしまいがちだと思うんですよ。まぁオタク自体が先鋭化したモノであるとも言える訳なんですけども。
だからと言って私が批判的になったかというと、全くそうでは無いんですよね(あくまでも全肯定的精神です)。
趣味の話で批判的になっていくのは、「お前それ好きなんだよな?」という話になる訳で、あんまり好ましく無いよなぁと思うのですがね(笑)。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/06/10(木) 23:18 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/418-1e33566a

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.