管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

怪獣映画はお祭りみたいなものです 

現在管理人は【東宝特撮映画DVDコレクション】を定期購読しておる訳でありまして、二週間に一度東宝特撮映画(主に怪獣映画)が来るようになっています。
怪獣が暴れ、宇宙人が闊歩し、東宝自衛隊の兵器がそれらを迎撃する。こういった筋書きが主な旋律でありまして、そこにはスペクタクルと迫力(とミニチュア萌えと火薬萌えと怪獣萌えと・・・)がある訳でございます。諸々の理由がある訳ではありますが、やはり管理人は怪獣映画が好きなのでありますよ。

ゴジラ


現在は怪獣映画冬の時代でありまして、全く怪獣映画が公開されていないという現状であります。ウルトラマンのような、怪獣が出てくる映画は存在しますが、純粋な意味での「怪獣映画」は現在皆無と言っても良いのでは無いでしょうか。管理人が最後にスクリーンで観た怪獣映画は、『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』であります。尤も、この作品はネタ映画としての側面が結構強い訳でして、純然たる怪獣映画とは呼べないのかも知れませんが・・・。
しかし、スクリーンで全国公開されませんが、最近は自主制作映画としての怪獣映画は結構存在しています。例えば、『自主制作怪獣映画「G」』であるとか、フルCG怪獣映画『惑星大怪獣ネガドン』であるとか。また、変わった所では、NHKの『テレ遊び パフォー!』の企画から誕生した、『長髪大怪獣 ゲハラ』等というような作品も存在する訳であります。地味に熱い展開にはなっておりますが、しかし、東宝や角川映画のような、王手映画会社が制作するような怪獣映画が無いというのは、寂しい限りなのでありますな。

かつて、毎年のお正月映画として存在していたゴジラであるとか、重厚な設定と特撮による描写で怪獣映画の新しい方向性を示した平成ガメラシリーズ、或いは、怪獣映画が無くなる事を憂慮して制作された『小さき勇者たち~ガメラ~』等。こういった作品はイロイロと批判されたり高評価だったりな訳でありますが、今の現状を考えてみると、やっぱり怪獣映画ってやつは無いと寂しいんですな。
因みに管理人は怪獣映画に対して、
こんなの有り得ねぇ!でも、好きだ!
とか、
オイオイ、その演出は無いだろ・・・でも、好きだ!
という精神で観ている訳であります(笑)。悪い部分も良い部分も全肯定して観るのが一番楽しいのでありますよ。粋の精神で観る怪獣映画、いやぁ、風流でありますなぁ(そうかな?)。
あったら楽しい、無かったら寂しい。うん、やっぱり怪獣映画ってお祭りのようなものなのでありますね。そして、お気に入りの怪獣が出たら尚嬉しいのであります。まぁ、怪獣を多く出せば出すほど良い、という話じゃないんですがね(笑)。確かにお祭りっぽくはなりますが、各怪獣の描写される時間が少なくなる訳で(ry

今後の怪獣映画がどのようになっていくのかイロイロと不安やら期待やらがある訳でありますが、1怪獣映画ファンとして毎年「お祭り」があるような時代に戻って欲しいなぁ、等と思いつつ、静かに見守っていきたいと思う所でございます。

【関連商品】
大怪獣映画 G <DVDバージョン>大怪獣映画 G
(2009/10/23)
手水智之早川浩嗣

商品詳細を見る

長髪大怪獣ゲハラ [DVD]長髪大怪獣ゲハラ [DVD]
(2009/09/30)
大沢健藤井美菜

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/06/08 21:59|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント


倒れられたそうですが、その後お体いかがでしょうか? とはいえ、精力的に記事を更新するぐらいには元気になられたと考えてよろしいのでしょうか?
そのうえで、「お祭り」「全肯定」とはいい言葉ですね。わかります、その感じ。こういっちゃなんですが、もういっそ理屈もへったくれもない暴れるだけの怪獣映画もありかもしれません。
とかいいながら「ファイナルウォーズ」は無理です!
波のまにまに☆ #-|2010/06/09(水) 00:18 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
はい、寝たら元に戻りました。ここ数日の体調不良はなんだったんでしょうか・・・。

暴れるだけの怪獣映画ですか!それもまた面白いですなぁ。
『クローバーフィールド』のような形式なんかも出てきてますから、まだまだ怪獣映画の可能性はあると思うんですけどねぇ・・・。

『ファイナルウォーズ』・・・せめて人間のアクションシーンがもっと少なければ・・・。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/06/09(水) 18:23 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/415-8782e990

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.