管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

新時代特撮大炸裂! 『プランゼット』 

先日公開したフルCGアニメ映画『プランゼット』を観てまいりました。
いやはや、監督その他スタッフの特撮に対する愛が伝わってくるような作品でありましたが、悪く言えばそれまでの作品であったとも言えます・・・。

プランゼット


世界観的には粟津順監督の前作『惑星大怪獣ネガドン』と同じでありまして、『ネガドン』から28年の年月が経過した世界となっておりまして、『ネガドン』と登場人物の一部がリンクしておりました。まぁ、このあたりは内輪的なネタなんだと思いますが(笑)。
冒頭に「西暦2047年・・・」という説明があったのに、パネルの表示がいやたらとアナログだったり、街並みがどこかしら古臭かったり、テレビが白黒だったり、作中に登場するゲーム機がやたらと80年代のシューティングっぽかったりしましたが、お前それ未来じゃねーだろッ!と突っ込んではいけません。なにしろ設定的には昭和128年の話なのですから、仕方ないですね。レトロフューチャー好きの管理人には堪らんのですが(笑)。
それにしても、初期の昭和特撮に登場する戦闘機(後ろからバーナーを蒸かしてます!)と『アーマード・コア』に出てきそうなロボット兵器が同時に登場するというのもまた凄い話ですなぁ。
ストーリーを簡単に説明しましょう。

西暦2047年、火星のテラフォーミングを進める人類の前に、突如として出現した地球外生命体「FOS(フォス)」。FOSの攻撃により、人類の大半は消滅してしまった・・・。
FOSに対抗すべく生き残った人類は、国家という概念を捨て、惑星自衛軍連合=PDFAを設立。地球全体をプラズマ防護膜【ディフューザー】で覆い、FOSの侵攻を防ぐ事に成功した。
FOSの出現から6年後、軍のエースパイロットであった父をFOSの攻撃によって失った明嶋大志は、父の仇を討つべく、PDFA日本方面軍に入隊、対FOS専用迎撃機動兵器【ジオメトリック・リム】(早い話が巨大ロボット)のパイロットとして、日夜訓練を行っていた・・・。

ってな感じであります。いやぁ、特撮っぽい設定ですなぁ。勿論、PDFA日本芳名軍の基地は、富士山麓であります!また、ウルトラ警備隊よろしく、山が割れてそこからメカが発進したりもする訳であります。そういえばPDFAの隊員服はウルトラ警備隊っぽいデザインでありました。
冒頭のシーンから富士山がデカデカと画面に出てくる訳です。いやぁ、富士山と特撮はイロイロと相性が良いですからなぁ。
で、まぁ、冒頭に主人公の父が死ぬ訳ですが、主人公の妹がお守りを渡しそびれたあたりから、死亡フラグビンビンでありました。
六年後に主人公が軍に入ったりする訳でありまして、そこには鬼のような女性隊長なんかがいまして・・・。
で、作品のタイトルとなっている「プランゼット」なのですが、これはFOSに対する最終攻撃をかけるというものであります。
なにやら富士山の地下に、『超時空要塞マクロス』に出てくるグランドキャノンのような(例えが古いか・・・)兵器で、衛星軌道上にあるFOSの本拠地の小惑星を破壊するという作戦でありました。その為にディフューザーを解除せねばならなくなり、その間に来るであろうFOSと交戦するのが主人公らの役割でありました。
因みにこの作戦に参加するのは主人公を含め三人という少人数・・・。
オイオイそれで大丈夫なのかよ?と、思っていたら、案の定二人死にました
しかし戦闘シーンはなかなか見応えがありましたぞ。無数のミサイルを発射したり、巨大な日本刀で斬りかかったり、ライフルで遠距離狙撃したり。でも、数発で弾切れを起こす銃は役に立たないと思うんだ、ウン。「シュミレーションの方が難しいぜ!」なんて余裕ぶっこいている暇は無いでしょうが(笑)!
しかして、肝心の「特撮っぽさ」がこのロボット達には出ていなかったように思います。それじゃぁイカンだろう・・・。まぁ、発進シーンは吊るしたような演出になっていましたが(笑)。
あと、爆発。前作の『ネガドン』のような火薬っぽさが、今回は抜けていたように感じます。アレはなんとなく、アニメ寄りの爆発でありました。
アニメ寄りと言えば、キャラのCGモデリングの話になりますが、これはやはりまだまだ改善の余地がありますな。不気味の谷とアニメっぽさとの間で結構揺れ動いていたような感じでありました。特に主人公の妹が不気味で・・・。
また、CGである事は良いんですが、それらがアニメ声で喋るんですな。それもまた違和感がありました。洋画の吹き替えをやるような感じの演技だったらもっと違っただろうなぁと思いましたね。
で、結局2人の犠牲者を出したにも関わらず、「プランゼット」は失敗に終わります。
で、何もかも終わりだと悟った隊長さんが、基地の自爆装置を作動させちゃう訳です。しかしそれは基地に残された最終兵器【カイロス】の起動スイッチでもあり、結果としてカイロスが起動する訳です。
すると、童謡『ふじの山』が流れ、富士山が変型していきます
マジかよスゲェ発想だなオイ、等と突っ込みつつも、巨大ロボットに変型する富士山改めカイロス。そのパイロットは、主人公でありました。
で、何だかんだで『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のアクシズの落下を阻止しようとするシーンを彷彿とさせる場面もあったりして、地球の危機は去りました
アレ?ちょっと拍子抜けです。絶対敵の小惑星も変型すると思っていたんで・・・。
その中で家族の絆なんかが語られたりするんですが、この作品の総登場人物が7人しか居ない為か、イマイチ説得力に欠けていた感がありました
CGモデリングするのが大変だったのは分かりますが、せめて各戦線で闘っている人や生き残った人達を映すぐらいしても良かったのになぁ・・・。イマイチ押しが弱かった!
とはいえ、特撮作品として観ると、期待していたよりも数段上の作品になっていましたかね。やはり一番は「特撮っぽいCG」というのがミソだったんでしょうかね。
しかし、戦車や戦闘機の質感に対してジオメトリック・リムはちょっと特撮的質感が無かった気がするのであります。


プランゼット』はこんな感じの作品でありました。
いやぁ、久しぶりに懐かしい特撮の香りが嗅げて、満足でありました。
これは管理人の主観ですが、この作品は特撮ファン(それも、重度な)にしか愉しめない、そんな作品じゃないかなぁ、と思います。CGとは言ってもやっぱり見得を切る所では見栄を切るという、「」が無いと観れない作品だと思うのですよ。まさにそのあたりのタイミングは特撮のテイストでありました。また、SF考証やら軍事考証といった観点からも、突っ込んではイケナイ作品であります。ひたすら特撮的なメカの格好良さだけを追求した感じの演出ですので、そのあたりを割り切らないとイカンのであると思います。


【関連商品】
コトノハコトノハ
(2010/05/26)
元ちとせ

商品詳細を見る
惑星大怪獣ネガドン [DVD]惑星大怪獣ネガドン [DVD]
(2005/12/15)
特撮(映像)

商品詳細を見る


【関連動画】


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/05/27 16:11|特撮SFTB:1CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『劇場版アニメ『プランゼット』感想』
色々言いたい事ある。 オトナの映画『ネガドン』から5年。 こだわりに定評のある栗津順監督がこの作品で描くものに期待して観賞。 =以下、ネタバレです。= 舞台が西暦2053年なのと、劇中「吉澤ユウラ」の語る「28年前の怪獣事件」から、ネガドンの世界と地続きっぽい。 彼女の親父が前作の「吉澤政次」だろうし(でも前作でなんも活躍してないけどな。)、テレビや携帯ゲームか...
えらそーかんそー|2016/01/18(月) 07:09

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/395-54b1fea8

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.