管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ロボットアニメについて考える 

昨日、サークルの先輩とロボットアニメについて雑談をしました。
銀河旋風ブライガー』をはじめとする『J9シリーズ』とか、『最強ロボ ダイオージャ』とか、『超時空要塞マクロス』とか、『創聖のアクエリオン』とか・・・。
先輩はどうも青くて丸いロボット(ドラえもんではありません(笑))は何故か拒否反応を起こすようでして、『超電動ロボ 鉄人28号FX』や『グロイザーX』なんかはあんまり好きでは無いそうです(管理人は好きなんですけどね)。しかして、青い機体の『戦闘メカ ザブングル』や『GEAR戦士電童』とかは大好きなようでして、管理人とはよく話が合ったりするのであります。・・・ATを青く塗装した機体はどうなんでしょうか。
そういった感じで、『∀ガンダム』の中では誰が好きかとか、そういった感じの話にもなったりして、楽しかったのでありますが、そこで管理人はこう思いました。
今はロボットアニメ冬の時代だなぁ。
全体的に作品の数が減っていますし、特にスーパーロボットの系統の作品はホントにほぼ絶滅したような感じになってしまっている訳ですよ。そう考えると、『エルドランシリーズ』、『勇者シリーズ』、『ガンダムシリーズ』、『マクロスシリーズ』、『ゲッターシリーズ』といった作品群が展開していた90年代というのは夢のような時代だったんですなぁ。それ以外のロボットアニメでも、『機動戦艦ナデシコ』や、『新世紀エヴァンゲリオン』やらがあったりもして・・・。
しかして、最近のアニメのDVDの売れ行きを見ると、意外にもロボットアニメが上位に食い込んでいたりもする訳です。やっぱり皆ロボットが好きなんですよ、きっと。マクロスF』や『ギアス』が売れた背景に腐女子が居た事を忘れてはイカンのですが・・・。
まぁ、スーパーロボットが絶滅状態とは言っても、数年に一度はスーパー系のロボットが出てくる訳でして、完全に死に絶えている訳でもありませんし、気長に待てと、そういう感じでありますかね。
消えそうでなかなか消えない、そんなしぶといジャンルが、ロボットアニメなのかも知れません。

ロボットアニメのロボットの表現についての話なんですが、重量感のあるロボットというモノを最近は見ないような気がするのですよ。もっとこう、ガッシーン!って感じのロボットは出てこないんでしょうかねぇ。
確かにデジタルペイントで綺麗になったとは思うんですが、その反面、重量感の無い色使いになってしまったように思います。巨大なロボットが登場する作品であれば尚更この重量感の喪失というのは痛いですよね。
最近のガンダム作品なんかを観ていると、MSがガンプラそのもののように見えてしまうんですよ。ちょっと汚くても、セル画の方が重量感を表現出来ていたように思います。別にデジタルペイントそのものを否定している訳ではありませんよ(笑)。ただ、まだまだデジタルペイントは改善の余地があるという話であります。
また、最近はCGによるロボットの表現が増えておりますが、やはりCGでも巨大感を表現するというのはかなり難しいところなんですなぁ。管理人は一週間後に『プランゼット』を観に行く訳でして、そこではCGによるロボットの表現という所にも注目して観たいところであります。
CGのロボットと言えば、サテライト制作の作品にはCGを用いたロボットアニメがある訳でして・・・。ちょっと『創聖のアクエリオン』ではクドく感じたのですが、『マクロスF』ではモデリングもなかなかのものになっておりました。しかしてまだ重量感という観点からするとまだまだでありますからなぁ・・・。昔のCGのようなツルツルした感じのは結構消えてきましたけど。

ロボットアニメが減った原因というか、そういった類の話になります。
ガンダム』以降、リアルロボットアニメの(ファンによる)SF考証というものが活発になってきまして、ロボットのフォルムなんかも随分とリアルを求められたりもしておりますな。
聞くところによりますと、リアルを突き詰めていくとゲームアーマード・コア』のようなデザインのロボットに行き着くそうであります。
それ以上考察すると、二足歩行型メカである意味が無くなるという所に行き着くそうでありまして・・・。
純粋なロボットプロレスでは無く、飛び道具の撃ち合いになっちゃ味気がありませんよ。
リアルも程々にして、『機動警察パトレイバー』ぐらいのリアルで手を打たないと、大変なコトになりますなぁ(笑)。
というのも、やはり時代は心理描写優先で、ロボットはあくまでも道具という立場にならねばならんのであります。その結果、ロボットはリアル側に傾倒していったと言うことも言える訳でして・・・。
コードギアスシリーズ』等はロボットがおまけになってしまってましたが、やはりそういった感じの作品がウケるという事の象徴みたいなものですね。
あと、美少女萌えの系統のアニメの台頭ですか。今の『けいおん!!』人気であるとか、キャラ萌えを全面に押し出した作品が人気になっているのを考えると、もうロボットの出る幕は無いとも言えますね。悲しい事です。
ロボットアニメを語る上で抜かせないのは、スポンサーの存在でありますな。作中に登場するロボットの玩具が売れなければ、ロボットアニメなぞ創れん訳でして。『ガンダムシリーズ』なんかはもう完全にガンプラの販促番組なのであります。
いや、それが悪いとかそういった話ではなく、純粋に子供が「欲しい!」と思えるようなロボットアニメが少なくなっているという話でありますよ。ガンダムはガンプラがあるから、大人から子供まで幅広く楽しめる訳でありますが、『マクロスシリーズ』のバルキリーのプラモや、『エヴァンゲリオン』のガレージキットなんかを子供が「欲しい!」と思うかどうかといえば、思わないでしょう・・・。
また、『ゲッターロボシリーズ』やら『マジンガーシリーズ』やらの往年のロボットアニメの可動フィギュアなんかも出ていますが、あきらかにこれは大きなお友達向けの商品ですよね。
スーパー戦隊シリーズ』のロボットの超合金がまだまだ売れている現状から見てみれば、ガンプラと超合金でバンダイの一人勝ちですな魅力的なロボットさえ出てくれば、子供は食いついてくると、そう思うんですよ。だからカードゲームなんかに逃げないで、ちゃんと子供向けのスーパーロボット作品というのもちゃんと創って欲しいと思うのですつまり勇者シリーズの復活を願う
今は『トランスフォーマー アニメイテッド』の玩具の売れ行きを見守っている管理人であります(笑)。

いっそのこと、お決まりをぶっ壊して、「ロボットを冒涜してんのか!?」というようなロボットアニメを創ってみても良いかもしれません。

ロボットに乗れるのは女の子だけ!
ロボットは二人乗り!
ロボットを起動するには少女同士のキスが必要!
戦死者は出さない!

とか、どうでしょうか。萌え豚を取り込んで、人気爆発間違いなしですよ!あれ?これってイk(ry
それとか、出撃せずにお茶をしてまったり過ごすだけとか。そしたらロボットアニメの意味が無くなりますか(笑)。
しかしまぁ、ロボットアニメは普通のアニメに比べて予算が3倍ぐらい掛かりますからなぁ・・・。そういった予算の問題からCGを使用するというのもありますし、CGを利用したらしたでいろんな所から苦情が来りで・・・。ロボットアニメってホント難しいです。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/05/15 21:07|アニメ関連雑記TB:0CM:11

コメント


ガンダムU.Cはクシャトリヤの重量感を動きで魅せていてなかなかの良作だったです
必殺技の名前を叫ぶロボットアニメも最近ないですね~
ホントにロボットアニメ増えて欲しいです。
キングハナアルキ #SqN0A6sw|2010/05/16(日) 08:27 [ 編集 ]

>>キングハナアルキさん
私は『機動戦士ガンダムUC』をまだ観ておりませんが、クシャトリヤ、クイン・マンサの流れを汲む機体なんですね。
こういうゴテゴテしたデザインのメカ、大好きです(笑)。
必殺技を叫ぶ作品も少ないですね・・・。
リアルでもスーパーでも、ロボットアニメ、増えてほしいですなぁ・・・。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/05/16(日) 08:44 [ 編集 ]

何だか、小難しく考えて「リアルでなければ納得しない、いかがわしいのは駄目。白黒ハッキリ付けなさい」な風潮があると感じます。

「んなアホな」と言ったロボットを、頭を空っぽにして鑑賞し、気持ち良く騙されたいもんです。

技術が昔から見た未来に近付いていくためにリアル指向になると言うのであれば、案外過去やら古代やらの設定の方が、突き抜けたロボットが見れるのではないでしょうか。…温泉を動力源にしてるとか。
匿名様 #-|2010/11/14(日) 23:52 [ 編集 ]

>>匿名さん
コメント、有難うございます。
ロボットが活躍するための「理由」が求められていると思うのですよ。個人的には人型のメカが動いて戦っていればそれで良いと思うのですが、世間はそれを許してくれないようでして。
無理してもっともらしい理由をつける事は無いと思うんですがね…。

古代のロボットですか。確かにそれだと設定も面白いものになりそうですね!
しかし、温泉が動力源というのは(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/15(月) 02:25 [ 編集 ]

>ロボットに乗れるのは女の子だけ!
>ロボットは二人乗り!
>ロボットを起動するには少女同士のキスが必要!

すごく……見たい、です。
死者は出てくれるほうが好きですが。
無明 #-|2014/01/26(日) 22:37 [ 編集 ]

>>無明さん
今期アニメには、東映製のスーパーロボット達が女の子に擬人化されて大暴れする『ロボットガールズZ』というのがありまして……ッ!

「ロボットに乗れるのは女の子だけ!」
というのまではあるんですけどね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/01/27(月) 00:09 [ 編集 ]
こんなんどうでしょう?
魔法少女がなんちゃらスティックでロボットを呼び出す。

球形全周スクリーンみたいなコクピットの中で魔法少女が呪文チックな必殺技を詠唱するという熱く燃える設定なんです。

でもって強力な必殺技ほど名前が長くなって、詠唱するのに早口言葉大会みたいな状況になってしまうんです。

相手の攻撃を防ぐためには相手の詠唱をいかに邪魔するかが毎回のハイライト。
詠唱が途中で途切れたり、かんだりすると本人に逆噴射してしまうという凶悪設定。


緊迫感ないこと、このうえない気がするのですが・・・
Amleth Machina #SY/LY76s|2014/02/02(日) 11:21 [ 編集 ]
これ知ってますか?
飛翔掘削さま

ところで、これ知ってますか?
http://www.youtube.com/watch?v=EtiRzqKfv4g


Amleth Machina #SY/LY76s|2014/02/02(日) 23:57 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
ファンタジー系ロボットアニメのギャグ作品、という立ち位置になるんですかね、そうなると……。

世の中にはエロいことしてエネルギーを貯めてロボットを動かしてペンギンをぶっ倒すという、『健全ロボ ダイミダラー』なんていう色々と突き抜けた漫画作品もありまして、更にはこの春アニメ化までされるという事であります。
「緊迫感に欠けるロボットアニメ」という括りであれば、そこそこ出てきそうではあります。
しかし、萌え日常の文脈でのロボットアニメとなると、どうかなぁ、というところですかね。

萌え日常的なロボットアニメが出てくるとヒットして良いと思うのですが、かと言って『スカイガールズ』みたいな作風だと地味だし……。
難しそうです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/02/07(金) 01:07 [ 編集 ]

『健全ロボ ダイミダラー』といえば火星ロボも馬鹿すぎて好きですね。
ペンギンコマンダーの金田っとびがツボです。

なにより有線のリモコンで操作するとか、えろいことに目のないペンギンコマンダーたちのキャラクター設計がどうしようもなくてサイコーでした。

それにしてもアニメ化なんかしてどうする気なんでしょうか、「ダイミダラー」。

わくわく。
Amleth Machina #SY/LY76s|2014/02/07(金) 02:30 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
主題歌を歌うは遠藤正明だとか。
そして、3DCGでロボが作画される事の多いこのご時勢に、メカは全て手描きの2D作画になるようです。

あの前シッポペンギン漫画のアニメ化決定には驚きましたが、その概要にもびっくらこいているところであります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/02/09(日) 17:45 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/375-bb23e66c

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.