管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

はやぶさ、6月13日、還る。 

小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」の帰還が、日本時間6月13日(日)23時という事に決定したようであります。
小惑星イトカワから帰還し、現在は地球軌道を周回しつつ再突入に向けて微調整を繰り返しているところです。もうはやぶさは地球圏に居るんだなぁと思うと、胸が熱くなるなジ~ンとしますね。
はやぶさが採取した(と思われる)イトカワのサンプルの入ったカプセルは、オーストラリア・ウーメラに落下させると言う事であります。

カプセル落下のイメージ

はやぶさ再突入まで、あと38日!はやぶさ再突入まであと38日!

・・・トラブルが無い事をひたすら願うだけです・・・。

【関連動画】



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/05/06 17:52|はやぶさTB:0CM:2

コメント


なんども見たんですけどね、「2」はもう、涙と鼻水がとまらないんですよお。
波のまにまに☆ #-|2010/05/07(金) 00:33 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
ミネルバのくだりなんてもう・・・(´;ω;`)
しかし、こうやって【はやぶさ】が還ってくるのも、JAXAの方々の努力と根性の賜物ですよね。
【はやぶさ】は日本の希望そのものなんだと、私は思います。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/05/07(金) 02:27 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/358-84ec123b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.