管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

風よ!光よ! 

先日、友人が言いました。
昔の特撮なんていい加減なんだよ。ライオンが戦国時代に活躍したり・・・
う~む・・・聞き捨てなりませんな。半ば特撮を観ている俺を馬鹿にしたような言い方でしたが、そんな事はこの際どうでも良いのです。問題は『快傑ライオン丸』、『風雲ライオン丸』の認識についてであります。
だいたい『快傑ライオン丸』は元々『ライオンマン』という現代劇のヒーローモノで・・・という説明をした上で『快傑ライオン丸』について深く語ってやりたいところでしたが、それ以上何か言ってもさらに馬鹿にされるに決まっているので、癪でしたがその時は何も言いませんでした。で、今になって思い出してこうやって書いているという訳であります(笑)。
俺は『快傑ライオン丸』のシリアスな話が結構好きでして、敵怪人にも事情があったりで・・・。その最たるキャラが、主人公獅子丸の好敵手であるタイガージョーこと虎錠之介であります。彼はアンチヒーローの先駆け的存在としてよく挙げられますな。
怪人との戦闘となる殺陣は、かなりレベルの高いものになっていますね。
ただ、低予算故に、スーツやマスクの造形が・・・・。うん、ここは苦しいところだと思うんです、ハイ。それ故に人気が出た後を受けて出来た『風雲ライオン丸』が打ち切りになった事を考えると不憫で不憫で・・・。
ところで、友人の中に時代劇が好きな奴が居るのでありますが、彼にこれと『変身忍者嵐』を観せたら、どんな感想が返ってくるんでしょうかね?
この作品は時代劇であって時代劇では無い訳ですから(言うならば「時代劇ファンタジー」でしょうか?)、あんまり受け入れてくれそうには無いような・・・。

とまぁ、こんな感じで書いてはきたものの、やっぱり非特撮オタクからしてみればライオンの顔をした時代劇ヒーローというのはギャグにしか映らないんでしょうかね?
これが獅子なら良かった
という声も聞きますが、さてさて。まぁ、いくらなんでも『風雲ライオン丸』のような幌馬車で旅をするような感じになると、流石にオイオイ、とは思いますが(笑)。いや、でも『風雲ライオン丸』もシリアスな話で(ry
え、『ライオン丸G』ですか?いや、それは・・・。

【関連商品】
快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]快傑ライオン丸 カスタム・コンポジット・ボックス [DVD]
(2008/03/26)
潮哲也

商品詳細を見る
快傑/風雲ライオン丸 (ピー・プロ70’sヒーロー列伝)快傑/風雲ライオン丸 (ピー・プロ70’sヒーロー列伝)
(2000/09)
不明

商品詳細を見る


【関連動画】

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/05/02 19:43|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント

こんにちわ
どうもです。「昔の特撮は大したことはない」部分で強引にコメントいたしますですが、僕最近人に勧められて怪奇大作戦の「京都買います」「かまいたち」「恐怖の電話」「オヤスミナサイ」「24年目の復讐」みたんです。いやもう凄くて。

更に帰ってきたウルトラマンの「怪獣使いと少年」とセブンの「狙われた街」みたんです。いやこれも凄くて。

何がって作品としての完成度と普遍的なメッセージが。昔の特撮「こそ」凄いと特撮門外漢の私は思いました。

ぴよさんは怪奇大作戦とかどういう評価してますか?是非怪奇のレビューが読みたひです
アニオタ保守本流 #hMqVgo7s|2010/05/03(月) 18:15 [ 編集 ]

>>アニオタ保守本流さん
お久しぶりです!
いやはや、昔の特撮作品は社会風刺だの何だので、子供相手でも容赦しない重いストーリーもバンバンやってましたからねぇ。逆に、子供向けだからこそ、そういった話にしたという事もあるのですが・・・。勿論、今の特撮作品にもちゃんとそういったメッセージ性はありますが・・・何分絶対数が少ない訳でして・・・。まぁ、確かに昔の特撮作品の中には粗いつくりの作品も多く・・・。

「怪獣使いと少年」と「狙われた街」を御覧になられたんですね。私はどちらも大好きですよ(笑)。
「怪獣使いと少年」は、偏見と差別、そして人間の残虐性という問題を直で描いておりまして・・・。人間ここまで恐ろしくなれると思うと、ちょっとゾッとしますね。
で、メイツ星人(これもまた凄いネーミングですね。「友達」の名を冠する宇宙人・・・。)が殺された後に出てくる怪獣ムルチを見て、住人が郷さんに助けを求めるも、郷さんは、
「勝手な事を言うな。怪獣を誘き出したのはアンタ達だ!」
と、一蹴。これには何度観ても鳥肌が立ちます。
余談ですが、この回の特撮美術は、『帰ってきたウルトラマン』の中でも屈指のものになっておりました(個人的には帰ってきたウルトラマン=夕日というイメージがあるのですが)。

そして、「狙われた街」ですね。宇宙人と卓袱台という一見シュールな組み合わせで有名なこの話ですが、この話の本質は
「でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです…。え、何故ですって?…我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから」
という〆のナレーション。コレですね(笑)。実ははこのナレーション、脚本段階には無く、演出の段階で入れたという事です。
脚本段階でのテーマはあくまで人間の信頼関係の尊さを謳った作品になる筈でしたが、ナレーション一つで全く異なるニュアンスになってしまうという・・・。

この二作とも、実は続編的な話がありまして、「狙われた街」の続編は、『ウルトラマンマックス』第24話「狙われない街」
そして「怪獣使いと少年」の続編は、『ウルトラマンメビウス』第32話「怪獣使いの遺産」であります。
機会があれば是非御覧下さい。
因みに、「狙われない街」は、「狙われた街」を監督された実相寺監督によるものです。同作は実相寺監督の遺作にもなってしまいました・・・。
さて、私のオススメのウルトラマンのエピソードを一つ挙げるとしますと、やはり『ウルトラマン』第23話「故郷は地球」ですかね。
こちらも実相寺監督の手懸けた作品です。機会があれば、是非御覧下さい。

さてさて、『怪奇大作戦』ですか。これも私、好きですよ(笑)。
ヒーローなんかは出てこないんですが、やはり超科学的な技術と、それを使って犯罪に走る人々の人間模様・・・等、今観ても全く色褪せる事がありません。
そして、『怪奇大作戦』が提示した「現代社会の問題点」についても、未解決の問題も多く・・・。
特に欠番となってしまい、現在では観る事の出来ない(コッソリ書きますが、実は「ニコニコする事が出来る動画共有サイト」に上がっていたりします(笑) )第24話「狂鬼人間」・・・。コレは本当に絶句してしまいました。
流れ的には昭和20~30年代の東宝特撮「変身人間シリーズ」の流れを汲んだ作品でありますなぁ。
いずれレビューするかも知れませんので、その時の為に色々取っておきたいと思います(笑)。
ただ、あんまり期待しないでください。私、レビューというものは結構苦手でして・・・(苦笑)。

・・・えらく長文になってしまいました。
コメントだから簡潔に、と思ったのですが、やはり趣味の話になると長くなってしまっていけませんな・・・。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/05/03(月) 20:58 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/350-4614cab6

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.