管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

原作既読推奨の作品でした。 『劇場版"文学少女"』 

はい、と、言う訳でして、本日公開のアニメ映画2作品を観てまいりましたよ!
通勤ラッシュの満員電車に乗って行った訳ですが、やっぱり満員電車は慣れないものですなぁ・・・。毎日あの地獄の中を通勤&通学していらっしゃる皆さんには頭が下がります。

さてさて、『劇場版"文学少女"』及び『いばらの王 ‐King of Thorn‐』を観に行った訳ですが、まず驚いたのが劇場に並んでいる人の数です。
いやはや、壮観でありましたよ。ビルの向こうの奥の方まで人が並んでいるんですから!
あ、いえ、「壮観でありましたよ」なんて悠長に構えてちゃいかんのであります。俺も並ばねばならんのですから・・・。
まぁ、結果として、『劇場版"文学少女"』の初回上映は観れず、2時間ほど時間を潰さにゃならんようになった訳でありまして、まぁそれはそれで計算の範囲内だったのでありますがね(笑)。ついででしたので、『プランゼット』の特典付き前売り券を買っておきました。フィルムが付いてくるのでありますが、値段はなんと900円!なんとなんと。得した気分ですなぁ・・・。

さて、以下、『劇場版"文学少女"』のレビューだか感想だかのようなものです。
今回はネタバレをしない方向で行きたいと思います(笑)。これから観に行こうと思っている方は、参考にでもしてくだされ(笑)。

文学少女

客層はオタクが多いか・・・と言えば全然そういったことは無く、原作の読者である中高生あたりの風貌をした客が多かったですね。たま~にガチオタっぽいのが混ざっていましたが(笑)。
驚いたのは家族連れで来ている方々がいたという事ですね。ビックリしました。
また、立ち観客も結構居ましたぞ。

さてさて、本編なのでございますが、これは原作既読推奨作品ってところでありましたね。
俺は原作を読んでいた訳でありますが、初見だと主にキャラの心理描写面でちょっとキツいかなぁと、そう思いました。
まぁ、限られた尺の中でどこをどう取捨選択するのか、そういった事が難しい作品ではあると思うのですが、ちゃんと要所要所だけは押さえておりまして、原作既読の人には納得の出来る仕上がりになっていたのではないかと思います。
因みに、ストーリーなんですが、これは絵柄に騙されてホイホイ観ては(読んでは)ならない作品の典型的なモノですな(苦笑)。
爽やかな青春ラブコメかと思って舐めて掛かると精神的にトラウマを抱えた人物だらけの昼ドラも真っ青な展開が待ち受けているのであります・・・。さらに、原作にはトチ狂った(以下省略)。
しかし、それでいて透明感があるというか、空気感が良いんですよね。文章のテンポも良いですし。
まぁ、それ故にこの作品は映像作品向けでは無いのでして、まだまだ掘り下げるべき点はあったんでしょうけど、何分限られた時間の上での上映だったので、まぁこれは仕方ないかなぁ、と思います。しかし、空気感や透明感といった作品の雰囲気はバッチリだったと思います。
それだけにやっぱり各キャラをもう少し掘り下げて描写する時間が無かったのが悔やまれますね。それ故に、原作未読の人が「このキャラは何でこういう行動を取ったんだろう?」と、疑問を持ったり、キャラそのものが若干薄く感じたり、そういった感想を持つかも知れません。

作画面、というより、キャラクターデザインはもうちょっと何とかならんかったのか・・・と思います(笑)。ちょっと原作のイラストからは外れていますね・・・。まぁ、そのあたりは実際に劇場で確認してくだされ(笑)。作画のクオリティーは全体的に高かったですぞ。流石はIGといったところでしょうかね。

まぁ、『劇場版"文学少女"』についてはこのあたりにしておきましょうか。

【関連商品】
“文学少女”のグルメな図書ガイド“文学少女”のグルメな図書ガイド
(2010/04/21)
ファミ通文庫編集部

商品詳細を見る
“文学少女”メモワールI-夢見る少女の前奏曲(プレリュード)-初回限定版 [DVD]“文学少女”メモワールI-夢見る少女の前奏曲(プレリュード)-初回限定版 [DVD]
(2010/06/25)
花澤香菜入野自由

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/05/01 19:51|その他のアニメTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/347-f4c34605

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.