管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『けいおん!』についてのお話 

昨年放送のアニメ『けいおん!』の二期として、『けいおん!!』が現在放送中なのでございまして、俺もまぁ、観ておる訳であります。
まぁ毎回毎回京都アニメーション制作の作品は何かとオタク界隈で話題になったり(ただし『ムント』を除く(笑)。どちらかというと俺は『カノン』は東映版の方が好きだったりするのですが)する訳でありますが、この『けいおん!』も例に違わず話題になり、劇中挿入歌なんかがオリコンにランクインしたり、登場人物が使用している楽器モデルが売れたりと、小さな旋風を巻き起こし、最近としては珍しいアニメによるプチ社会現象とも言うべき(言い過ぎか?)モノに発展した訳であります。中にはけいおん!』に憧れてバンドを組んで一ヶ月で飽きたり、文化祭でライブをして大失敗をしたといった感じの黒歴史を作ってしまった高校生達も居るようでございますが(笑)。
まぁ、そんなこんなでブームになったというのは間違いない事であります。その二期の作品である『けいおん!!』が注目を浴び、再びブームとなっているのは、まぁ、至極当然といった感じでありますかね。

二期作品を創るというのは、それはなかなか難しい問題なのでありますよ。前にも当ブログで書いたと思いますが、二期になってから作品のクオリティーが落ちてしまい、ファンからは「二期(以降)なんて無かった」等と言われてしまうような作品もある訳でして・・・。かといって、クオリティーが高くても、ブームが収束し、完全にファンの熱が冷めてしまってから二期をやっても、それはそれでなかなか一期の頃のようなブームが起こるという事にはならないのであります。
要は、タイミングとクオリティーが合わさっていなければならない問題なのでありますなぁ。
例えば、往年の名作アニメ『宇宙戦艦ヤマト』、或いは、『機動戦士ガンダム』。これらの作品は、再放送や劇場版の放映でブームが起きた作品でありまして、どちらも本放送では打ち切りや話数短縮といったコトになっていた作品でありました。しかして、どちらの作品も二期作品と呼べる作品(『宇宙戦艦ヤマト2』、『機動戦士Zガンダム』)が制作され、それがまた新しいブームになっていき、特に『ガンダム』の場合は長期シリーズ化し、現在に到るまで新作が定期的に制作されている訳でございます。最早ガンダムはブランド化し、SD作品やアナザーガンダムも制作され、世界観を変えたりしながら展開していっているのは皆さんご存知の通りですね。
話が脱線致しましたが、『けいおん!』の二期である『けいおん!!』は、昨年の本放送から約半年ちょっとの期間を置いての放送ですので、実にナイスなタイミングであると言うべきですね。

内容は、軽音楽部に所属する女子高生達の日常を描いたものでありまして、これといって取り立てるような内容の事でもない、何の変哲もないアニメであります。いえ、「何の変哲もない」と書きましたが、そこがこの『けいおん!』の魅力でありまして、まぁ言葉で説明するよりも観た方が速いわけなんですが(笑)。
何故、この『けいおん!』は面白いのでしょうかね?やはりストーリーよりもキャラクターなんでしょうかね。
この作品は俗に言う「キャラ萌えアニメ」として位置付ける事が可能だと思います。某有名巨大掲示板の実況スレあたりを見ると、キャラ名を叫んでいるだけのなにやら訳の分からない熱狂が起こっておりました。これでは何がなんだかなので(笑)、比較的冷静な本スレを覗いてみると、やはりそこで起こっている論議は、ストーリー性よりもキャラクター性を主としたものなのでございますよ(あと、若干音楽関連の論議も起こっていますね)。
やはりキャラが魅力なんですな、この作品は。確かにストーリーの中身が無いといった所によるアンチ的考察も出来なくは無いわけでありますが、この作品の場合は楽しんだ者勝ちなんですよね。
どこまでキャラに感情移入して愉しむ事が出来るか、そういうところに重点を置いた作品なのだと、俺は理解しております。
因みに俺の友人は、
『けいおん!!』を観てると(ニヤニヤし過ぎて)顔が筋肉痛になるな!
等と言っております。まーそれが一番の愉しみ方なんでしょうなぁ。

しかしながら『けいおん!』を観ていると若干羨ましくも感じる訳ですよ。
ああいった感じに友達と盛り上がって、何かをやったり、そういった感じの高校生活を俺も送りたかったなぁ、と。

【関連商品】
けいおん!× VOX amPlug Yui Hirasawa+Mio Akiyama+Azusa+Nakano ヘッドホン・ギター/ベース・アンプけいおん!× VOX amPlug Yui Hirasawa+Mio Akiyama+Azusa+Nakano ヘッドホン・ギター/ベース・アンプ
()
不明

商品詳細を見る
けいおん! 1 [DVD]けいおん! 1 [DVD]
(2009/07/29)
豊崎愛生日笠陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/04/26 02:39|アニメ関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/337-dc8b6b3b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.