管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

CGについて 

最近はアニメでロボットや背景なんかがCGで表現されたり、特撮で爆発や建物なんかがCGで表現されるという事も少なくはなくなり、一般化してきたと言っても良いでしょう。
爆発に違和感があったり、アニメでCGのロボットを見るのに抵抗感を感じるという人も少なからず居るでしょう。かく言う俺もその一人だったりするのでありますが、やはりこれも時代の流れなんでしょうなぁ。ウルトラマンの背景が全部CGで表現される時代ですよ・・・。
まぁ、CGの方が金が掛からなくて済みますからね。昔はCGを使った方がミニチュア&爆薬特撮よりも金が掛かるというケースが多かった訳ですが、今では安価で手軽に表現ができるようになったと、そういう訳であります。

日本のアニメのCGの使いどころは、やはり無機質的なロボットや背景でありまして、まだキャラまでCGにするというところまでは行っていません。キャラのCG化をしないというのは、やはり「気持ち悪い」と感じるというのが一番のようであります。海外のフルCGアニメーション作品のキャラクターなんかを見ると、確かに動きは良いんですが、表情、如いては挙動そのものに違和感と言うか気持ち悪さを抱くというのは、まぁ確かに俺も感じます。
CGのモデリングで人間の表情をリアルに表現すると、嫌悪感を抱く人というのは多いそうであります。理由としては、「仮想上のものなのにリアルな動きをしているから・・・」というのが多いようです。これは何もCGに限定された話ではなく、ロボット開発、特にヒューマノイドの研究でよく言われている事らしく、所謂「不気味の谷現象」と呼ばれるものですな。
ロボットもCGも、「人間の動きをトレースする」という観点からすればまだまだ技術的に改善するべき課題が多いという事でありますね。
最近はトゥーンレンダリング技術の進歩で、アニメーションとの調和性が取れ、「気持ち悪くないCG」として使われる事が多くなってきているようでございます。温かみのあるCGと言うべきでありますかね。そういえば最近、トゥーンレンダリング技術が使われたエロゲの(以下略)。
何はともあれ、これから技術がもっと進歩すれば手描き並のCGアニメーションといったものが出来るかも知れません。

反対に、無機質的なモノを表現するのを目的としたCG。ロボットアニメをはじめ、多くの作品で見受けられますね。
特に俺が凄いと思ったのは、GONZOの作品に登場するCGで表現されたメカ達ですね。あれはアニメーションとの兆号がかなり取れていて、俺としては物凄く衝撃的でありました。今経営危機のGONZOですが、頑張って欲しいですなぁ・・・。
最近では、『イヴの時間』等の効果的なCGの使い方が衝撃的でありましたね。
CGが使用された作品で俺が好きなアニメは『ゾイド -ZOIDS-』をはじめとする一連のゾイドシリーズであります。アレは本当に衝撃的でありましたよ。しかし同時期の『電脳冒険記ウェブダイバー』は(以下略)。

CGというものは「矛盾するモノ」の表現については弱いんですな。先述の人間の表情なんかもそうだったりするのですが、不規則だったり形的に矛盾するものをCGで表現する事はかなり難しいのだそうです。
逆に言えば、キチンとした矛盾の無いフォルムのものを動かすのにはCGはもってこいであるという事が言えますね。
ただ、川北監督が仰っていた事なんですが、
CGは最終的に人間の頭の中からしか出ない
という事です。特撮なんかでは撮影の段に入って思わぬアクシデントが起こったりして、そうして結果的に意図していたモノよりも凄い映像が撮れるという事もある訳です。そのあたりはCGでは決してする事が出来ない訳でして、CGの批判ではありませんが、やはり実写に敵うものは無いのだなぁ、と、そう俺は思う訳であります。

しかしながら、CGにも手描きアニメーションにも特撮にも、それぞれに良いところがある訳ですから、互いに互いの欠点を補うという形で共存していって欲しいものですなぁ・・・。

【関連商品】
惑星大怪獣ネガドン [DVD]惑星大怪獣ネガドン [DVD]
(2005/12/15)
特撮(映像)

商品詳細を見る

↑CG特撮とも呼べる作品です。本当にコレは凄い作品ですよ。『プランゼット』、楽しみです。

ゼルダの伝説 風のタクトゼルダの伝説 風のタクト
(2002/12/13)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/04/23 22:38|アニメ&特撮混合雑記TB:0CM:2

コメント


CGの進化は凄いですよね(*´∀`*)
知り合いの所でNHKかなんかの昔の生き物の何かをやっていたときに、
そこのおばちゃんがこんな生き物がいるのかとびっくりしてましたよ(*´ω`*)
CGの説明をするのが大変でした(;´∀`)
虫@貯蓄 #-|2010/04/24(土) 08:14 [ 編集 ]

>>虫@貯蓄さん
比較的新しい部類の技術ですからね。
コンピュータ自体もどんどん進歩していっていますし、まだまだ発展していくと思いますよ。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/04/24(土) 20:59 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/334-e54edebb

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.