管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost』、観て来ました! 

何か昨日と今日で非常に多くの方が来ていただいていらっしゃるようでして、ビックリしつつも感謝でございます。
当ブログに足を運んでいただきまして、誠にありがとうございます。

さて本日は『東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost』を観に行ったのでございますよ。金の工面もようやくひと段落ついたので、それなりの余裕を持って行くことが出来ました。しかしながら、往復で1200円はキツイ・・・・。
まぁ、そんな事はどうでも良いんですがね。で、感想なのでございます。
映画館に着くと、小さな列が出来てましたね。小さい劇場なのですが、20人くらいが並んでおりまして、そしてその全員が『東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost』を観に来たようでした。
客層は意外な事に俺みたいなオタクみたいな人は少なかったです。私見ですが、『東のエデン』という作品が幅広い層に認知されているような気がしました。
本放送の時はあまり気付かなかったのですが、やはりノイタミナ枠のアニメって、結構非オタクにもウケが良いみたいですね。

※以下、ネタバレ注意

で、本編。
やはりと言うかなんと言うか、『東のエデン』らしい終わり方でしたね。
物語は「滝沢朗とは何者か?」という事を主軸に於いておきながら(ポスターにも書いてありました)、結局彼の正体は明らかになりませんでした。新聞配達のバイトをしていた兄ちゃんだと言う事は分かったのではありますが。
彼は全てを終わらした後、風のように去って行きます。「待っている」と言った咲を残して・・・。
しかしながら、他の伏線の大部分は回収されており、一応は納得できる説明となっておりました。滝沢朗の謎を含めて若干回収できていなかった感はありますが、やはり風呂敷を広げすぎた、という事でしょうか。まぁ、滝沢君に関してはアレで良かったと思うんですがね。謎は謎のまま、という事で、それも良いと思うのでございます。
一番の謎はおネエの正(ry
この国を良くするという名目で行なわれたこのセレソンゲームでございますが、結局は「全員上がり」という結果になりました。その末に滝沢君以外のセレソンは記憶を消されてしまう訳ですが、やっぱり不憫ですよ・・・。
中でも、(恐らく)死んじゃった物部さんと結城が浮ばれません。しかも二人が(恐らく)死んじゃうシーンがさらっと流されてしまったのが俺にはもう不憫で不憫で・・・。結城は復讐の為に動いていた訳ですが、物部さんは自分なりに日本を変えようと頑張っていたというのに。残念な人を失ってしまいました。・・・板津と同じで二人ともひょっこり生きてたりするかも知れませんが(笑)。
さてさて、気になったシーンです。
春日と板津が公安から逃げる際に使用した学生闘争時のトンネル。学生闘争といえば、この作品で「老害」として描かれている世代が若い頃に築き上げてきたモノです。ここで板津が呟いた「受け継いでいくべき物もあったのかも知れない」という台詞が印象的でしたね。
ところで、俺は春日君が「こんなこともあろうかと」を使い過ぎだと思うのでございます。平澤も結構言っていたような気もしますが。
また、セレソンゲームの首謀者・亜東才蔵氏の登場という事で、平澤が単身乗り込んで行ってました。ここでの亜東才蔵氏が語った内容についても印象的でありましたね。
日本をどう変えていくか、変えていった結果、何があったのか・・・。
物部さんも言っていた通り、国民というのは実に身勝手なものです。群集であるのに、その個々の尊重を叫ぶという、本当に身勝手な存在な訳です。「総理大臣は生贄に過ぎない」ですか。確かにそうですね。国民の総意の筈なのに、賛成されず、非難が浴びせられ・・・。
よく総理大臣になってから見る見るうちにやつれていく人を見ますが、そりゃぁ大変な激務でありまして、確かに「生贄」だよなぁ、と思わざるを得ません。
しかしながら、群集でありながらも個々の尊重を叫ぶのが人間の面白い所でもある訳で・・・。それらを共生させていく術というのは無いものだろうか、と、『東のエデン』は、そんな事さえも考えさせられる作品でございました。
まぁ、良作でございましたね。
他にも、「映像的快感」が表現されていたり、心地良い台詞回しであったり、或いは間の取り方等、語るべき部分はありますが、まずは、ここまでにしたいと思います。

【関連商品】
小説 東のエデン (ダ・ヴィンチブックス)小説 東のエデン (ダ・ヴィンチブックス)
(2009/09/16)
神山健治

商品詳細を見る
東のエデン 劇場版 オリジナル・サウンドトラック東のエデン 劇場版 オリジナル・サウンドトラック
(2010/03/24)
サントラ早見沙織

商品詳細を見る
東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [DVD]東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [DVD]
(2009/07/29)
木村良平早見沙織

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/03/30 20:54|SFアニメTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/291-3712f0e8

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.