管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

NHKでラブプラス特集・・・だとォ!? 

!?

家族で大河ドラマ『龍馬伝』を観る直前、NHKの番宣があった訳ですよ。
そしたら、『MAG・ネット~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~』という番組のβバージョンが、BS2で本日やるというではありませんか。しかも、その内容は『ラブプラス』特集!いったいどんな内容なのか?と思いつつも、「こりゃ観るっきゃないでしょう!」と言う事で、観てしまった訳でございます。
いやはや、凄かった・・・
ついこのあいだまで、同じくNHKBS2でやっていた『ザ☆ネットスター』という番組も凄かった訳ですが、この『MAG・ネット~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~』は、濃さが確実に増しています。多分、非オタクが観たら引くレベル(我々が観ても引くレベルでした(笑 )です。まぁ、というのも『ラブプラス』を題材にしているからであって、これがまた別のモノを取り上げていたら引かれなくても済むのかも知れませんが。

皆さんご存じでしょうが、『ラブプラス』というゲームを簡単に説明すると、リアルな恋愛生活が体験できるゲームでございます。
「恋愛生活」としたのは、このゲームの終着点は「付き合う事」では無く、寧ろ付き合う事によって始まるのでございますよ。
従来の恋愛シュミレーションゲームは、特定のキャラを攻略する事がその目的だったのですが、その常識を打ち砕く発想でございますね。制作は、『ときめきメモリアル』シリーズでお馴染みのコナミ。
『ラブプラス』で成功したコナミは、経営を立て直したとか立て直してないとか、そういった話もあるくらいこのゲームは売れた訳でございます。
何故売れたのか。その要因のひとつとして考えられるのが、「恋愛シュミレーションゲームから遠ざかっていた層」というものの存在でございますよ。
かつて、リアルタイムで『ときめきメモリアル』を始めとした恋愛シュミレーションゲームをプレイしたけど、彼らは「卒業」してしまう訳です。
そこで、昨今のDSブームで彼らはDSを持つ訳です。そうすると、『ラブプラス』にも興味を持ち、「昔を懐かしんで・・・」といった感じで購入、プレイするといったケースが多いそうでございます。
『ラブプラス』のプレイヤーは、25~30歳が一番多いそうでございまして、30代、40代の購入も珍しくは無いそうでございます。因みに、一般的な恋愛シュミレーションゲームのプレイヤーは10代後半~20代前半が多いそうでございます。
因みに俺は『ラブプラス』どころかDS持っておりません。若干、世間の流行から取り残されている感は否めません・・・(苦笑)。

『ラブプラス』の説明はこの辺にしておいて、『MAG・ネット~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~』の話に戻りましょうか。
「濃い」とは先程書きましたが、やっぱり内容でしょうかね。
制作、ファンの両方の立場から『ラブプラス』を検証しており、非常に丁寧な作りになっています。これなら『ラブプラス』を知らない人にもその良さ、魅力が良く伝わる事でしょう。出演しているオタクが気持ち悪いのはご愛敬。
また、『ラブプラス』未経験者に『ラブプラス』を体験してもらう等、実にNHKらしい企画をやっている訳でございますよ。
制作者の立場からの話もキチンと入っており、民放でやる「オタク叩き」のような感じの番組とは一線を画しているのでございます。
このあたりは『ザ☆ネットスター』と同じような感じなのでございますが、雰囲気が終始落ち着いた感じとなっており、そのあたりがハイテンションな『ネットスター』とは異なる点ですかね。

因みにこの番組、週間番組となるようでございまして、四月から本放送が始まるそうでございます。

NHK『MAG・ネット~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~』4月の放送予定
放送時間は【BS2】毎週日曜日 23:50~24:35、【BShi】毎週金曜日 24:20~25:05 (再放送) 毎週水曜日 17:00~17:45。

放送日
【BS2】 【BShi】 【内容】
4/4(日)  4/9(金) 「涼宮ハルヒ」~大ヒットの方程式を覆したアニメ~
4/11(日) 4/16(金) 「マンガ大賞」~いま一番おもしろいマンガは何だ?~(仮)
4/18(日) 4/23(金) ボーカロイド「初音ミク」~ネット発の国民的歌手~
4/25(日) 4/30(金) 「機動戦士ガンダムUC」~成熟したファンとアニメの未来~


これは楽しみな内容でございますが、残念ながら俺の下宿先の部屋はNHK BS2を観れないのでございます・・・。
非常に残念!
因みに、本放送の番宣が流れている時、『鋼鉄ジ―ク』の主題歌が流れていましたが、ここは『マグネロボ ガ・キーン』だろとツッコミを入れざるを得ませんでした(笑)。

【関連商品】
ラブプラスラブプラス
(2009/09/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る

マグネロボ ガ・キーン VOL.1 [DVD]マグネロボ ガ・キーン VOL.1 [DVD]
(2009/07/21)
古川登志夫杉山佳寿子

商品詳細を見る



【関連ページ】
↓ホームページはこちら。
http://www.nhk.or.jp/magnet/
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/03/08 02:01|混沌雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/257-62fb20f2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.