管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

夏にやる話じゃないの、コレ? 

毎週日曜のお楽しみ!『仮面ライダーW』のお時間でございますよ、皆さん。
今回の話は、ホラーコメディーという路線の話でございました。いや、寧ろシュール?

冒頭、フィリップ君宛てに届いた小包。どうやらシュラウドからの小包のようでございまして、新ガジェットの設計図と疑似メモリが届く訳です。
シュラウドはデアゴスティーニみたいに「週刊メモリガジェット」でも創刊したら良いんじゃないでしょうか?
毎週届くパーツを集めて組み立てればメモリガジェットが完成。創刊号は疑似メモリが付いて特別価格!
全部作り終わる頃には番組が終焉を迎えてそうですが。
一方、亜樹子は『少女と人形の家』という小説に咽び泣いておりました。・・・ゴミ箱ぐらい近くに置いておけよ・・・。
そうして、フィリップ君と翔太郎は新ガジェットを組み立てに地下の部屋へ行きます。
一人で小説を読んでいた亜樹子の前に、謎の少女が現れます。
「人形の声を聞いて・・・」
少女は亜樹子にメモを渡し、消えてしまいます。
もうこの時点でホラーな雰囲気がしている訳でございますが、本当の恐怖はこれからですよ
訝しく思いながらも、亜樹子はメモに書かれていた住所に向かいます。そこは、文芸評論家の部屋でした。
そこに今朝届いたという、人形。人形の近くには、『少女と人形の家』が。その文芸評論家は、『少女と人形の家』も批評していました。
そういった事を聞いていると、突然、人形が動き出し、文芸評論家を窓から突き落としてしまいます。
いやぁ、このシーン、本気でビックリしました。予告で人形が動く事は分かっていたのですが、こりゃ本当に怖い。
CGではなく、本当に人形を操演していますので、動き方が「カタカタカタカタカタカタ」って感じで怖いんですよ・・・。こりゃ観た子供はトラウマになりますな・・・。
幸い、文芸評論家は一命を取り留める訳ですが、亜樹子が容疑者として疑われます。
「あたしじゃない!」
と言うものの、誰も信じてくれない訳です。
身の潔白を証明する為に、亜樹子はメモに書かれていたもう一つの住所に向かいます。すると亜樹子の目の前で、その家の住人が乗った車が事故を起こします。
「大丈夫ですか!?」
と言いながら、ドアを開ける亜樹子。
すると先程の人形が運転手(=住人)の首を絞めているのです!
叫ぶ亜樹子。このシーンには俺も声をあげてしまいました(笑)。いやはや、怖い怖い。
運転手は逃げ出す事に成功しますが、人形は亜樹子に襲い掛かります。
そこにバイクに乗って颯爽と登場し、人形を撥ねる照井。
「所長、大丈夫か?」
アクセルに変身し、人形を追い詰める照井でしたが、結局人形には逃げられてしまいます。
そうして、フィリップ君の検索を頼みに来た、照井と亜樹子。
ゲロゲ~ロ
などと言って、ご機嫌でガジェットの組み立てをするフィリップ君でしたが、何だかんだあって検索をする事になる訳でございます。
検索の結果、『少女と人形の家』の作者・堀之内が容疑者として浮上します。自分の娘・リコをド―パントにしている可能性が浮上する訳です。そう、冒頭で登場した謎の少女でございますよ。
そうして、その作者のサイン会を見計らって、照井と亜樹子が堀之内とコンタクトを取ります。
「よくこんな安っぽいお涙頂戴の話が書けるもんだ」
と、あからさまに堀之内を批判する照井。
一方、一人蚊帳の外の翔太郎。刃野さんと一緒にこぶ茶をすすっている訳です。
「世間ではそれをジェラシーって言うんだよ」
と、翔太郎を諭す刃野さん。
そこに、照井宛として、例の人形が届きます。
「離れろ!こいつはド―パントだぞ!」
と言う翔太郎。そうして、動き出す人形。
「アンビリーバボー!」
そうやって気絶する刃野さんとナマクラさんの二人。上手い具合に正体がバレないように出来ておりますなぁ。
そこに現れる照井。
「やっぱり罠にかかったな」
堀之内を批判したのは、人形を誘き寄せる為の罠だったのでした。亜樹子が、人形を段ボール箱に閉じ込めますが、人形は刃物で段ボール箱を切り、脱出します。
「逃がすか!」
と、照井はアクセルに変身、人形を追いかけます。
翔太郎も変身しようとしますが、またしてもフィリップ君、
「今忙しいんだけど・・・」
渋ります。結局は変身するんですけどね(笑)。

キャプチャー
変身の際に翔太郎の顔にスジが浮き出るというエフェクトが掛っている事に今回初めて気付きました。前からありましたっけ?
某掲示板特撮板の本スレで訊いてみると、「最初からあるが、だんだん濃くなっている」との事。今後の展開にも影響していくのでしょうか・・・。これまでの平成ライダーにも、人ならぬ姿へと変貌していったライダーが居る訳ですが
、果たしてWはどのようになっていくのか、注目でございますな。

そうして、人形を追い詰め、その裏で人形を操っていたド―パントをいぶり出します。やっぱりそのド―パントの正体は堀之内でした。
「良かった・・・リコちゃんがド―パントじゃなくて・・・」
と、安心する亜樹子。しかし、その亜樹子に、
「お姉ちゃん、お姉ちゃん、人形の声を聞いて?」
というリコの声が聞こえる訳です。これには俺もビックリしました。そして、そのまま終了!
いったい何がどういうことなのでしょうか!?待て、次回ッ!

一方、今日もお盛んな変態医師・井坂と冴子お姉さま。
「ひょっとして・・・何か不満があるのでは?」
「・・・妹よ」
妹・・・若菜姫、ピンチ!
そうして、洗脳されようとしている若菜姫。恐ろしい事です。
ついに来ますよ、洗脳の話!
若菜姫の操り人形化は来週一発ネタなのか、はたまた、人格崩壊状態で冴子達に云われるままの別人になってしまうのか。本筋のストーリーも徐々にですが、動きだしておりますぞ。

今回はこんな感じでしたな。
いやはや、『仮面ライダーW』、良い意味で予想の斜め上を行きますな。完全なホラー話では無いのですが、こういったホラーコメディーをやるとは思っていませんでした。
それにしても目を引いたのは人形のコミカルでシュールな動きです。これは操演スタッフ、見事!と、拍手するところでございましょう。
オーソドックスな人形を使った演出が、思わぬ効果を生む事にもなるんですなぁ・・・。いやはや。

【関連商品】
M&M(エムアンドエム) 16インチ 仮面ライダーW(ダブル) 補助輪付き自転車 1469M&M(エムアンドエム) 16インチ 仮面ライダーW(ダブル) 補助輪付き自転車 1469
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/03/07 23:40|仮面ライダーWTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/256-b1c1ffe4

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.