管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

若さ!若さって何だ!? 

俺の親が子供の頃から現在に至るまで続いており、なおかつ現在も放映中であるテレビ特撮シリーズは、仮面ライダーとスーパー戦隊シリーズだけとなっております。両方とも東映の制作でございますね。特撮界を代表する2シリーズでございますが、スタッフ等も結構被っており、なかなか興味深い訳でございます。
ゴレンジャーとジャッカ―電撃隊をスーパー戦隊に加えるかどうかは諸論ある訳ではございますがね(笑)。まぁ、この2戦隊もスーパー戦隊に加えるとすると、『ジャッカ―電撃隊』と『バトルフィーバーJ』の間の休止期間以来、実に30年以上続けて放送されている事になりますな。
この休止期間中に放送されていた『スパイダーマン』は戦隊のスタッフと同じメンバーで制作されており、レオパルドンの商業的成功は『バトルフィーバーJ』以降の「巨大ロボットの登場」というところに影響していますね。
「戦隊カレンダー」や海外向け作品『パワーレンジャー』の話等、戦隊については色々と面白い話もあるんですが、今回は割愛しましょう。
同様に、ライダーシリーズにも休止期間があります。
「『仮面ライダー』~『仮面ライダーBLACK RX』までの間に休止期間は無かった」という認識の人が居るように思うのですが、実際には『仮面ライダーストロンガ―』と『仮面ライダー(スカイライダー)』間、『仮面ライダースーパー1』と『仮面ライダーBLACK』間に、それぞれ休止期間が存在する訳です。尚、『仮面ライダーZX』は特番的扱いなので、テレビシリーズには含まれない事をご了承ください。
その後、『BLACK RX』から『クウガ』の間には、約10年の開きがある訳でございますが、その時期は円谷プロのウルトラシリーズも休止期間の真っただ中な訳です。
その中、放送されていたのが、所謂「メタルヒーローシリーズ」と呼ばれる作品な訳でございますよ。
俺がリアルタイムで観ていた作品は、『重甲ビーファイター』、『ビーファイターカブト』、『ビーロボカブタック』、『テツワン探偵ロボタック』の4作品であると記憶しております。その他の作品は最近になってようやく観たという事になっております。ひょっとしたら『特捜ロボ ジャンパーソン』、『ブルースワット』も観ていたかも知れませんが、記憶がございません・・・(笑)。
実際のところ我々の世代は「メタルヒーロー世代」と「平成ライダー世代」の中間に位置してるんですな。
因みに、当時から『ビーファイターカブト』よりも『重甲ビーファイター』のデザインの方が好きでした(笑)。
『カブタック』、『ロボタック』も観ていたのでございますが、やっぱりヒーロー的話立てでは無かったので同時期放送の戦隊よりも印象が薄いような気がします・・・。どちらかと言うとその後放送された『燃えろ!ロボコン』の方が好きでした(笑)。
他のメタルヒーローを観た今になってみれば、もう少し早く生まれたかったですね。宇宙刑事とか、リアルタイムで観ていたら、きっとライダーよりもメタルヒーローの方が好きになっていた事でしょう。
そうやって観ると、『仮面ライダーBLACK RX』なんかはメタルヒーローの技術がふんだんに使われているのが良く分かる訳です。鳴滝さんが「あんな宇宙刑事みたいなライダーは云々」と言うのも分かる訳です(笑)。
デザインに関しては、平成ライダーシリーズにも受け継がれており、メタルヒーローを彷彿とさせるデザインのライダーも結構居ますな。
メタルヒーローの復活を望む声も少なくはありませんが、仮面ライダーとメタルヒーローが融合した形で現在の平成仮面ライダーシリーズが創られている訳ですので、復活というのは難しいのではないでしょうかねぇ・・・。

【関連商品】
メタルヒーローシリーズ25周年記念 SHINNING SPIRITS メタルヒーロー主題歌大全集メタルヒーローシリーズ25周年記念 SHINNING SPIRITS メタルヒーロー主題歌大全集
(2007/08/22)
こおろぎ’73アイ高野

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/03/04 21:00|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント

メタルで育ったんじゃい
僕は幼稚園の時、リアルタイムで「ブルースワット」「重甲ビーファイター」を見ていた世代ですが、メタルヒーロー世代と平成ライダー世代の中間は、何年生まれの人の事をいうのですか?
マンペー #-|2010/04/10(土) 18:36 [ 編集 ]
私は1号2号V3で育ちました
>>マンペーさん
そうですね・・・。
ここでは、「メタルヒーローも平成ライダーもどっちつかずだった世代」という意味で使っています。具体的には・・・・。
特撮ヒーローに影響を受けやすい年齢(一番特撮ヒーローに興味を示す年齢)は、4~5歳頃であると言われていますので、ヒーローとしてのメタルヒーローである『ビーファイターカブト』~『仮面ライダークウガ』までの四年間の間に4~5歳だった世代・・・。
つまり、1992年~1994年生まれという事になりますね。多分、これからプラスマイナス1~2年の世代も含まれますね。
しかしその世代は『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』も観ている人も多いので、「平成ウルトラ三部作世代」という世代名称の方が良いのかも知れませんね(笑)。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/04/10(土) 23:38 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/251-b5c4db8a

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.