管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『チャージマン研!』についてのお話 

本日は、ご存じの方も多いと思いますが、狂気のアニメとも呼ばれる伝説的アニメである、『チャージマン研!』について書いてみようかと思います。

チャ―研本日はチャ―研についてです。

最近のネット界隈、特に動画共有サイトであるニコニコ動画での人気が高い『チャージマン研!』でございますが、制作会社はご存じの通り、ナック(現:ICHI)という会社でございます。主なアニメ作品としては、『まんが水戸黄門』(よくネタアニメとして取り上げられますが、30分でビシッと〆るアニメであり、結構面白いです。何の偶然か水戸黄門を元ネタとしたロボットアニメ・『最強ロボ ダイオージャ』と放送時期が被っていたりもします)、『ダメおやじ』(今になって観ると、かなり鬱アニメですよ、これ・・・。)等がございます。
個人的には『サイボットロボッチ』なんかが結構好きなのであります。
ロボットアニメとしては『グロイザ―X』は爆撃機がロボットに変形するアニメとして有名であり、後の『超時空要塞マクロス』に登場する可変戦闘機「VF-1バルキリー」のご先祖様とも呼べる存在でございますね。しかし、爆撃機・グロイザ―Xとしての活躍が多く、「グロイザ―ロボ」と呼ばれるロボット体への変形が少なかった事や、人間ドラマに主眼を置いたストーリー展開等もあり、当時はあまり人気が無かったようでございます。出てくるのが10年早かった・・・!昨年放送のアニメ『真マジンガー 衝撃! Z編』で、グロイザーXをモデルにした「爆撃獣グロイザーX10」が登場しており、ここから『グロイザ―X』に興味を持ったという方も居るようでございます。機会があれば是非ご覧ください。かなり面白いです。
また、「カラーロボットアニメ作品第1号」として有名な、『アストロガンガー』もナック制作でありますね。
変わったところでは、『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に』の実写パートの制作協力をナックが担当しております。ビデオやDVDをお持ちの方はスタッフロールを確認してみてくだされ。
ナックはアニメだけではなく、『バトルホーク』という特撮作品も制作しております。(バトルホークのマスクは『メガロマン』に出てくる黒星族兵士のマスクに流用されており、『メガロマン』のファンの方にとっても重要な作品と言えますね(そうかな?)。
近年は実写映像作品を細々と制作しているようでございますが、いつの日にか、ぶっ飛んだ作品と共にアニメ界へ帰ってくる事を願います・・・。

さて、前置きが長くなりましたが、『チャージマン研!』についてです。
この『チャージマン研!』は、まぁ、一言で言ってしまえば、いわゆる「ネタアニメ」というヤツですな。ネタアニメの必須条件の一つに、「超展開」というのがございますが、この『チャージマン研!』では超展開がメインですね。
あらすじをまとめると、

100年後の未来。
滅びゆく運命にあるジュラル星から移住するべく、地球侵略を開始したジュラル星人。迎え撃つは我らがチャージマン研!頑張れ研!地球に平和が来るその日まで!


こんな感になりますかね(笑)。
しかしまぁこの作品、1話10分(本編は6分程度)という尺の短さからくる超展開が凄いんですな。回によっては、ジュラル星人が登場した瞬間にチャージマン研にやられているという展開も、あったりする訳です。
逆に、本編が6分しかないのに尺が余るという意味のわからない回もあります。酷い時には20秒くらいの尺余りを起こします。
これを読んだだけではさっぱりわからないでしょうけど、そういう事なのですよ。
全65話があり、様々なバリエーションの話がある訳です。
中にはタイトルでネタバレをしていたり、失笑する事必須です。【例:「第38話ジュラルのにせ友情作戦」「第49話 不良少年の正体は!」、

まぁ、内容はこんな感じになっておる訳ですが、スタッフを見ると結構凄い方が居たりもする訳でございます。
例えば、プロデューサーの茂垣弘道氏。この方はアニメ版『まんが日本史』や、『発明BOYカニパン』等、多くの名作アニメのプロデューサーも務めております。氏の最近のプロデュース作品としては、『おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!』等がありますかね(マイメロ』もかなり狂気を孕んだ作品なのですが・・・(笑))。『チャージマン研!』のスタッフテロップを見て彼の名前を発見した時は驚きました(笑)。
また、主題歌を始めとした音楽全般を担当しているのは、『ウルトラマン』や『戦え!マイティージャック』等の音楽担当もしておられた宮内國郎氏でございます。主題歌だけはやたら格好良いんですよねぇ。

さて、何故このような「狂気のアニメ」になってしまったのか?という話でございます。
岡田斗司夫、眠田直、唐沢 俊一の三氏による書籍『オタクアミーゴスの逆襲』内の「狂気の低予算アニメ『チャージマン研!』」によると、「1話50万円という低予算のために適当に制作した結果、このような作品になった」そうでございます。
管理人はこれを読んで爆笑しましたよ(笑)。一話あたり50万円!驚くべき低予算です。
平均的な30分枠のアニメの製作費が、1話あたりだいたい1000万~2000万円ですから、10分の『チャージマン研!』の場合、1話あたり300万円ぐらい使われていてもおかしくないのに。まぁ、昔のアニメですから、多少の違いはあるでしょうが、50万円でございますよ・・・。こりゃああいう出来になってしまうのも頷けますね・・・。こうなると、フィルムの状態やセルの浮き上がり、塗り残し等の酷く杜撰な画も説明が付きますね。

ここまで予算が低いと意図的にギャグ作品に仕上げていた可能性が浮上してくるような気がします(笑)。まあ、「適当に制作した」という話な訳ですから、ギャグ以外の何者にもなり得なかったのかも知れません。
予算不足からギャグ作品にならざるを得ないという話として有名なのは、平成ガメラシリーズが有名ですな。製作予算が5億円という事を知った金子監督が「ギャグコメディーになる事を覚悟した」という、アレです。結果としては超ハイクオリティ特撮怪獣映画になったんですけどね。
とにもかくにも、『チャージマン研!』のスタッフは色々と苦労したんだろうなぁと、今になってしみじみ思う訳でございますよ(笑)。
因みに『チャージマン研!』は、秋田書店の「冒険王」と徳間書店「テレビランド」上でコミカライズされておるんですな。
これもまた狂気の漫画かと思うと、それが意外にも正統派ヒーローSF作品として仕上がっているのですよ。このギャップが凄い。

そんなこんなで『チャージマン研!』について長々と書いてきた訳でございますが、いかがでしたか?
こういったことを踏まえてから『チャージマン研!』を見ると、また違った見方が出来るかも知れませんね(そうかな?)。

【関連商品】
チャージマン研!DVD-BOX ‐上巻‐チャージマン研!DVD-BOX ‐上巻‐
(2007/02/20)
藤田淑子 沢田和猫

商品詳細を見る

オタクアミーゴスの逆襲オタクアミーゴスの逆襲
(2009/05)
岡田 斗司夫眠田 直

商品詳細を見る

ドンチャック物語(1)~(13)【13本組】 [VHS]ドンチャック物語(1)~(13)【13本組】 [VHS]
(1996/09/05)
沢田和子野崎貴美子

商品詳細を見る
サイコアーマー ゴーバリアン DVD-BOXサイコアーマー ゴーバリアン DVD-BOX
(2006/03/25)
平野義和三浦雅子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/02/25 19:42|SFアニメTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/240-0ddeb077

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.