管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

二人で一人の仮面シンガーだッ! 

皆さんこんばんは!
毎週日曜日のお楽しみ、『仮面ライダ―W』のお時間でございます。
本日は水木一郎お兄さんがゲスト出演するという事でございまして、俺はド―パントとして登場するかと思っていたのですが、実際は違いましたな。
今回のお話は、ズバリ「歌」をメインとしたお話でございました。
冒頭、クイーンとエリザベスの二人がCDデビューを掛け、「フーティック・アイドル」に出演し見事2週連続勝ち抜きに成功する訳ですが、3週目にしてジミー中田というストリートミュージシャンに負け、CDデビューは叶わなかったという話から始まります。
「これは絶対に不正がある!」と。
しかしまた、クイーン&エリザベスのコンビは歌も唄っていたんですな(笑)。ただの情報通としては勿体ないですな。
このジミー中田の歌は、人は逃げ出しハトは気絶するという某ガキ大将並みの歌唱力であった訳です。
こりゃ確かに不正があっあと言われても仕方ないというか、それこそドラえもんでもバックに付いていないと無理なレベルでございます。
自らの音楽を「スピック」と称し、明らかに自分に酔っているジミー中田。そんな彼に翔太郎は、
「自分と同じ匂いがする・・・」
と感じる訳です。彼も「ハードボイルド」を語りながらどうもそれに徹せないフシがありますからねぇ。それが彼の良さでもある訳ですが、ジミー中田の場合、周囲に多大な迷惑をかけておりますからね・・・。
そんなジミー中田にも、1人だけ、ゆきほというファンが存在する訳です。彼女は
「時代が追い付いていないだけ(要約)」
と語ります。
審査員は何故、ジミー中田を選んだのか。それを調べるため、翔太郎とフィリップ君は「フーティック・アイドル」のスタジオに行きます。水木一郎お兄さんばかりに目が行きがちでしたが、主題歌『WBX ~w boiled extreme~ 』や、各挿入歌を歌っている上木彩矢wTAKUYAも出ていたのでございますね。
やっぱり起こるジミー中田へのブーイング。ここで場内から挑戦者を募集することになり、なんとフィリップ君が選ばれる訳です。フィリップ君は顔を隠すマスクを準備しておりました。
翔太郎は
「こうなったらヤケだッ!」
と言いながらも、結構ノリノリで唄っておりました(笑)。
それをTV観ていた若菜姫。まさに、「恋する乙女」ですな。それを見てお父様が一言。
「まだまだ子供だねぇ・・・」
普段は厳しくも優しい父親なんですよねぇ・・・。今後の園崎家も注目でございます。というか、生放送だったんですか、この番組は(笑)。
一方、スタジオの屋根裏では照井がド―パントと対峙しておりました。どうやら照井は独自に調査を行っていた模様。
そうして、敵ド―パントをあっという間にメモリブレイクするアクセル。
「これでもう悪事は出来ん」
と、照井。

結局、フィリップ&翔太郎は審査の結果ジミー中田に敗北。何故?
照井もまたまた騙されてしまいました。「すっこんぶ」というお菓子の箱・・・。ハードボイルのままでギャグをやるとは(笑)。
どうも照井が「絶望がお前のゴールだ」と言った時は失敗するフラグのようですな(笑)。
何だかんだで今回も照井と共同戦線。フィリップ君は検索、翔太郎&亜樹子は、聞き込みに出かけます。
サンタちゃんの助けを借り、ジミー中田のファンであるゆきほの職場へ行きます。
しかし、ここで出てくる詩人に二人が受け取ったカードに書いてある言葉です。
「半人前でもいいじゃん」「金無くったっていいじゃん」
・・・・。
さて、二人が職場に着くと、みずほは過労で倒れてしまいます。
ドクターストップもかかり、非常に危ない状態でありましたが、そこまでしてお金を稼いでいた理由は、金を渡してジミー中田が勝つようにドーパントに頼んでいたのでございます。
その名は、「ライナー・ド―パント」。嘘を信じ込ませる能力の持ち主です。この能力で審査員をに暗示をかけていたのでございます。
ライアー・ド―パントに
「あと一回・・・」
と金を差し出すゆきほですが、ライアー・ド―パントは
「全然足りない」
と言い放ち、契約破棄を宣言します。
翔太郎はWに変身します。駆け付けた照井もアクセルに変身し、ここに再び共闘する訳です。
しかしながら、なんだかんだ言いあってはおりますが、Wとアクセルのコンビネーションは抜群ですなぁ。
それはともかくとして、サイクロンジョーカーは基本フォルムだというのにあまり活躍していな(ry
そうして、二人のライダーはライアー・ド―パントを追い詰めますが、ゆきほが二人のライダーの前に立ちはだかります。
「ライアー・ド―パントが居なきゃジミーは勝てない!」
その一部始終をジミー中田本人は見ていました。
「俺が呼んだんだよ!」
と、ライアー・ド―パント。
「自分の力で勝っていたんじゃないのか・・・」
と言い、パニックに陥るジミー中田。そして、うろたえるゆきほ。待て、次回!

一方、ゆきほを診た医者の所に、冴子が来ます。やたらとアングルに入ってくるかと思っていましたが、まさかのW(ウェザー)のメモリの所有者だったとは・・・!
「裏の診察」「君の身体を見せてくれないか?」
・・・あ~、その、なんですか。エロスは程々に

いやぁ、今回は面白かったですなぁ。
特に最後、救いようのないラストですよ。ここで終っていればただのバッドエンドですが、俺はそのままでも良い(ry
まぁ、次回できちんとした方向に持っていくんでしょうけどね(笑)。
今回はOPが特別バージョンになっておりましたが、東映公式サイトによると、次回もどうやら特別版OPだそうでございます。水木一郎お兄さんが唄ったりはしないのかなぁ、と、ちょっとした期待を持っておったりもします(笑)。
予告でWがアクセルに乗っていましたが、どうなるのでしょうか・・・。
アクセルの玩具箱の裏を見る限り、Wがアクセルに馬乗りになってる画は非常にシュールでしたが。
そして、ニュースでございます。中島かずき氏が、『仮面ライダーW』の脚本(2話分)を担当するそうでございます。詳細はこちら
俺もそうだったんですが、『電王』→『グレンラガン』の流れで観ていた方も多いのではないでしょうか。
また、中島氏は『ゲキレンジャー』の脚本も書いていましたね。
今からどんな話になるのか、楽しみですなぁ。


【関連商品】
デビュー40周年記念 水木一郎ベストデビュー40周年記念 水木一郎ベスト
(2008/02/20)
水木一郎ザ・ブレッスンフォー

商品詳細を見る

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW(ダブル) ファングジョーカーS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW(ダブル) ファングジョーカー
(2010/05/25)
バンダイ

商品詳細を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/02/21 21:34|仮面ライダーWTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/236-130ddfc2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.