管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

巨大なモノへの憧れ 

男の子というものは、とにかく巨大なモノに憧れる訳です。
ある種の浪漫ですな。巨大なモノに対する憧れ。それは圧倒的な迫力と重量感!中には巨大娘萌えなるモノもある訳ですが・・・。
例えば、ウルトラマン。彼は身長40メートルであり、ビルよりも大きい。そして、数々の超能力を駆使して平和を脅かす怪獣や宇宙人と戦っていく訳です。少年はウルトラマンに自分を投影し、悦に浸るのです。「僕が正義のヒーローなんだ!」と言わんとばかりに。
しかしながら、子供というのは純粋故に残酷な面もある訳です。巨大であるが故に、そこから来る破壊衝動というものに駆られます。子供は良く、自分で作った砂場の山等を壊して、また作り直したりもします。そして、また出来上がった物をまた壊す。壊したいがために、少年は砂の山を作るのです。
プラモデルなんかもそうです。俺はよく親父のプラモデルなんかを破壊していたそうです(笑)。それは俺の弟も同じであり、俺の作ったゾイドやガンプラなんかをホイホイ壊していく訳です。破壊衝動、恐ろしいですなぁ・・・。まぁ、大きくなるにつれてそういった物は大抵無くなっていくのでございますがね。
そこに来るのが、ゴジラ等の怪獣という訳です。怪獣の「破壊行為」は、勿論ガンプラ程度では無く、町単位、都市単位なのでございます。ゴジラがこう、尻尾でビルを叩きつける。そうして、ビルが倒壊していき、やがて東京が火の海になっていく。
どう見ても悲劇以外の何物でも無いのですが、少年はそこにカタルシスを感じる訳でございますよ。自分らに出来ないことをやってのけるゴジラに、少年は自分を投影するのです。
少年がもう少し大きくなると、この話はちょっと複雑になります。
ウルトラマンやゴジラは、どう頑張っても自分では無いのです。方や宇宙人、方や怪獣。両方、自分の手には決して届かない存在な訳です。そうして、少年はウルトラマンやゴジラを見るのを止めてしまう。そして、代わりに、巨大ロボットアニメに憧れ始める訳です。
巨大ロボットは、人間のパイロットが操縦するのです。鉄人28号は「良いも悪いもリモコン次第」という歌詞にもあります。また、マジンガ―Zは「神にも悪魔にも」なれる力であると、兜十蔵博士は言います。
そうして、少年の憧れは巨大ロボットに移っていくのです・・・。

まぁ、長々と書いてきた訳でございますが、これは何も怪獣や巨大ヒーロー、巨大ロボットに限った話じゃ無いんですな。それの対象は鉄塔だったり、戦艦だったり、タンカーだったり、まちまちなのです。
しかし、大なり小なり、男の子ってのは巨大なモノに憧れるのでございますなぁ・・・。

【関連商品】
NHK「その時歴史が動いた」 戦艦大和沈没~大鑑巨砲主義の悲劇~「日中・太平洋戦争編」 [DVD]NHK「その時歴史が動いた」 戦艦大和沈没~大鑑巨砲主義の悲劇~「日中・太平洋戦争編」 [DVD]
(2003/07/24)
ドキュメント

商品詳細を見る

巨大ロボット読本 (宝島社文庫)巨大ロボット読本 (宝島社文庫)
(2003/04)
瀬戸 龍哉山本 敦司

商品詳細を見る

東宝特撮 巨大生物箱 DVD-BOX東宝特撮 巨大生物箱 DVD-BOX
(2007/01/26)
佐原健二平田昭彦

商品詳細を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/02/20 15:41|空想科学雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/235-3403d532

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.