管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『涼宮ハルヒの消失』まで、あと一週間 

映画『涼宮ハルヒの消失』の公開まで、あと一週間となりました。
この作品は動画共有サイトの影響もあり、00年代を代表するアニメのひとつとして数えられ、同時に、角川の商売方法を遺憾なく発揮できた作品であった、『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇場版でございます。
昨年には「改めて放送」と称した二期なんだかどうなのかよく分からん放送をしました。
「どうせ再放送だろう」と思っていたら新作話を挿入させたりして世のオタク達を混乱させ、同じ話を作画を変えながら8回も繰り返しやるという前代未聞の事をやらかし、最終話の後で「映画化決定!」と宣言するなど、何かと話題作りには事欠かない放送でございました。この作品をどこに持っていこうというのでしょうか・・・。
俺は「エンドレス・エイト」を間違い探しや演出の違いを楽しんでいた訳なんですが、観ていた友人らは怒り心頭もしくは、呆れ返っておりました。うん、やっぱり3回までが限度だと思います。

まぁ、なんだかんだ言っても皆観に行くんですよ(笑)。
俺も観に行くんですけどね、やっぱりグッズの販売とかもやるんでしょうかね。このあいだのマクロスのような感じで。
そういえば最近観たアニメ・特撮映画とは客層が違うのか。それらにも注目して、楽しみたいところでございます。

【関連商品】
↓全部、「エンドレス・エイト」です。
涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 通常版 [DVD]涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 通常版 [DVD]
(2009/09/25)
平野綾杉田智和

商品詳細を見る
涼宮ハルヒの憂鬱 5.285714 (第3巻) [DVD]涼宮ハルヒの憂鬱 5.285714 (第3巻) [DVD]
(2009/10/30)
平野綾杉田智和

商品詳細を見る
涼宮ハルヒの憂鬱 5.428571 (第4巻) [DVD]涼宮ハルヒの憂鬱 5.428571 (第4巻) [DVD]
(2009/11/27)
平野綾杉田智和

商品詳細を見る
涼宮ハルヒの憂鬱 5.571428 (第5巻) [DVD]涼宮ハルヒの憂鬱 5.571428 (第5巻) [DVD]
(2009/12/25)
平野綾杉田智和

商品詳細を見る


【関連動画】

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/01/30 17:21|アニメ関連雑記TB:0CM:4

コメント

No title
エンドレスエイトのループに腹を立ててる連中、もしくは呆れている連中は「モグリ」だと俺は考える。そうでないなら、了見が狭く理解力に乏しいため無意味に同じことを繰り返していると考えている者。

たしかに、細々した表現やらが違うとは言え同じ内容を8回繰り返し見たのには疲労感を感じた。しかし考えてみるといい。作中のキャラクターたちは、ほぼ同じ時間を「何回」「何時間分」繰り返したのか? と。
これを真の意味で理解するには、体験する他ない。エンドレスエイトでは、これを疑似的に体験させてくれたのだと私は考えている。ループ回数は全く足りないが、どういう感覚になるのかは理解できた。
ここで思考を移す。
最初から記憶をリセットされずに延々と同じ時間を体験した長門は、どういう感情を抱いたのだろうか?

これは私の楽しみ方であり、他にも様々な楽しみ方があるだろう。
ハルヒファンならば、特に長門ファンならば、エンドレスエイトのループに怒りや呆れを覚えるはずはない。
KAITO #8feV.Zcs|2010/01/30(土) 21:55 [ 編集 ]
No title
>>KAITO
まぁ、そりゃぁそうなんだけどね。
『エヴァ』でも「長い止め絵で心理描写をする」って演出があったが、それと同じような事(=長門の心理描写)を大掛かりで手間をかけながらやった訳で、その点についてはそれなりの評価が出来ようと思う。これまでにループモノは結構出てはいたけど、完全に同じ内容ってのは初めてだと思うんだよね、これは。あと、『消失』の伏線としての機能も充分に果たしてあるね。
同時に殆ど同じ脚本でも演出家や作画監督でどんなふうに変わるのかってのを表現した、実験的作品であるという観点からも、「エンドレス・エイト」はホントに面白いと思う。
実際俺は各話2回づつは見直してた(笑)。

ただねぇ、これを商業用アニメとしてみると一気に評価が変わるんだよね。
ひとつの脚本(実際に起こされてる脚本は3本だけど)で5つのDVDが出来てる訳だし、それのひとつずつに限定特典とかが付いた日にはもう酷いとかとかいうレベルじゃないのよね。
これじゃぁ、「角川は出せば売れると思っている」「ファンを馬鹿にしている」と思われてもおかしくないし、実際そういった批判も起きてる。まぁ、金払うんだし、そりゃ頭にもくるわな(笑)。
その点は俺もどうかと思う、流石に。汚い商売だよなぁ。
娯楽は商売で、商売はいかに楽して儲けることができるかに焦点が置かれる訳だけど、アニメを作品として見るか商品として見るかでこのあたりの意見は変わってくるんだけどな・・・。

怒るんなら、上記前半部分を理解した上で下記部分に怒るべきで、作品内容だけで怒る奴はどうかと思う。


・・・とは言っても、今のアニメ業界は一歩間違えば会社が潰れてしまうようなところばっかりだし、京アニも当然そのひとつだから、実際「汚い商売」とか、なりふりかまってられないのが現状だから、かなり仕方の無い部分は大きいんだけどね・・・。
今のアニメ業界も10年持つかどうか・・・。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/01/31(日) 03:40 [ 編集 ]
No title
>>ぴよ
そんなもんかなぁ?
作品として、商品としてって見解は正しいと思うが、企業は金稼ぐ手段として作品を制作しているわけなんだから、そこら辺は大空のように広い目で見るのが正しい気がするが…

作品に納得できないなら誰も金を出さないだろうし、逆も然りだ。
そもそも金銭感覚は人それぞれなんだから、明確な境界線はないしね。

DVDについてもそう。
「同じ内容だから一つあればいいや」
「あんな無意味ループ誰が買うか」
「ハルヒである以上全て買う」
「あのループは素晴らしいから全て買う」
なんて意見は様々だろうし。
つまりは結局買う人は買うし買わない人は買わないんだよ。

正直、汚くない商売って何? って気もするし。
KAITO #-|2010/01/31(日) 09:34 [ 編集 ]
No title
>>KAITO
DVD1巻あたり5000円前後で、限定版で特典(当然、特典版は割高)がついたモノを出す。しかも、収録されているのは1話か2話。1クールアニメなのに全部揃えるのには5万円もかかる。
「ブルーレイは出さない」みたいな事を言いながら後で高画質のブルーレイ版を出して両方買わせる。
特典でDVDにサントラをつけ割高で買わせるが、後にサントラCDを出す。やっぱり初回限定版特典付き。
「続きは劇場版で!」・・・勿論、劇場限定グッズや前売り券特典をつける。

・・・とまぁ、最近のアニメはこんな感じだわな。
これくらいやらんと元が取れないってのも確かにあるんだけど、損得の問題で「汚い」って言われるんだよね。
「ああ、コレもう持ってるのにこっちにも特典がついてるでやんす・・・。こっちも買わないといけないでやんす!ああ、お金が飛んでいくでやんす・・・。ええい、オイラは死ぬまで踊ってやるのでやんすッ!!」
っていうオタクが多いから売れる訳で、今のアニメは完全にオタク市場主義で成り立っているようなものだから、かなり危険な橋を渡ってるのよね。

因みに、アニメ会社の場合、「アニメを創るためにアニメを創ってる」自転車操業だから、儲け云々の話はむしろスポンサーや企画会社、広告会社の問題なんだよね。
制作会社には金が行かず、企画会社や広告会社にばかり金のいく「中間搾取構造」がある限りは、日本のアニメに未来は無い・・・。
末端のアニメータになど、年収100万円あるかどうかってところだから、本当にどうにかせにゃならん状態なのよ。
しかも、日本のアニメーターは人件費が掛かる訳だから、中国や韓国等の比較的人件費の安い所に外注するから、国外アニメ技術の成長による外国市場への影響、世界的3DCG嗜好の風潮(ディズニーやピクサーによる影響が強い)等の問題も多い訳で、2Dでの制作を基本にしてる日本じゃぁ太刀打ができなくなりつつある。
ようやく経済産業省が危機感を感じたのか国内3DCG技術を向上させようと色々と動きだしたようだが、10年遅いわ!手遅れじゃッ!しかもその方法じゃ技術は向上しても良い作品は生まれんだろ・・・ってありさまだし・・・。
日本のCG技術が酷いのはご存知の通り。ハリウッドに本気で追いつこうと思ったら莫大な金と時間(最低でも10年)が必要だと言われてる。
が、今は不況。そんな金がどこにある!?って感じで、結局は後手後手にまわりそう。
一方、韓国・中国は、10年前から国家予算をと投じてCG・アニメ技術を向上させる政策を行ない、アジア諸国ではレンタル料の高い日本アニメに代わって韓国・中国製アニメが放映されている。
こりゃもう「アニメは日本が誇る文化です(キリッ」なんて言ってられん状態。
ぴよ #GpEwlVdw|2010/01/31(日) 10:40 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/209-e9326a1e

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.