管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  03  01  05  12  10  08  06  04  02  01  12  11  09  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

そんなに地球人を好きになってくれたのか、ウルトラマン。 『シン・ウルトラマン』 

空想特撮映画『シン・ウルトラマン』、大人気上映中であります!
管理人も公開初日・初回のIMAXで観て以降何度か観ていますが、なんか観るごとにどんどん『シン・ウルトラマン』を好きになっていく気がするんですよね。ウルトラマンが、空想特撮ジャンルが好きで本当に良かった!
……と、いった感じで「『シン・ウルトラマン』良かったぜ! 面白かったぜ!」で記事を終わらせてしまっても良いのですが、折角ブログというモノを持っているので『シン・ウルトラマン』という作品の何が良かったと管理人が感じたのかという事について、少し書いていこうと思います。宜しかったら是非、お付き合いくださいませ。


【予告】



シン・ウルトラマン
公開初日・初回でIMAXで観たのですが、劇場でトラブルがあり、少し気が削がれてしまうというアクシデントがありました。だから一層何度も観に行っているというのもあるかも知れません。
因みに公開日はがっつり平日だったにも関わらず、同じ回に度々オフ会などをやっている特撮仲間が管理人含めて3人も集結したのには笑いました。



シン・ウルトラマン』は2022年5月13日公開の空想特撮映画。2016年公開の『シン・ゴジラ』に引き続き、企画・脚本・総監修を庵野秀明氏が、監督を樋口真嗣氏が手がけた、庵野印の空想特撮映画第二弾という位置付けになっています。

作品内容について書く前に触れておかなければならないのは、この映画の製作が円谷プロダクション・東宝・カラーの3社共同である、という点でしょう。円谷プロやウルトラシリーズに詳しい方はご存知かも知れませんが、かつて諸々のいざこざによって円谷と東宝は半ば喧嘩別れのような形で決別した歴史があります。90年代以降のウルトラシリーズの映画が基本的に松竹映画が配給となっているのはそれが要因のひとつでもあった訳です。しかし今回の『シン・ウルトラマン』ではガッツリと円谷と東宝が手を組んでいる。円谷も経営体制がかつての頃からは180度転換しているとは言え、これは歴史的な和解と言えます。
そして、もうひとつ。本作のウルトラマンデザインが原典の美術面を手がけた美術家・成田亨氏のデザインに極めて近いものになっているという点。こちらの成田亨氏もまた、円谷プロとは一悶着あって決別してしまったという流れがあり、成田家と円谷の間では長らく確執があったのです。しかしその成田亨デザインに準拠したウルトラマンデザインや怪獣デザインと、成田家の協力による本作の制作というのを鑑みるに、これもまた円谷プロと成田家の歴史的和解と言う事が出来るでしょう。
東宝と円谷の和解と、成田家と円谷の和解。これも、特撮博物館やアニメ特撮アーカイブ機構といったいった活動を通して多方面に尽力してきている庵野秀明氏が結んできた縁が実った形ですよ! 管理人は公開前にこういった情報が出た時点で、割と感動していたのでありました。

そういった感じの制作体制で創られた本作、そのあらすじはこんな感じです。

※以下、ネタバレ注意です。『シン・ウルトラマン』を1回以上の鑑賞後に読む事を強く勧めます。


web拍手 by FC2




巨大不明生物・ゴメスの出現以降、日本には強靭な生命力と戦闘力を兼ね備え、甚大な被害をもたらす巨大な生物たちが続々と襲来するようになった。
「禍威獣」と呼ばれた彼らによる被害を重く受けた政府は、防災庁を設立。同時に庁内には、様々な分野の専門家による禍威獣特設対策室、通称「禍特対」が設立される事となる。
こうして、禍威獣災害が日常的に起きるようになったある日、透明化し、電気を喰らう禍威獣「ネロンガ」が出現した。禍特対の指揮のもと、自衛隊による攻撃が行われたがネロンガには効果を認めず、有効な即応策も無い。日本全土の電力危機が懸念され、核攻撃すら検討され始めたその時、大気圏外から銀色に輝く身長60mの巨人が降着、謎の光線を放ち、ネロンガを殲滅した。
「ウルトラマン」と名付けられたその巨人は、どこからやってきて、何の目的で怪獣退治を行うのだろうか?


初見時の時の率直な感想としては、「ここまで盛り沢山な映画を創る奴があるか馬鹿! 最高!」でした(笑)。いえね、管理人も1966年放送開始の『ウルトラマン』がBlu-rayを買う程度には好きで、『シン・ウルトラマン』の公開前に予習として全話観直すとかしていた訳なので、細部に仕込まれた小ネタに至るまで色々と見えてしまいました。
いや、だって誤情報を元に学年誌等に記述された「ゼットンを操る悪い宇宙人・ゾーフィ」とかを出されたらもう笑うしかなくなりますって! なんなら、管理人の隣の席に座ってた知らないおっちゃんも噴き出してましたし。こういうの出してくるのは、どう考えても悪いオタクの仕業なんだよなぁ!
また、ザラブ戦やメフィラスによって巨大化した禍特対分析官・浅見弘子なんかに至っては、特撮が現代の技術でブラッシュアップされているとは言え原典のザラブ戦・巨大フジ隊員の完コピで、もう笑って良いのか感動して良いのか分かりませんでしたよ! あそこだけ西島秀俊演じる禍特対班長田村君男の台詞が原典のムラマツキャップの台詞まんまになってるのもおかしかったし、巨大長澤まさみのシーンでは今回はメフィラスがバルタン星人やザラブ星人、ケムール人らを引き連れてきてなかった為か、カメラが禍特対メンバーをぐるぐる回りながら撮るという映像になっていたのも、「そこまでやるのかよ!」と、笑ってしまいました。
……逆にそうしたモノがノイズになり、初見時は作品全体がよく見えていなかったのかも知れません。いやあ、予習で『ウルトラマン』を観直していたのも良かったんだか悪かったんだか。

管理人が本作を冷静に落ち着いて観れたのは2回目からでした。いやまあ、公開初日に2回目を観に行ったんですけども。
端的に言うとこの映画、「正体不明の外星人・ウルトラマンの視点で描かれた映画」なんですよね。

ウルトラマン

インフラ破壊系の禍威獣の出現に伴い、原生生物の守護という光の星の掟に従い地球に降着したリピア=ウルトラマン。対ネロンガ戦で神永の自己犠牲を見て地球人類への興味を抱きその行動原理を知りたくなり、彼と同化する。
禍特対の面々との対話で、完全な個として完結しているウルトラマンは、不完全な個が支え合って生きている人間の生態に驚愕する。
知れば知るほど人間の行動原理は複雑でよく分からなくなっていくが、それでもこの人間達の助けになりたいという思いを強めていく。
そうして、地球消滅の危機に、地球人から想いを託されたウルトラマンは、生還が絶望的な作戦へ身を投じ、かつ生への執着を強く念じた時、救助に来た同族のゾーフィが「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン」とウルトラマンの気持ちを総括し、ウルトラマンもそれが「好き」という感情であると理解する。
つまり、きっかけがあってウルトラマンが人間に興味を抱き、日々の暮らしの中でより好意を大きくしていくという作劇になっている訳ですが、これは割と恋愛モノのテイストでもあるような気もします(笑)。

しかも、作中でウルトラマンが地球人(日本人)の文化や機敏などを微妙に誤解しながら、ちょっとズレた認識のまま物語が進んでいくのもポイントです。
ウルトラマンにとって地球人とのファーストコンタクトが「無条件に子供を守ろうとした神永」だったので、ガボラ戦で人間への被害を最小限に留めるとドヤ顔になるし、「バディ」という言葉をちょっと誤解して「助けてもらって当然」みたいなムーブをするんですよね(笑)。最たるものが、序盤で「気が効く奴は黙ってコーヒーを置く」と言われたのを「黙って重要データが入ったUSBを置く」というように体現したシーンでしょう。基本的にウルトラマンこと神永がドヤ顔してるシーンは、何かを勘違いしている場面な気がします。
そして、それらに対する反応が「なんか認識が違うらしいな」という事で少しずつ修正していく。『シン・ウルトラマン』は、どうにかこうにか人間を理解していきたい、ウルトラマンの悪戦苦闘物語という事が出来ると思います。
そうしたウルトラマンと対照的になるように、地球人類の全滅を生業とするザラブや、地球人類を生体資産兼愛玩動物として捉えるメフィラスといった外星人達が存在しているんですよね。殲滅や単なる上位存在としての愛玩というのは、融合してまで人間を理解しようとしたウルトラマンの対極に位置しますから。
最初はウルトラマンがひとりで禍威獣を倒していたのが、人間への禍威獣被害を考慮して戦うようになり、「バディの助け」を信じて待ち、ついには人間と協力して困難に立ち向かうようになる訳です。反面、ウルトラマンは禍威獣を倒す為のいわゆる「デウス・エクス・マキナ」のような存在から、禍特対と協力して外星人の計画を阻止する存在になり、強大な敵に敗れ、最終的には自らの死を受け入れて想いを人間に託すようになる。
物語が進むにつれてウルトラマンはどんどん「人間に近く」なっていった結果、「ウルトラマンは神ではなくなる」んですね。この構成には本当に痺れました。
それと同時に、ウルトラマンへの感謝というか、尊崇の念みたいなのが生まれました。心底、「ありがとう、ウルトラマン!」と言いたくなるんですよね……。

……これは管理人の解釈なんですが、本作のラストカットである、禍特対の面々が帰還した神永を呼びかけるシーン、あれは、ウルトラマンが最期に見た光景なんじゃないかと思う訳です。
身体を本来の持ち主である神永に返し、共に戦ってきた仲間達の顔を一目見て、彼は逝ったのです。だから、そこで暗転だと。
そう考えると、主題歌「M八七」がウルトラマンへの鎮魂歌にも聴こえてきて、この曲を聴くと管理人はもう涙が溢れてくるようになりました(笑)。
空想と浪漫。そして、友情。」このキャッチコピーに相違無い、素晴らしい空想特撮映画でした……!
何度でも観返したい映画ですよ、本当に。

そういった感じで本作の根本構造について大体語ったところで、次は禍威獣・外星人について。

禍威獣第7号ネロンガ

いやぁ、『シン・ゴジラ』が割と恐怖の怪獣だったのと比較して、本作の禍威獣・外星人は愛嬌増し増しですよ! 流石はウルトラ怪獣といったところです。
変電所で美味しそうに電気を喰い、電気を止められると癇癪を起こすネロンガ、ウルトラマンが回転したのを「なんやこいつ」みたいな感じでちょっと引くガボラ、権謀術数を働かせて暗躍していたのに巨大戦ではかなり間抜けな感じになるザラブ、人間体の時からなんとも言えないただならぬ立ち振る舞いを見せるも、ゾーフィの存在を認識すると即座に損切り・撤退するメフィラス、原典からは少し外れて成田亨的幾何学模様を形成したので親切に「ゼットン! ゼットン!」と、観客に2回も自己紹介をするゼットン……。
いやあ、どいつもこいつも格好良く愛嬌のある、非常に魅力的な禍威獣・外星人でありました。
世間では山本耕史の怪演もあり、メフィラスが大人気のようですね。いや、魅力的な人外ムーブをするおじさん、皆好きだよね。本作のメフィラスの場合、本当に地球人と地球文化が好きなんだろうなぁというのが伝わってきます。作劇的には、「○○、ウルトラマン」というメフィラスが繰り返し発言していた台詞が、最後の台詞「さらば、ウルトラマン」への導線になっていると思うんですけど、「割り勘で良いか、ウルトラマン」はパワーワード過ぎる……。

また、作品冒頭のいわゆる「『ウルトラQ』パート」では、ゴメス、マンモスフラワー、ペギラ、ラルゲユウス、カイゲル(ゴーガ)、パゴスといった禍威獣達が出てきましたが、管理人が「おお!」となったのは、コイツらが『シン・ゴジラ』のゴジラの特性をそれぞれ分割した怪獣達になっている、という点です。
ゴメスはまんまゴジラ(3DCGモデルも『シン・ゴジラ』からの流用・改造だそうです。そういう意味でも原典に忠実!)で、自衛隊との総力戦を演じ、マンモスフラワーは東京駅での屹立、ペギラは東京壊滅(テロップの「東京氷河期!」がテンションおかしくて好きです。)、ラルゲユウスは有翼化して大陸間を飛翔、カイゲルは形態変化(形態変化能力があるから、原典とは異なる名前になっているのかも知れません。)、パゴスは放射性物質による汚染と凍結作戦による殲滅……。
『ウルトラQ』パート」は、「この世界には怪獣が日常的に出現していますよ」という説明であると同時に、「この世界での『シン・ゴジラ』に相当する事件なんですよ」とも説明しているんですよね。一番最初のタイトルバックが、「シン・ゴジラ」→「シン・ウルトラマン」になっているのを踏まえると、そういう事なのでしょう。まあ、空想特撮的に言うと『仮面ライダークウガ』と『仮面ライダーアギト』の関係性みたいなものです!

そして、ウルトラマン。
銀色の巨人(ゾーフィがこの銀色の巨人・ウルトラマンと対になるような金色の巨人なのがなかなか良いですよね。)として降着し、不気味さを纏いつつ融合後は赤のラインが入り、飛行ポーズのまま着陸していったり回転して蹴りを入れたりという謎ムーブをしながらも、ザラブ戦あたりでは完全に「僕たちの知っているウルトラマン」になっていくのが良かったです。ウルトラ頷き、いいよね……。
ラストバトルでの、別次元に飛ばされそうになりながらも「必ず帰る」という禍特対の面々との約束を果たすべく全力で離脱しようと飛行するウルトラマンには、もう管理人の情緒は粉々に粉砕されました。このシーンでのウルトラマンが昔の特撮の飛び人形的な表現になっているのが寧ろ表情が変わらない筈のウルトラマンの生への渇望を抜群に表現できており、非常に心に染みました……。ここで泣けたから、管理人にとってもうこの映画は大成功ですよ(笑)!


他にも、「欠落」というモノへの愛着という庵野秀明作品で繰り返し用いられてきているモチーフについてとか、宮内國郎のオリジナルスコアの使い方が抜群という話とか、ちょっと特撮面で主に3DCGの質感がアレだったという話とか、もうあと10分くらい尺が欲しかった話とか、「匂い」は数値化出来ないという事についての話とか、実相寺アングル的なカットの多用についてとか、ウルトラマンの身長体重やゼットンの1兆度の炎についての科学考証等初見者が抱く疑問を作中で全部潰してるという話とか、メフィラスに見るニュージェネウルトラのジャグラスジャグラー的シリーズ悪役の影響とか、作品全体に散りばめられた細かいネタとか、語りたい事は色々とありますが、長くなるし時間も無いですから、そろそろ記事を締めようと思います(笑)。

願わくば本作が大ヒットを果たして、企画されている第2部『続・シン・ウルトラマン(仮題)』、第3部『シン・ウルトラセブン(仮題)』の制作に十分な予算でGOサインが出るよう祈ります。
……そして次は、来年3月の『シン・仮面ライダー』だ!


【関連記事】
ゴジラという名の恐怖と幻想を体現した、まさに現代の怪獣映画 -『シン・ゴジラ』総括!
ありがとう。そして、さようなら。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』
【館長】特撮博物館、行ってまいりました!【庵野秀明】
世界観構築の妙と、人喰い巨人による圧倒的絶望感! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
スポンサーサイト



2022/05/23 22:05|特撮ヒーローTB:0CM:3

コメント


自分の中で纏まりきらずにいた「シンウルトラマン」に対する想いがそのまま言語化されたような記事でとてもスッキリしました!!
匿名様 #-|2022/05/24(火) 00:02 [ 編集 ]

お疲れ様でした。

少年たちの性癖を歪めた巨大フジ隊員を長澤まさみで再現して巨大娘フェチを令和で再生産してしまうとはおそるべし(もっとやれ)

僕は1967年生まれ(庵野さんの七つ下)なのでウルトラQもウルトラマンも観たのは再放送で、観てない話もいっぱいあるのですよね。怪獣の名前などの知識はほとんどが兄が持ってた本からのものでした。あとTVで見てなくても駄菓子屋で売ってたブロマイドに心奪われました。それが今こういうものが観られるとは、長生きはするものだなあ(ジジィ)。

「割り勘で良いか、ウルトラマン」は最強ワード(飲み会で流行りそう…というか使いたい)。これがウルトラ公式のセリフなんだぜ。悪ノリって言葉はあるけど「悪いオタクの仕業」ってのはよく言い得た言葉だと思います。そしてみんなそれが大好き。庵野氏は永遠に同人マインドを持ち続けたままプロになって堂々とそれをやる人なのだと思います。「オレがやりたかったのはこれだぜ!」という、ある意味職権乱用、公私混同。二次創作の同人誌を公式が取り込んじゃったような。

今は二回目をいつ行こうか悩んでいます。シンゴジもシンエヴァも二回行ったしね。「シン・仮面ライダー」も絶対行きますよ。…でも本当にワクワクするのは(実現するなら)「シン・ウルトラセブン」です!

矢端想 #1h4OZhZI|2022/05/24(火) 16:58 [ 編集 ]

連投失礼。二回目行ってきました。
改めていろんなことを考えながらもう一度観たら、泣いてしまいました。やっぱりすごく良い映画でした。
矢端想 #1h4OZhZI|2022/05/28(土) 00:35 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1484-d0c22c96

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.