管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
--/--/-- --:--|スポンサー広告

佐賀にゴジラ襲来! 「特撮のDNA展 怪獣の匠」、行ってまいりました! 

この時期は例年仕事の方が忙しくなる管理人でありますが、例外なく今年も色々と忙しい感じになっております。そして、クッソ忙しい秋にもかかわらず何を血迷ったか漫画なども制作しておりますよって、漫画制作以外の趣味に割ける時間が殆ど無くなってしまっているというアレな事になっております。この時期に描き始めちゃァいけなかった……。

という管理人のどうでも良い近況は置いておくと致しまして、なんとか取れた休みを使って、佐賀県立美術館にて執り行われている「特撮のDNA展 怪獣に匠」行ってきました。
いやぁ、学生の頃はよく県外まで出かけたものですが、社会人になってからは一人で県外まで列車を乗り継いで出かけるという事も殆ど無くなってしまっており、そういう意味でも貴重な1日になったかなぁ、と。

特撮のDNA展

特撮のDNA展 怪獣の匠」は、例によって1954年公開の特撮怪獣映画『ゴジラ』を祖とする東宝特撮映画の撮影に使用されたミニチュアや着ぐるみの展示&特撮技術紹介を主とした展示会な訳ですが、今回はなんと「全展示品すべて撮影可能」という前代未聞の太ッ腹な展示会だった訳であります。
と、いう事で、管理人も調子に乗ってパシャパシャと総枚数973枚という膨大な数の写真を撮ってきました。
……いや、だって、ねぇ? 実際の撮影に使われたミニチュアや着ぐるみなんですよ。色々な角度から撮りたくなってしまうのが人情ってものじゃないっすか! 加えて、管理人が同展に行ったのは平日の昼で、人の少ない頃合い。他の人の迷惑を気にせず、思う存分撮ったらこうなったというかなんというか。土日はかなり込み合っているという話もありましたから、がっつり撮ろうと思ったら平日の昼しか選択肢が無かった訳ですよ……!!
勿論、管理人以外にもそこそこ人は入っていました。管理人と同じような特撮ファン風の若者や、やたら目を輝かせていたおじさん、「そうそうコレよ、海底軍艦ね!」とはしゃいでいたおばさま方、おじいちゃんと一緒に来ていた怪獣よりもメカの類に惹かれていた未就学男児、二人とも特撮ファンっぽい若いご夫婦など、老若男女を問わず様々な人が本展に足を運んで来ていたようです。いやぁ、やっぱり「東宝特撮」、「ゴジラ」というキャラクターのネームバリュー・偉大さを改めて思い知らされますね。

さて、そんな感じで、撮ってきた1000枚近くの写真から幾つかピックアップして上げていきましょうか。

↓以下、それなりの枚数の写真につき追記にて。

web拍手 by FC2




まず出迎えてくれたのは、ミレゴジさんでした。

ミレゴジさん

上半身のみの特撮プールでの撮影用の着ぐるみであります。
その横には、手塚昌明監督、造形師の若狭新一さん、特撮関連のソフビ人形やフィギュアの製造・販売を行っているM1号社代表の西村祐二さんのサインもありました。

上半身スーツ

会場内に入ると、このテの展示会にはもはやおなじみとなった『宇宙大戦争』のスピップ号、そして『妖星ゴラス』のJX-1隼号、『海底軍艦』の轟天号、『怪獣総進撃』のムーンライトSY-3号を筆頭とした戦艦や宇宙船群、そして敵異星人の円盤などが展示されておりました。

戦艦や宇宙船や円盤

本編映像を観るだけでは見えないミニチュアの細部をじっくり見る事ができ、また、ミニチュアの操演用のピアノ線を引っかけるフック「吊り点」を確認出来るというのも特撮ミニチュアの展示会に於ける醍醐味のひとつであります。

吊り点が確認出来る!

世代的にはやっぱり『平成ゴジラVSシリーズ』に登場していた92式メーサービーム車や93式メーサー攻撃機などを写真に収められたのが良かったっすかね。

メーサーヘリ&タンク

VSキングギドラ』に登場した未来人のタイムマシン・KIDSなど、今回初めて見るミニチュアもありました。

KIDS

変わったところで言えば、サンリオピューロランドのアトラクション内で上映され、現在はゴジラシリーズの映像ソフトの特典で見る事が出来る『怪獣プラネット ゴジラ』の惑星探査艇アース号が展示されていたという点でしょうか。『怪獣プラネット ゴジラ』は東京駅をゴジラ達怪獣が襲撃する作品でもありまして、『シン・ゴジラ』を経た現在となってはまた新たな趣のある作品と呼べるのではないでしょうか。
因みに、アース号は『VSメカゴジラ』に登場した、メカゴジラとの合体機構を備えた戦闘機・ガルーダのミニチュアの改造なのだそうです。

アース号

変わったものついでに、『海底軍艦』に於いて佐原健二演じるムウ帝国工作員が使用した怪しい名刺や、『怪獣大戦争』のX星人の皆さんが着けていたサングラスなども展示されておりましたね。

怪しい名刺とサングラス

珍しいところでは、最近Amazonのプライムビデオでの配信が始まった事で話題になっている、『超星神シリーズ』のヒーローや敵のマスクやアイテム、撮影に使用されたメカのミニチュア等が展示されていたという部分でしょうか。

セイザータリアスの仮面

よく蚊帳の外になりがちのような若干不憫な感じのアレですが、『超星神シリーズ』も「東宝特撮」の仲間ですからね!
TVシリーズでは東宝特撮でおなじみの怪獣やロボによく似た感じの怪獣やロボが登場するし何より劇場版では轟天号も出てくるから、この機会に皆観ようぜ!!!

『グランセイザー』メカ群

さて、歩みを進めていくと……

この飛び人形は……

対メガロ』に登場した、勝手に巨大化する事でおなじみのジェットジャガー!
このヒトはもはや常連ですね。

JJ

そして、常連と言えば……

MG2

メカゴジラの逆襲』に登場した、メカゴジラ2の着ぐるみであります。

メカゴジラ2

共に「般若をモチーフにした」と言われておりますが、こうして並べてみるとよく似た二大ロボットですね。制作時期も近いし、仲良し!

メカゴジラとジェットジャガーでパンチ! パンチ! パンチ!

その他、メカゴジラ2の頭部コンピュータや『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』のミニラが生まれた卵、本展示の撮影用プロップでは最古のものとなるオキシジェンデストロイヤーや『大怪獣バラン』で使用された婆羅陀魏様の御尊顔に『三大怪獣 地球最大の決戦』で使用された小美人のトランクケースなどが展示されておりました。

ODほか

個人的にピックアップしたいのは、『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』に登場したカメーバと、

カメーバ

対ヘドラ』に登場した公害怪獣ヘドラの眼ですかね。

ヘドラの眼

さて、ここからは「怪獣造形」の部門になりまして、怪獣の着ぐるみの製造法の紹介や、着ぐるみ製作には欠かせない検討用ひな形が展示されておりました。勿論、完成した着ぐるみやアニマトロニクス、胸像なども展示されております。

まず目に入ってきたのは、『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』(通称「GMK)の怪獣造形検討用ひな形ですね。『GMK』は企画当初、ゴジラ以外の登場怪獣がバラン・バラゴンアンギラスという面々だったのですが、「地味すぎる!」という事でアンギラスとバランがリストラされ、モスラとキングギドラとバラゴンになった、という経緯があります。
そんな『GMK』に出演出来なかった不憫なバランとアンギラスは「検討用ひな形までは製作された」という話があった訳です。そうして今回実際にそのひな形をじかに見れて、更には写真に収める事もできて、非常に僥倖でありました……。
いやぁ、人生何があるか分からんもんですなぁ。

GMK怪獣ひな形

また、怪獣の頭部も相当数展示されており、かなり近距離からの撮影が可能となっておりました。
怪獣の顔に表情を出す為に着ぐるみの中にメカを仕込む関係上、怪獣の着ぐるみや操演人形は頭部は切り離しが出来るように作ってあったり、或いはアップ用の撮影のためだけに頭部のみ造ったりする訳でありまして、それが転じてこういった機会に頭部だけ持ってきて展示される、という事になる訳ですから、不思議なめぐり合わせであります。
それにしても、冠タイトルを持っているメジャーな怪獣達に混じって、『ヤマトタケル』にチラッとだけ登場して沢口靖子を殺す事に定評のある事でおなじみの海神ムーバさんがしれっと大怪獣の風体をかもしだしていたあたりはポイントが高かったっすよ!

怪獣ヘッド

やっぱり実際の撮影用にで製作されたモノは迫力が違いますね。
そして、それを自分で撮影出来るという喜びもある訳ですよ……ッ!

デストロイア

管理人の大好きなMOGERAも様々な角度から撮れて、大満足です!!

Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type!!

MOGERA!!

このブースに於いて特に目を引く展示と言えば、『ゴジラ×メカゴジラ』に登場したメカゴジラこと3式機龍……に改造される前の初代ゴジラの骨でした。

ロボに改造される前のゴジラの骨

こうして実際に見てみると、尻尾の骨がかなり太い事が分かりますね。

後ろから

さて、歩みを進めていくと、やたら可愛いのが目の前に出てきました。

リトル

いやぁ、やっぱりリトルゴジラはこうやって見ると可愛いですね。実際の『VSスペースゴジラ』を観ると頭身の関係からかやたら着ぐるみ着ぐるみしている感じなんですが、実物を目の前にすると、やっぱり「可愛いなぁコイツ!」という気分になってしまいます。

造形師の若狭新一さん曰く、「リトルゴジラは難産だった」そうで、川北特技監督から何度もNGが出てその度にリデザインとなり、結局検討用のひな形も複数製作されたらしいです。
しかしながらこのリトルゴジラのデザインが、公開以来『VSスペースゴジラ』の批判の槍玉のひとつとして挙げられ続けている訳でありますので、なかなかどうしてやりきれないなぁと、思うところですかねぇ。
こんなにかわいいのに。

リトル検討用ひな形

なお、『ゴジラ ファイナルウォーズ』に登場したミニラも一緒に居たのですが、こっちはやっぱりあんまり可愛くありませんでした。この差はなんなんだ……。

平成のちびゴジズ

そして、ここには若狭さんによる「怪獣着ぐるみ製造講座」的な映像展示と、『ゴジラ2000 ‐ミレニアム‐』で実際に使用されたゴジラの型から取った新造のゴジラの脚を触れる体験展示もありました。
管理人はこれまでの人生でウレタン製の着ぐるみには触れる機会がありましたが、ゴジラは初めてでしたね。ゴジラは案外ブヨブヨとして柔らかく、匂いはゴムに近い感じでした。

触れるゴジラ表皮

さてさて、その奥には84ゴジラのひな形、VSゴジラの立像、そして『シン・ゴジラ』のゴジラひな形レプリカが展示されておりました。

左がVS、右が84

シンゴジ

左から84ゴジ、VSゴジ、シンゴジの順ですが、それぞれのゴジラのコンセプトとしては怖さ、格好良さ、異質さ、といった感じでしょうか。
実際に並んでいるのを見るとデザインの方向性の違いがよく分かります。怪獣造形の奥深さを伺う事ができますね。

三大ゴジラ比較

他にも、当記事で取り上げなかったモノと致しましては、GフォースメカゴジラやGMKゴジラのひな形、モスラ&バトラの操演プロップ、釈ゴジスーツ、モンスターXヘッド、メガヌロンの卵、84ゴジラ着ぐるみ内部機械等、実に様々なミニチュアや着ぐるみ、プロップが展示されておりました。

ビオランテ、メカゴジラ、ゴジラザウルス、ゴジラヘッド

最後は、ミレゴジとレインボーモスラが大型の特撮セットでお見送り。
ミレゴジに始まりミレゴジに終わる、実に綺麗な展示でありますよ!

特撮セット

欲を言えば、特撮博物館で見た、『妖星ゴラス』の重機や『怪獣総進撃』でマンダに巻きつかれていたモノレール、『日本海大海戦』の戦艦三笠などもあれば良かったなぁと思うのですが、まぁ、贅沢な欲求ですわな(笑)。

出口では、若狭新一さんのロングインタビューと中野昭慶監督、鈴木健二監督、神谷誠監督、浅田英一監督、樋口真嗣監督という歴代ゴジラ特技監督のインタビュー、そして間もなく公開のアニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』のPVが1時間ほどの尺のスペシャルシアターとして流れておりました。
色々と貴重なお話や各監督の特撮に対する様々な思いが聴けて良かったっす。


そんな感じで、管理人は大体4時間くらいかけて回ったのですが、非常に楽しいひと時を過ごせたように思います。
昨今は情報化社会になって様々な情報が掌サイズの端末に流れてくる時代でありますが、こうして「撮れる! 触れる!」という体験型の展示に行ってみていつも思うのは、「情報は体験を伴ってこそ初めて意味がある事である」という事であります。「特撮博物館」然り、「ゴジラオーケストラ」然り……。
そういうの、大切にしていきたいですよね。

特撮のDNA展」は、2017年11月5日までの開催となっております。興味のある九州界隈の特撮怪獣ファンは、この機会に是非ッ!
今後も、是非またこうした「特撮博物館」的な催しをやってくれると特撮怪獣ファンとしては嬉しいですね。もっと増えろ、特撮展示会! 目指せ、特撮博物館の常設!!


【関連記事】
【館長】特撮博物館、行ってまいりました!【庵野秀明】 
【館長】特撮博物館・熊本展、行ってまいりました!【庵野秀明】
福岡市美術館、最後の攻防! 「ゴジラ展 大怪獣、創造の軌跡」、行ってまいりました。
「特撮 meets Classics 伊福部昭の世界 ~ゴジラVSオーケストラ~」に行ってまいりました!
元祖特撮怪獣映画 『ゴジラ』
愛すべき大怪獣バラダギ様! 『大怪獣バラン』
天体衝突特撮SF映画『妖星ゴラス』
「錆びついた鎧」とは、何だったのか? 『海底軍艦』
東西冷戦下の時風を色濃く反映したシナリオと、「リアル」に縛られてしまったゴジラ 『ゴジラ(1984)』
一つ一つの素材は良いのに……! 『ゴジラ×メカゴジラ』
ゴジラという名の恐怖と幻想を体現した、まさに現代の怪獣映画 -『シン・ゴジラ』総括!

スポンサーサイト
2017/10/28 19:32|特撮関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1452-a0e17b2c

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。