管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

特撮にとって高画質化は幸せなことなのだろうか? 

と、いう訳でございまして、今年大ヒットした特撮怪獣映画『シン・ゴジラ』のBlu-ray及びDVDの発売日が来年3月22日という事が発表されました。当然のように管理人はメイキングやらプリヴィズ等の特典が付いた特別版を購入するつもりなのでありますが、より高画質化が為された4K Ultra HD版を購入するべきかどうかでちと悩んでいるところであります。
現在のところ管理人はUltra HDを再生する環境では無く、超高画質に耐えうるTVモニタも持っていない為、4K Ultra HD版を購入したとしても観れません。しかし将来的にそういった環境を導入した際にと考えると、あと2000円ほど出して4K Ultra HD版を購入した方が良いのか、それとも……といった感じで悩んどる訳ですが、一方でこういった考えも起きている訳であります。
高画質化したところで、果たして幸せになれるのだろうか?

光ディスクの大容量化技術が進歩した結果、再生される映像は高画質化の道を突き進んできた訳であります。それによって高品質な映像を我々は愉しむ事が出来るようになったとされている訳でございますが、しかしながら管理人はこう思うのであります。
高画質化が高品質化に、必ずしもイコールにならないんじゃないか?
いえね、確かに、高画質でクリアな映像の方が良いという話はありますよ。特に激しく動く画面なんかは低画質の媒体だとノイズになってしまいますし、アニメや3DCGなんかは折角の作画がノイズが入ってしまうと実に残念な気分になってしまう訳でありまして、そういった点から見ると高画質化はやって然るべきであると考えます。
だが、特撮はどうか。

高画質化すると・・・
※VHS版

以前にも当ブログにて「高画質化は特撮の粗を顕在化させてしまう」という旨の記事を度々書いてきた訳であはありますが、それらを要約すると大体、
過去作の高画質化は、ミニチュアがよりミニチュアっぽく見えたり、画質が鮮明になっちゃって戦闘機を吊っているピアノ線が見えちゃったりしてアレよね
という話になりましょうか。
有名なのが『空の大怪獣 ラドン』という怪獣映画でございまして、この映画の特撮表現は1950年代当時としてはかなり凄いモノだった訳でありますが、VHS、LD、DVDと、媒体が高画質化するにつれて怪獣ラドンを吊っているピアノ線がどんどん鮮明になっていって一部怪獣映画ファンが嘆き悲しんだ、という話がある訳であります(笑)。Blu-ray版に至っては高画質化と同時にそのピアノ線をデジタル技術によって消されてしまうという事にもなりまして、その是非がまため面倒くさい特撮怪獣映画ファン界隈の間で議論されるものとなった訳ですが……。
似たような話で、『スター・ウォーズ』の旧三部作の映像ソフトが、新三部作制作に当たって高画質化並びにVFXによる視覚効果増し増し改造を行ったというのがありますか。この是非もSWファンや映画ファン界隈で散々面倒くさい議論になっている訳でございます。……コレは『ラドン』よりも乱暴な例でしたね(笑)。

見えなくても良い部分が!
※DVD版

高画質化で困るのは何も古い特撮映画だけではありません。現代の3DCGをはじめとしたVFXも、高画質化によって画面から浮き上がって見えてしまったり、合成素材の微妙な光源・色調の違いが顕在化してしまう等の問題が出てきている訳であります。
管理人は『トランスフォーマー』や『パシフィック・リム』や『GODZILLA ゴジラ』といったハリウッドの大バジェット予算で制作された特撮映画を映画館で観た訳でありますが、そういった作品をBlu-rayで鑑賞した際、オプティマスやらイェーガーやらゴジラやらが3DCGに見えてしまい、哀しい気分になった訳でありました……(笑)。しかし、映画館で観た時は3DCGには見えず、Blu-rayで観ると3DCG然としてしまうというのはちょいと謎ではありますなぁ。映像のソース自体は殆ど同じ筈なのに。やはり、映写機とスクリーン、スクリーンと座席の間にそれぞれ空間と空気が存在しているというのがポイントなのでありましょうか。
そういった感じだったのでもしやと思い、HDMI接続からRCA接続に変えて強制的に画質を落としてみたら、画質は落ちましたが、ゴジラやKAIJUが3DCGには見えなくなりました。
そういった事があったので、『シン・ゴジラ』でもBlu-ray版で観ると、映画館では3DCGには見えなかった部分が3DCGに見えてしまうという事が、或いはあるのかなぁ、と思いましてね……。

もはややり過ぎ
※視覚効果増し増し版

特撮」の本義に立ち返って考えてみますと、やはり究極的には「本物に見える映像」という事になる訳であります。3DCGやミニチュアワーク、着ぐるみ等に見えない映像こそが、究極の特撮である、と。
ほら、テレビでよくやっているUFOやらUMAやらの特番で出てくる衝撃映像って、大体画質が悪い方がそれっぽく見えるじゃないですか。映像がくっきりはっきりしている方が、かえって嘘くさく見えますよね(中にはホンモノも混じっているんでしょうけど!)。
特撮もそれと同じで、くっきりはっきり高画質よりも多少ボヤけていた方がそれっぽく見えるんです。人間の脳なんて結構いい加減に出来ているもので、画質が悪くて見えない部分は割と脳が「補正」していたりして、ボヤけていた方がリアルに見えてしまう、なんて事が往々にしてあるんですよ。

そういった諸々の事情を鑑みた上で、やはり特撮というのはある程度画質が悪い方が良いという面もあると思うのですよ。画質が良い方が高品質になるという訳では、必ずしも無いのであります。
……ただ、「本物に見える特撮」が完全に実現した時は、高画質化に耐え得る範囲で高画質化するべきではあるんですけどね。
痛し痒しでありますなぁ……。


【関連記事】
ピアノ線は見せるべきか、消すべきか?
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
東宝の本気を観てきたッ!! デジタルリマスター版『ゴジラ』
ゴジラという名の恐怖と幻想、それに立ち向かう日本人。 『シン・ゴジラ』 

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/12/22 07:51|特撮関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1422-367a9a9f

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.