管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『シン・ゴジラ』予告編②公開! やはり、怪獣映画は怪獣の実在感がポイントだッ! 

と、いう訳でございまして、7月29日公開の特撮怪獣映画『シン・ゴジラ』のWeb公開予告編の第2弾が昨日公開と相成りました。
まずはその予告編動画をご覧ください。



4月に予告編第1弾が公開されてからネット上での公式の新予告が出る事は無く、割ともどかしい思いをしていたりもしたのですが、公開まで2週間を切ったこのタイミングでこうして予告編が世に出た訳でありますね。
4月から今までの間に、各種コラボの怒涛の展開やら関連書籍の矢継ぎ早の刊行、衛星チャンネルに於ける過去のゴジラ映画の放送に、各種イベント等、一連の流れを見ると、広く「ゴジラ」が盛り上がっている感じがしてきておりますよね(そうかな?)。他方、1954年の『ゴジラ』で主人公・尾形を演じた俳優の宝田明さんが参院選に出馬するとかしないとか(結果的にしませんでしたが。)で宝田さんが「ゴジラが云々」と発言して一部界隈が剣呑とした雰囲気なったりもしましたが……(笑)。

そんな中で公開されたこの予告編。
コレを見た管理人の率直な感想は、「ゴジラがまるでそこに存在しているかのような映像だ……!」という事になるでしょうか。

管理人が特撮怪獣映画で最も重視するのは、怪獣がそこに存在しているという説得力なんですよね。
特撮演の面でも、地上からゴジラを見上げるアングルやヘリで空撮したようなアングル(実際に空撮しているそうなんですが。)という「人間からの目線」に加えて、造形物をスキャニングして作成されたという3DCGで表現された圧倒的なゴジラの存在感が本当に素晴らしいと思う訳ですよ。これまでのゴジラ映画での実景合成でよく見られた色調の不一致が殆ど見られなかったというのも大きいですね。日本の映画でもここまで色調を馴染ませる事が出来るようになったのか! と。この予告映像を見ると、これまでのゴジラ映画には無いアングルや撮り方もバンバン採用されており、「観た事の無い特撮怪獣映像」という、未知のモノに触れるという興奮が、この『シン・ゴジラ』にはありそうで、否が応でも期待度が高まってしまいます。
ネットの声を見てみると「ゴジラが殆ど棒立ちで全然動いていないじゃないか」という声もありますが、寧ろ何事にも動じない超然としたゴジラ像が提示されており、この点でも管理人は非常に「いいぞ……!」となっていたりもする訳です(笑)。ゴジラはさながら重戦車のような怪獣なので、ドッシリと構えてくれればそれで良いんです。
あと電柱と電線っすよ(笑)! やっぱり好きなんですなぁ、庵野監督は。

また、自衛隊の兵器描写もこれまでの怪獣映画ではあまり見られなかった遠距離からの攻撃がメインで採用されている上に、その火力もゴジラの頭部と脚の付け根や関節に集中させられており、「もし実際に怪獣が出現したら自衛隊はこういう攻撃をするだろう」という考証に基づいた描写が採用されているものと思われます。現代兵器はフィクション世界では簡単に破壊されたりするのではありますが、現実に即して考えると、戦車砲や攻撃ヘリからの砲撃は怪獣の眼や口等のウイークポイントを確実に攻撃できるだけの精度を誇っていたりする訳です。『シン・ゴジラ』ではそういった「強固な自衛隊」というものも描写されるのでありましょうね。
まぁ、「それでもゴジラが倒せない」という映画になっているんでしょうけど(笑)。

自衛隊だけでは無く、政府の対応等も極めて現実に即した考証の元描写されているようでありまして、さながら『シン・ゴジラ』は「現代日本にゴジラが出現したらどうなるのか?」というシミュレーション映画にもなっているようなんですよね。
そういう点では平成ガメラ三部作的な作劇に、或いはなっているのかなぁと。

さて、予告編映像を見た感じだと実景と3DCG表現のゴジラのVFX合成がメインに使用されている感じではありますが、各種インタビュー等では6分の1や4分の1という非常に巨大なスケールのミニチュアワークでの撮影も使用されているとの事。今回公開された予告編の中でも、「ここはミニチュアワークによる表現か?」と感じるカットはいくつかありましたが、「いやいや、実景合成とVFX加工じゃよ」と言われても全く違和感の無い画になっており、本当にSFXとVFXを効果的に使用してリアリティ溢れる映像を創ったのだなと、そう感じるところでありますね。どこがミニチュアワークでどこが3DCGでどこが実景なのか、メイキングを見る楽しみもまたある訳ですよ。

特撮面、怪獣表現に関しては予告編が出そろった現時点ではもはや一点の心配も無いのではありますが、しかしやはり気にかかるのは本編のストーリーであります。予告編を見た感じだと、割と政府の人達がゴジラ対策会議を延々としているような印象があるんですよね。まぁ、確かに政府を舞台にすれば会議会議また会議となるのは必至と言えなくもないのですが。
……まさか『超強台風』の市長ように超人的な総理が現場に出て行って様々な困難を解決していくような作劇にする訳にもいかんでしょうし(笑)。
予告編を見ただけでは物語は「なんかゴジラがやって着て日本がしっちゃかめっちゃかになる」くらいしか分からないのですが、まぁ、ゴジラ映画って大体いつもそんな感じなので、それで良いのかな、とも思ってみたり(笑)。

ただ一方で、管理人のようなゴジラが歩いているだけで「うおおおおおおおぉぉぉぉ!」となるボンクラ特撮怪獣オタクならまだしも、そうでは無い普通の人がこの予告を見て、『シン・ゴジラ』を観に行くのかというと、ちょっと疑問ではあるんですよね。
予告だけでは無くTVCMもバンバン放送されていっているのではありますが、ちょっと「ゴジラ」という存在に頼り過ぎのプロモーションのような気がするんですよ。果たしてこの宣伝戦略でバッチリ非怪獣ファン層まで取り込んで大ヒットとなるのかどうか……。

まぁ、泣いても笑ってもあと1週間と少しでの『シン・ゴジラ』公開。
いまはただ、この映画の成功を祈るのみであります……!


【関連記事】
『シン・ゴジラ』予告編公開! 「現実 対 虚構」というキャッチコピーに見る怪獣映画の真髄
『シン・ゴジラ』の興行収入は、果たしてどのくらい行くのだろうか? という問題についてのお話
「ゴジラは着ぐるみでなければならない。CGでは駄目だ!」という今更な事を言っている人が思いの外多い事に、ちょっと辟易としているというお話
創作作品で描かれる電柱や電線も、見方を変えたらまた新しい発見があるかも知れません。
緻密なシナリオとリアリティ溢れる特撮で撮られた、怪獣映画の決定版! 『ガメラ 大怪獣空中決戦』
爆笑と特撮と謎の感動! 『超強台風』

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/07/20 20:09|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント


いよいよですね
初日に休み取りました

さあ、12年待たされた祭りだっ!!
G・O #EAg74q5Y|2016/07/21(木) 19:22 [ 編集 ]

>>G・Oさん
私もです。

あとは公開まで、心穏やかに待つのみです……!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/07/21(木) 20:36 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1398-a1f8faf1

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.