管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

久方ぶりの全日帯での単独ウルトラ作品『ウルトラマンオーブ』が始まったという話。今回はオカルトテイストで攻めてきますか! 

そんな訳で先週より『ウルトラマンオーブ』が放送を開始した訳でございまして、またこれから2クールの間テレビで怪獣が観れるという事で、管理人も楽しみにしている訳であります。
7月にウルトラの新シリーズが始まるというのも、もはや毎年の恒例行事になってきつつありますなぁ。円谷が順調に元気を取り戻していっているようで何よりでありますよ。いやぁ、まさに「怪獣の夏」っすなぁ。
ゆくゆくは、やはり4クール、1年続くウルトラの復活を願いたいところでありますね。

さて、そうして始まった『ウルトラマンオーブ』でありますが、今回のウルトラマンは「フュージョンアップ」という新概念を持ち込んでの変身になりまして、基本フォームの「スペシウムゼペリオン」は、初代ウルトラマンとウルトラマンティガの2人の力を借りての変身となっています。
これまで「ウルトラマン列伝」で過去のウルトラ戦士たちの活躍を振り返ってきていた流れがあるので、今の子供達にもすんなり受け入れられる土壌ができておりますので、割と良いアイディアのように感じます。

光の力を借りて戦う戦士!
孤高の風来坊でありながら物腰が低いクレナイ・ガイことウルトラマンオーブさん。毎回登場時に名乗り口上を述べる初のウルトラマンでもあります。
しかし、他のウルトラ戦士の力を借りているが故に謎に包まれている「真の姿」も気になるところであります。


ウルトラマンオーブ』の「オーブ」という単語は伊達では無いようで、変身する際やオーブが力を発揮する際に心霊写真によく映り込む「オーブ」のようなエフェクトがかけられたり、カラータイマーが点滅すると憑依(?)しているウルトラマン達が苦しみだすという演出が為されています。
物語の方も前作『ウルトラマンX』のSF調から一転して、オカルトテイストになっているという事が言えるかと思います。超常現象や怪奇現象を専門に取り扱うインターネットサイトを運営している「SSP」の面々がメインの話になり、日本太平風土記という古文書に記された旧時代の妖怪や怪異として記された怪獣達や風水に龍脈の概念の登場、更にはウルトラマンオーブの過去の戦いは明らかにツングースカ大爆発をモチーフにしているなど、一見明るい作風に見えながらも世界観は結構ダークな感じになっていくような気もします。
そう考えると、ウルトラマンオーブことクレナイ・ガイや魔王獣をけしかける謎の男ジャグラスジャグラーは霊能力者で、彼らが使用するウルトラフュージョンカードや怪獣カードはなんだか呪符のようにも見えてきますね。呪文のようなものも唱えていましたし。

そういった作品のテイストで見ると、いつものような防衛チームでは無くオカルトサイトの面々を主軸に持ってきたのは良い采配なんじゃなかろうかと思います。「ビートル隊」という防衛チームがちゃんと存在している世界観というのもポイントですね
予算的な話もまぁ、多分にあるのでしょうけれども(笑)。黒字化したとはいえ、まだまだ円谷は厳しいんじゃよ……。

風ノ魔王獣マガバッサー!
風ノ魔王獣マガバッサー」。上空を高速で移動し、世界中に台風やハリケーン、竜巻を頻発させた恐るべき大怪獣でした。
ただ、「倒されるべき存在」としての描写から、キャラクター性はいつもの怪獣達に比べてちょっと薄いかな、とは思います。


怪獣面では、「魔王獣」という怪獣の新しい呼称を持ち込んでいます。
『ウルトラマンオーブ』の魔王獣は従来の怪獣というよりも「自然災害を引き起こす災厄そのもの」として描かれている感じがありまして、前作での怪獣との共存路線から一転して「ウルトラマンが倒さねばならない存在」として描かれているように思います。
今回は再登場怪獣では無い新規の怪獣も結構な数出て来るようですので、果たして今後登場する魔王獣がどのような能力を持ってどのように大暴れするのか、非常に楽しみでありますね。

特撮面ではミニチュアワークやVFXによる合成等、前作『』に引き続いて凝った特撮演出が堪能出来そうで何よりであります。
第1話のマガバッサーは対戦中も飛んだり跳ねたりの大躍動、第2話のマガグランドキングはビルを破壊するなどの都市破壊描写が目立ちました。怪獣が絶命して爆発する際にも羽毛やメカが飛び散るなど、爆発人形とはまた違う怪獣爆発の形が試行されています。こんなハイクオリティな特撮が観れて、今の子供達は幸せですよ……!
一方で、オーブと怪獣の戦闘による被害を映し出す描写もあり、先述のツングースカ大爆発の件と言い、何かひと仕掛けありそうですね。

そんな感じで、これからまた2クールの間、『ウルトラマンオーブ』が愉しめそうで何よりですね。管理人はリアルタイム視聴は出来たりできなかったりだとは思いますが、半年間、追いかけていきたいと思います。ウルトラマンの番組枠が土曜日になってからはYoutubeでの1週間無料配信も、放送終了直後からになりましたしね。
水木一郎アニキの唄う主題歌「オーブの祈り」も抜群に格好良いですし。よもや2010年代も半ばになってアニキが主題歌を唄う全日帯の作品が出て来るとは思いもしませんでしたよ!
あと、近所の子供がウルトラマンオーブごっこをして遊んでいるのを見かけて、ほっこりするなど。特撮ヒーローはやっぱり子供に受け入れられてナンボっすよ……!


【関連記事】
世界観に歓喜し、客演に感涙、特撮に燃えた2クールだった! 『ウルトラマンX』総括
『ウルトラマンX』の第1話がすごくすごかった話

【関連動画】

変身の際にマンとティガが一緒に拳を上げるの、いいっすよね……。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/07/16 12:55|特撮関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1396-d726c188

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.