管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「特撮 meets Classics 伊福部昭の世界 ~ゴジラVSオーケストラ~」に行ってまいりました! 

連日様々なコラボ企画を展開してきて、「いったいどこまでコラボの輪が広がっていくのだ……!?」と驚愕するところである『シン・ゴジラ』界隈なのではございますが、管理人は昨日、「特撮 meets Classics 伊福部昭の世界 ~ゴジラVSオーケストラ~」というゴジラ関連のコンサートに行ってきた訳でございます。
会場は、映画『ゴジラVSスペースゴジラ』でゴジラによって破壊されたアクロス福岡。こうしてゴジラが破壊した建物にゴジラのコンサートがやってくるというのは、実に感慨深いものでありますなぁ……。
管理人は諸々の事情で音楽には何かと縁があるようでありまして、幼少期の折からコンサートや演奏会にはちょくちょく行ったりする機会があり、アクロス福岡の「福岡シンフォニーホール」にも何度か足を運んだりもしているのではありますが、よもやゴジラ関連のコンサートの為に来る事になろうとは思いもよりませんでした。世の中、何がどうなるか本当に分からないものでありますね。

特撮 meets Classics伊福部昭の世界 ~ゴジラVSオーケストラ~

夕刻、管理人は仕事が終わって急いでアクロス福岡に向かったのでありますが、やはり平日のこの時間(19時開演)だと管理人同様仕事終わり風の方が多かったですね。
客層としてはやはり年季の入ったゴジラファンの中高年層っぽい男性の方々が多い印象ではありましたが、それらの方に混じって親子連れや中高生らしき方々、ゴジラには興味が無さそうな感じの音楽好き風の方々などが、男女問わず来場していた感じでした。特に結構子供が来ていたというのが、実に嬉しいところでありますねぇ。特撮怪獣映画の未来は明るいぞッ!
一方、会場では伊福部昭関連のCDや書籍、ゴジラ関連グッズなどの物品販売も執り行われておりまして、一部特撮怪獣ファンには「インファント島の怪骨」でおなじみの株式会社キャストさんも物品販売ブースを構えていました。……俺も特撮怪獣ファンの世界的な正装「インファント島の怪骨Tシャツ」で来れば良かったかなぁ……等と若干後悔するなど(笑)。
そして、何を示し合わせたでも無く集結する、当ブログでも度々言及している「福岡特撮オフ会」の面々。やはり同じ地域に住む特撮ファン、集う場所は同じなのだなぁ、と。開演までの間や終了後に、「ライブ・シネマ」という形態で観る『ゴジラ』についてや、伊福部音楽についての歓談を短時間ながら行い、さながら「プチ特撮オフ会」の様相を呈しておりました(笑)。

約20年で様変わりしました。
左が、『ゴジラVSスペースゴジラ』でゴジラが破壊するアクロス福岡、右が現在のアクロス福岡です。20年の間に植物が育ったり公園に植樹されたりで、同じアングルでも風景が様変わりしたのでありますなぁ。

さて、19時からの開演。
まずは指揮を務める作曲家の和田薫先生と、ヴァイオリン演奏を務めるNHK交響楽団第1コンサートマスターの篠崎史紀さん、そして特撮怪獣ファンにはおなじみの俳優・佐野史郎さんの三人によるトークショーが行われました。
和田薫先生は伊福部昭先生に師事し、近年では伊福部音楽を広く普及される活動もしていらっしゃるのですが、管理人にとってはアニメ『疾風! アイアンリーガー』や『宇宙の騎士テッカマンブレード』、そして『To Heart』一期の音楽の印象が強いです(笑)。世間一般的には、『犬夜叉』の音楽で有名ですね。
篠崎史紀さんは、音楽好きの管理人の母曰く、「N響の顔」とも言える方で、国内外で様々な賞を受賞された高名な方なのだそうです。
佐野史郎さんはもう怪獣ファンにはおなじみの俳優ですよね(笑)。近年はゴジラあるところにこの男あり、みたいな立ち位置にあるような気がしますが、ゴジラ映画に出演する際は主要人物でなければオファーを受けない、みたいなポリシーがあるようでして(ゴジラ FINAL WARS』は最終作という事で別口だったようですが。)、320人超ものキャストが出ている『シン・ゴジラ』にはその姿を認める事は出来ません。管理人にとってはやはり世代的に、かつて日本テレビ系列で放送されていたTV番組『特命リサーチ200X』の印象が強いですかね。
その三方によるトークは、伊福部音楽との出会いやその魅力について、そしてゴジラとの出会い等を中心に、概ね数十分くらいだったでしょうか。1984年公開の『ゴジラ』の前夜祭的な思い出話もありつつ、九州交響楽団の演奏者の方々の準備も整ったので、いよいよ演奏が始まっていく訳であります。

今でこそ「伊福部昭はゴジラ音楽の人だ!」みたいなイメージが定着している訳ではありますが、伊福部昭先生はゴジラ映画に限らず様々な映画音楽の作曲や演奏会用の音楽の作曲も幅広く担当し、1976年には東京音楽大学の学長に就任。数々の国内外での受賞歴や文化功労者にも顕彰されました。今年・2016年は伊福部昭先生の没後10年という事で、今回の「特撮 meets Classics 伊福部昭の世界 ~ゴジラVSオーケストラ~」が執り行われる事になった訳でありますね。
管理人も伊福部昭先生の音楽CDを買って聴いたりもしているのでありますが、伊福部音楽の真骨頂は、「」の音を根底に敷いたその力強さにあると思うのであります。
いやまぁ、管理人は音楽に関しては門外漢なのではありますけれども(笑)、伊福部音楽は極めて「日本的」と呼べる旋律が組み込まれており、日本人である管理人の耳には実に馴染むというか、物凄い安定感があると感じるんですよね。特に伊福部先生の実質的なデビュー曲となった『日本狂詩曲』の第二楽章「」では、日本の祭囃子そのものの旋律が組み込まれており、管理人は大好きだったりする訳ですよ。一度コレを生で聴きたいと思っているのではありますが、その機会はまだ無く……。
映画音楽としては、『ゴジラ』や『空の大怪獣 ラドン』に『地球防衛軍』、『大魔神シリーズ』といった特撮映画は勿論、06年にもTVドラマ化された井上靖原作小説を映画化した『氷壁』や霞が関ビル建設にかけた男達の尽力を描いた科学技術庁推薦の映画『超高層のあけぼの』といった特撮以外の映画、『柳生武芸帳』や『座頭市シリーズ』といった時代劇映画に、『つばめを動かす人たち』という鉄道ドキュメンタリー映画まで、実に幅広い映画の音楽を担当しています。音楽を担当した映画は300本近くにも及びまして、DVD化はおろかVHSやLDにもなっていない作品も多くあり、その仕事を全て確認するという事は出来なかったりもする訳ですよ(笑)。

今回のコンサートでは、1948年発表の『ヴァイオリンと管絃楽のための協奏風狂詩曲』が演奏されました。篠崎史紀さん曰く、「この曲を一度演奏したら、2時間位手を休めないといけない」との事(笑)。
この曲の第1楽章には『怪獣総進撃マーチ』の旋律と『ゴジラメインタイトル』(いわゆる「ゴジラのテーマ」です。)と同じフレーズ、旋律が使用されており、怪獣ファンや伊福部ファンの間では有名な曲となっております。伊福部先生は同一の旋律をよく転用しており、思わぬところでおなじみの旋律が流れてくる、という事も多々あるんですよね。
因みにこの『ヴァイオリンと管絃楽のための協奏風狂詩曲』については、後年『ゴジラ』が有名になった為に伊福部昭先生も「なんだかゴジラ狂詩曲みたいになっちゃった」と、苦笑していたりもしたそうです。
今回は「ゴジラVSオーケストラ」という事で、「分かりやすいゴジラっぽい曲でありながらも、伊福部音楽の世界を存分に堪能してもらおう」という意図での選曲という事だったのかも知れません。
生で聴けて良かった……!

1954年公開『ゴジラ』の「ライブ・シネマ」!

そして『ヴァイオリンと管絃楽のための協奏風狂詩曲』の演奏が終わり、15分ほどの休憩を挟んだ後に始まったのが、今回のコンサートの目玉とも言うべき、「ライブ・シネマ」方式での1954年公開の特撮怪獣映画『ゴジラ』の上映であります。
尚、『ゴジラ』自体については当ブログでも何回か書いたりラジオ動画として語ったりしておりますので、そちらの記事の方も参照していただければ幸いであります(笑)。

元祖特撮怪獣映画 『ゴジラ』  -怪獣の溜息
東宝の本気を観てきたッ!! デジタルリマスター版『ゴジラ』 -怪獣の溜息
『ゴジラ』実況鑑賞

かつての映画音楽の収録は、演奏者の背後で映画をスクリーン投影し、それを見ながら指揮を行うという方式で行われており、『ゴジラ』もそうだったのですが、今回の「ライブ・シネマ」上映はその再現とでも言うべき演奏形態であったという事が出来るのかも知れません。
で、その感想なのでありますが、やはり「生演奏に勝るもの無し!」といったところでありましょうか(笑)。
ゴジラ』という映画自体がもう60年以上も昔に創られた古い作品である為に音源自体がモノラル音声で、現在出回っている映像ソフトもモノラル音声となっているのですが、それをステレオ化どころか生演奏化ですよ! もう興奮得ざるを得ません。
一番最初のキャスト&スタッフロールのゴジラの足音と咆哮から続く「メインタイトル」で、もうテンションは最高潮でありました。続いての「栄光丸の沈没」は、ちゃんと栄光丸の乗員が吹いているハーモニカも生演奏で作品の冒頭から驚きましたし、芹沢博士の研究室でのオキシジェン・デストロイヤーの実験の時にかかる「水槽の恐怖」は、もう「キコキコキコキコ~ッ!」というイントロで鳥肌が立ってしまいました。
ゴジラが上陸する「品川大混乱」と「ゴジラ再上陸」では、イントロの不気味さが生演奏でより一層引き立っていて嫌悪感すら覚えたほどでしたし、「ゴジラの猛威」は映像の凄惨さと生演奏の相乗効果でとんでもない事になってしまっていました。
逆に防衛隊や海上保安庁がゴジラを攻撃する際に流れる「フリゲートマーチ」や「ゴジラ迎撃せよ」、「ゴジラ追撃せよ」は生演奏で最高に勇ましく感じました。やはり、いわゆる「ゴジラのテーマ」は本来人間がゴジラに立ち向かっていく曲なのだなぁと、実感したしきりであります。
語彙が若干アレな事になってしまいますが、生演奏での「ライブ・シネマ」はいくら文字を費やしたところでその魅力を伝えきる事は不可能だと思いますので、機会があれば是非ご鑑賞くださいとしか言いようが無いんすよね……(笑)。

他方、ゴジラの東京蹂躙シークエンスやゴジラが去った後の一連の病院でのシーン、そしてゴジラと芹沢博士が海中深く消えていくラストシーンでは会場内からもすすり泣きの声が。管理人の隣の席に座っていた、怪獣映画なんかにはあまり興味が無さそうなおばちゃんも、泣いてらっしゃいましたね。
今回の上映で『ゴジラ』に初めて触れるという方も多かったようで、コンサート終了後には『ゴジラ』の感想を口々に言い合っていた方も多々見られました。

そして、『ゴジラ』の「ライブ・シネマ」上映が終わった後には、アンコールとして「ゴジラVSキングギドラ メインテーマ」、「ゴジラテーマ」、「聖なる泉」、「怪獣大戦争マーチ」をメドレー形式で編曲した『SF怪獣ファンタジー』が演奏されました。
もう素晴らしいとしか言いようがありませんよ!
そうして、割れんばかりの拍手と共に今回の「特撮 meets Classics 伊福部昭の世界 ~ゴジラVSオーケストラ~」は幕を下ろしたのでございました。

いやはや、本当に良かったっすよ、「特撮 meets Classics 伊福部昭の世界 ~ゴジラVSオーケストラ~」!
近年は体験型と言いますか、アトラクションとしての映画という価値観も出てきておりまして、この「ライブ・シネマ」方式なんかも、そのひとつのような気もします。生演奏で観るとまた新しい感慨や発見があると、そういう事でありますね。

そして、我が福岡では今回のコンサートに引き続いて7月15日より、福岡市美術館にて「ゴジラ展 大怪獣創造の軌跡」が催される予定となっており、またゴジラの夏を熱くさせてくれるようです。
ついに始まったゴジラの夏、怪獣の夏。益々熱くなっていきそうでありますなぁ……!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/06/16 18:47|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント


こりゃあ、良かったでしょうなぁ。生オーケストラって「バーン!!」って音の物量だけで総毛立ちますもん。
同じようなのを以前YouTubeで「夕日のガンマン」か何かをモリコーネ御大自らの指揮でやってるのを(一部)観たことがあります。
そういうのって考えだけでチビり…いや、涙目ですね。
矢端想 #1h4OZhZI|2016/06/16(木) 21:34 [ 編集 ]

>>矢端想さん
本当に良かったっすよ!
好きな作曲家のコンサートで、しかも大好きな映画をオーケストラによる生演奏ですから、もう死んでしまうんじゃないかと感じました(笑)。
これを機に他にも色々な映画でこういった催しをやると、また面白くなる気がしますね。
海外では『スター・ウォーズ』などでやっているみたいですが。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/06/19(日) 14:47 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1389-386d540f

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.