管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

深夜アニメを観慣れていない人は、女の子しか出ない作品に拒否感を示してしまう……! というお話 

ガールズ&パンツァー 劇場版』のBDが届いてから、管理人はなんだか事あるごとに繰り返し観てしまっている訳ですが、これはちょっと異常なんじゃなかろうかと思うんですよね。仕事で疲れたらガルパン。嫌な事があったらガルパン。お絵かきの作業用にガルパン。取り敢えずガルパン。『パシフィック・リム』のBDが届いた時でもここまで繰り返し再生しなかったっすよ!
どうにもこのような状況になっているのは管理人だけでは無いようで、TwitterのTLでも事あるごとに今日も誰かがガルパンを観ているという事になっている訳でありまして、「2時間=1ガルパン」とかいう謎の単位(用例:1ガルパン分の時間があるからガルパン観よう。)や「ガルパニウム」なる謎の物質(用例:今日の分のガルパニウムを摂取する為にガルパンを観よう。)の登場、果ては「ガルパンBDを買うと無料でガルパンが観れるようになる!」というどう考えても頭のおかしい発言が飛び出したりもしておる訳でございますよ。
仕方ないよね、ガルパンには人生の大切なものが詰まっているですから……ッ!

轟く重低音! 吹き飛ぶパンツァー! 破壊される大洗町! 戦車道、ここに極まれり! 『ガールズ&パンツァー 劇場版』  -怪獣の溜息

頭のおかしいガルパンファン界隈(管理人含むの話はさておき、『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、アクション映画的快感をこれでもかというくらいに詰め込んだ映画であるという事が言えると思います。
実際に管理人のTwitterのTLに於ける映画好きの方々も、『ガルパン』のTVシリーズを観ていた訳では無いけど観に行った、という人は少なく無かったですし、昨年公開のこれまたアクション映画的快感をこれでもかというくらいに詰め込んで鑑賞者たちの脳を破壊した映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と関連付けて「ガルパンは実質マッドマックス」とか「シャーマン戦車やパーシング戦車やチャーフィー戦車、T-28重戦車にはV8エンジンが積まれているんだよ! V8!V8!V8!」等と騒がれていた訳でありまして、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と『ガールズ&パンツァー 劇場版』はかなり相性の良い映画だという事が出来ると思います(そうかな?)。
そういった訳で、BDも出た訳だしと、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を「素晴らしい!」と讃えていた映画好きの知人にそれとなく「ガルパンもいいぞ」と勧めてみたんですよ。

そういえばマッドマックスと同様、アクションを突き詰めた『ガルパン』ってアニメ映画がやってるらしいんですけど、それはご覧になったんですか?

ちょっと興味はあるんだけど、でも殆ど女の子しか出てこないんでしょ? それはちょっと……

その時、電流火花が管理人の身体を走ったッ!
そうなんですよね。深夜アニメの文脈やら何やらと文化的に断絶している人にとっては、「登場人物の殆どが女の子である」という点はマイナスポイントになりかねないという、非常に哀しいお話でございます。
結局管理人も、「ああ、そうっすか」みたいな感じで会話を別の話題に移したのですが、まぁ、ちょっと残念な気持ちになったんですよね(笑)。で、こうやってブログ記事にしている、と。
……またこのアニメオタクと非アニメオタクの感覚的な断絶の話になるパターンっすよ(笑)。

ガルパンはいい!……んですけどねぇ。
管理人は八九式中戦車とアヒルさんチームが好きです!

管理人のような深夜アニメにどっぷり浸かっちゃっている人にとっては割と感覚的な麻痺が起こってしまっていて「えっ、殆ど女の子しか出ていない事に何か問題でも?」等と感じてしまうんですが、そこに慣れていない人にとっては抵抗がある、と。
そりゃまぁ、男性性の排除であるとか、フェミニズム的観点からは云々とか、男キャラを排除した結果百合志向になってきてしまっているとか、単純に傍から見ていて気持ち悪いとか、そういった諸々の角度からの話があるというのもまぁ、分かるんですけれども。

振り返ってみますと、深夜アニメでも00年代中盤頃までは普通に男キャラが活躍したりしているのですが、同時に「こいつ居る意味無いだろ?」みたいな男キャラも多数居たりして、結果的にそういった男キャラを排除していって女キャラだけが残って物語を構成するようになった、という流れがあったりもした訳です。その過程で「登場人物の殆どが女の子である理由付け」がされている作品も多く(ガルパン』もその中の1作品ですね。)、なんだかロボットアニメに於ける「巨大ロボットが人型である理由付け」みたいな様相を呈しておりますなぁ。
アニメという形態を採ってはいても、作品よりも各キャラクター単体を見てもらおうという商品展開を行っている、キャラクターのアイドル化とでも言うべき現象も、10年代に入ってからは増えているような気がしますね。実際に「アイドルアニメ」自体も増えている感じがしますし。

まぁ見事にガラパゴス的な進化を遂げていると言える訳でございまして、そりゃそういった文脈に慣れていない人からすると拒否感を示すというのも頷ける話ではあるんですよね。
しかしながらそうした流れの中で「女の子を出してさえいれば取り敢えずは最低限の売り上げが見込めるから、俺達の好きな事をぶっ込めるんじゃないか!?」みたいな作品もちょくちょく出てきており(ガルパン』もそういった作品群の1作だと思います。)、なかなかどうして油断のならない感じになっていると思うのですよ。まぁ、明らかに女の子とやりたい要素がミスマッチを起こしてアレな事になっている作品もあるのですが……(笑)。
なので、そうした作品を「女の子しか出てこないから」みたいな理由で避けられてしまうというのは実に残念であるよなぁと、管理人などは思う訳でありますよ。

と、ボヤいてみても結局のところは「なんだか気持ち悪い」で一蹴されてしまうのがオチなのでしょうけれどもね……。
不毛な話ですよ、不毛!

【関連記事】
要は、「そう見られている」として行動するしか無い、という話に落ち着く訳なのですが。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/06/12 14:49|アニメ関連雑記TB:0CM:3

コメント


どうも、こんばんはです。

これは以前、飛翔さんが提唱していた「脱特撮」のように
“美少女アニメってジャンルに拘らず美少女キャラを出していける土壌が必要”
ってな事が必要なのかとも思いますが・・・
(それに、同じような事はジャニタレやAKBなんかにも言える現在の日本映画市場ではありますが)

ただ、この記事を拝見してから劇場版ガルパンとマッドマックスの予告編を何回か見比べて自分なりに考えた事は
どうしても可愛らしい女の子が出てくると緊張感が削がれてしまう・・・という事。

マッドマックスの場合はイモータンジョーの異様な容姿をした手下達や滅茶苦茶な改造車が画面に異常な殺気を放っていて、マックスがそいつらに追われているシーンが凄まじくスリリングなのに対して、
ガルパンは戦車を用いた市街戦のシーン(市役所が崩れる所とか鳥肌物)・・・と同時に映される可愛い女の子が緊張感を削いでしまうので、正直“戦車道”って設定を知らないと
「この映画は一体、何をやりたいんだ?」
ってな印象を受けてしまう物と思います。

それに、マッドマックスはそれまでのシリーズの事を差し引いても予告編であの映画の中の世界観やマックスがどんな奴なのか分かるのに、
ガルパンはせめて戦車道についての説明くらい入れて欲しいし、キャラクターも多すぎて誰が主役かも分からないし(下手するとキャラの見分けすら付かない)
まぁ、とにかくそういった要素がガルパンに対する一般的な敷居を高くしているんじゃ無いかと自分は考察しております。
レバニラ #LkZag.iM|2016/06/19(日) 23:21 [ 編集 ]
スヌーピーの空戦はいいぞ!
同じような理由で「どうせ子供・リア充向けでしょ?」という理由でオタクにあまり見られていない「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」

実はこれ劇中でスヌーピーが書く小説の中で繰り広げられるスヌーピーVS宿敵レッドバロンの空中戦の描写が素晴らしいんですよ!
第一次大戦機のソーピースキャメルやフォッカーDrIが空を舞いヒロインは宮崎作品を思わせる巨大な飛行船に囚われたりともうこの世界観だけで映画を一本観たいと思えるくらいに豪華なんです!

キャラの外観やイメージだけで倦厭してしまうのはオタクも同罪だと思います

まずは偏見を捨てて富野監督の口癖である「すべからくいい作品を見て自己訓練すべし」を徹底するしかない!

匿名様 #001se2J2|2016/06/21(火) 06:20 [ 編集 ]

>>レバニラさん
どうもです!

そもそもの話として『ガルパン劇場版』がTVシリーズとOVAを観た人に向けての作品でもあるので、勧め方も問題があるのかぁ、と。
それ以上に頭をからっぽにして愉しめる映画として仕上がってはいるんですけどね。

Twitterの方ではこの記事は結構賛同していただけたようではあるんですけれども、しかし難しい問題だと思います。


>>匿名様
ドラえもん映画やクレヨンしんちゃん映画で時折物凄い作画が出たりする、あの感じですよね。
観ている人は観ているのですが、問題はそれをどうやって他人に観てもらえるようにできるのか、という事にもなってくる気がします。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/06/22(水) 18:05 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1387-562c37cd

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.