管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「ゴジラ対エヴァンゲリオン」と、「仮面ライダー放送開始45周年」 

先日の「ゴジラ対エヴァンゲリオン」を無性に描きたくなって、つい勢いで描いてしまったというアレです!

ゴジラ対エヴァンゲリオン!

いやぁ、シン・ゴジラを描くのは思いの外愉しかったっす。『シン・ゴジラ』に於けるゴジラの身長は118.5m、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズに於けるエヴァ初号機の身長は80mなので、その設定で対峙したらこれくらいの体格差になるのではなかろうかと。テレビシリーズ&旧劇場版仕様(こっちは、40~200mという身長設定で、割と場面の見栄え重視で可変するので、この絵でも設定通りと言えば設定通りなのですが。)のカラーリングにしてしまったのは間違いだったかな……。
あと、YAGR-3B描きたかったのよ、YAGR-3B。

ゴジラ対エヴァンゲリオン!? 何故、『シン・ゴジラ』の総監督に庵野秀明なのか ‐怪獣の溜息

その昔、2ちゃんねるのエヴァ板には「ゴジラVSエヴァンゲリオン」というスレがあり、割と皆真剣にゴジラとエヴァが戦ったらどうなるのかという検証が行われていたものじゃ……。何もかもみな懐かしい……。
先程、エヴァ板を覗いてみたら、「ゴジラVSエヴァンゲリオン」のスレがあったので「おおっ!」と思って覗いてみたら、どうやら先のエイプリルフール企画の後に立てられたようで、ちょいとがっくしであります。

ゴジラとエヴァが本当に戦ったとすれば俊敏な動きが出来るエヴァの方が有利かと思われますが、エヴァの攻撃が脅威の生命力を誇るゴジラに通るのかという問題があります。取り敢えずパレットライフルでは無理でしょう。
格闘戦は、体重のあるゴジラの方が優位に立てるか……? とすれば、近接戦闘に於いてエヴァは、プログナイフを突っ立てて突進するのが一番のような気がします。
或いは、ポジトロンスナイパーライフルで遠距離から狙撃が一番安全な気もしますが、ゴジラもゴジラで大気圏外の敵を放射熱線で狙い撃ったりしますからねぇ……。
ゴジラの放射熱線をA.T.フィールドで防げるのかという問題もあります。大気圏外から落下してくる巨大な使徒を受け止めるだけの力があるので、放射熱線程度なら防げるような気もしますが、庵野監督が「いや、ゴジラのバーンスパイラル熱線ならA.T.フィールドを貫通する事も可能だ!」とか言い出しそうな気もします(笑)。

まぁ、ゴジラ対ガメラ然り、ゴジラ対ウルトラマン然り、マジンガーZ対ガンダム然り、ヤマト対マクロス然り、「夢の対決」というのはアレコレ思案するのが愉しいんですよね。

さて、もう1枚。
本日4月3日は、『仮面ライダー』の放送開始日であり、今年は45周年という事になります。
という事で、これまた勢いで描いてしまった新1号。

仮面ライダー

先日、現在公開中の『仮面ライダー1号』を観に行ったのですが、管理人は思わず感涙してしまいました……。
やはりライダーは、本郷猛は、俺の中の心のヒーローであり続けているのだなぁと心底痛感したしきりでございますよ。まぁ、『仮面ライダー1号』自体はあまり他人にオススメできるような映画じゃ無かったのですが……(笑)。
ブログ記事として感想を書くかどうか、ちょいと悩む所でもあります……。

【仮面ライダーの】でもやっぱり『仮面ライダー』と言ったら、本郷猛と一文字隼人、そして滝和也、なんだよなぁ……。 ~映画『仮面ライダー1号』公開にあたって~【思い出】 ‐怪獣の溜息

兎にも角にも45年というのは、管理人がこれまで生きてきた年数の2倍近くの年数であります。
それだけの本郷猛の、藤岡弘、の重みが感じられた映画でありました。


そんなこんなでお絵かきしていたら休日が終わっちゃったじゃないすか! やだー!
お絵描きするのは非常に愉しいのではありますが、如何せん時間がかかってしまうというのがネックでございますよ。
市街地に怪獣が出現している絵も、3時間くらいでパパっと描く事が出来たら良いんですけどねぇ……。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/04/03 20:54|落描き的なアレTB:0CM:2

コメント

そのとおりなんですよねー・・・
こんばんは。

わたしは「1号」を先週見て来たのですが、飛翔さんが_

>>あまり他人にオススメできるような映画じゃ無かったのですが……

と、書いておられるとおりの映画だと思いました。本編中僅かに含まれていた激アツ成分(全体の5パーセントくらいだったでしょうか)だけでなんとか納得して帰ってきたような感じでしたね(^_^;)

そしてこの「納得」の要素は昭和ライダーに深く首突っ込んだ人じゃないと味わえない物なんじゃないかとも思っています。
しろくろshow #-|2016/04/04(月) 19:56 [ 編集 ]

>>しろくろshowさん
毎年春のライダー映画はあまり他人にオススメできるような感じでは無いのですが、今年の『1号』はそれらと比較して「食える」作品だったように思うんですよね。

やっぱり近日中に感想記事を書きたいと思います(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/04/07(木) 01:27 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1374-cc00cc19

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.