管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

これからの怪獣映画には、何が必要なのか? 

先日の『パシフィック・リム』地上波初放送を観て、管理人は「やはり怪獣映画は良いなあ」という事を再認識致しました。怪獣映画はいいぞ。
折しも今週末には『劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』が公開されますし、さながら2016年の春は、「怪獣の春」とでもするべきなのかも知れません。夏には『シン・ゴジラ』が公開しますし、公開時期は不詳ながらも『クローバーフィールド』のスピンオフ映画も公開されるという話もあります。今年は怪獣の1年ですぞ!!(このところ毎年言っている気がしますが。)
国内外でどんどん怪獣作品が盛り上がっている感のある昨今。そこで本日は、「これからの怪獣映画には何が必要なのか?」という事について、少し考えてみたいと思います。

ぶっちゃけた話をしますと、もう「怪獣映画」でやる事なんて無いんじゃなかろうかと思うんですよね。いや、ネタ切れとかそういう話では無く。
我が国に於いては、1954年の『ゴジラ』以来、実に多種多様な「怪獣映画」たちが、我々の前に姿を現しました。怪獣映画はその時代を映す鏡のようなものであり時代の表象であるとも度々言われるのではございますが、しかしながら時代が進んで娯楽がどんどん多様化する中で、世間一般的には怪獣映画は、その求心力を失ってしまった訳であります。
求心力を失ったという事はある意味では、日本では怪獣映画はその役目を終え、静かな眠りにつく段階にあるのではなかろうかと、そういう風にも思うんですよ。ゴジラもガメラも、もう海の底で長い眠りについていた方が幸せなのかも知れない・・・。

しかし一方で管理人も怪獣映画ファンな訳ですから、新作の怪獣映画が観たい! という欲求もまた、ある訳ですよ。
もう怪獣がその辺を歩いているだけの映画でも良いんだ! 俺に怪獣映画を見せろ! と(笑)。
矛盾であります。甚だしいアンビバレンスでございます。
でも、しょうがないよなぁ・・・。

さて、怪獣映画の何が魅力的なのかというお話は以前こちらの記事でも書きました。

怪獣映画の魅力とは ‐怪獣の溜息

日常空間に圧倒的な非日常的存在が存在しているというカタルシス。そして、その圧倒的な非日常的存在が日常世界を徹底的に破壊する。ビルを、家を、街を。もはや怪獣を止める存在はどこにも居ないのだ。
それが、怪獣映画の大きな魅力であると管理人は信じております。異論はあるでしょうけれども。

怪獣映画は破壊ですよ、破壊!

そして、怪獣映画ではその「破壊のカタルシス」を表現する為に、様々な特撮技法が用いられている訳でございます。1954年の『ゴジラ』が大ヒットを遂げた背景には、(当時に於ける)その特撮技術の高さというのが、ひとつにはあった訳ですよ。
ゴジラ』以来、怪獣映画はその時代に於けるあらゆる特撮技術を総動員した映像作品であり続けております。国内作品にしても作品国外作品にしても。いわば、怪獣映画は特撮技術のバロメーターという側面があるんですよね。
圧倒的な破壊と高い特撮技術。それが怪獣映画の一番の醍醐味なのであります。

しかし残念ながら現在に於いては、「破壊シーンの特撮が凄い」というのはもう怪獣映画を観に行く理由たり得ません。
今やVFX技術が格段に進歩し、十分な予算とスケジュールを組めばミニチュアや3DCG、合成等の様々な特撮を駆使したダイナミックな破壊表現をする事が可能になった訳でございます。それ故に観客側も目が肥えてしまって、それが「当たり前」の映像となってしまっているんですよね・・・。恐るべき事であります。

怪獣自体に求心力は無く、その上特撮を駆使した破壊表現にすら求心力が無いとしたら・・・。もはや怪獣映画に立つ瀬は無いじゃないですか!
怪獣が格好良い」とか「怪獣が可愛い」とか、そんな事言っているのは管理人のような一部の怪獣ファンだけですし・・・。
もはやマニア向けに閉じたコンテンツとなるしか道は無いのか・・・。

・・・これからの怪獣映画に本当に必要な事は、もしかしたら「宣伝・広告」なのかも知れません。
身も蓋もない話になってきちゃいましたが、しかし「特撮ファン」を自称しているような人でもゴジラが東宝制作なのか東映制作なのかという区別がついていない人が居るような現状、世間一般に於ける怪獣映画の認知が、何よりもその急務であると言える訳ですよ。管理人の周囲でも、非怪獣ファンの人は、「えっ、今年日本の新作ゴジラがやるの? 知らなかった」という感じの反応ですしなぁ・・・。
怪獣という存在の周知徹底。80年代から90年代のゴジラ復活に際しても、様々な宣伝戦略が打たれ、怪獣映画が毎年公開されるようにまで怪獣が復権していった訳であります。あの頃以上に日本に「怪獣」の影が無いこの2010年代の世の中ですので、もう生半可な宣伝では駄目でしょう・・・。

然らば、今夏公開予定の『シン・ゴジラ』では用意周到で着実な宣伝を打たねば、いくら内容が良くとも、いくら特撮に迫力があろうとも、ヒットする事は難しいでしょう。
シン・ゴジラ』が興行的に失敗してしまうと、ゴジラ映画を日本で制作する意義が疑問視されてしまいかねませんし、延いては折角の怪獣復権の気運を潰してしまう事にさえもなってしまいます。
宣伝を含めた『シン・ゴジラ』の成功を願ってやみません。頼むぞ、東宝・・・!

内容は兎も角まず宣伝。それが、これからの時代の怪獣映画に必要な事になってくるのではないでしょうか。
しかしそれは、「内容がどうであれ宣伝さえ上手くいけば興行的な結果が出る」という、それはそれでどうなんだという話にもなってくる訳で。この辺りは、日本で映画離れ・映画館離れが加速度的に進んで行っているという話とも関連してきそうですが。
何にしても、もはや「内容よりも宣伝だ!」というようになってしまうというのは、なんとも哀しい話ではありますまいか・・・。


【関連記事】
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
『シン・ゴジラ』に対する期待やら不安やらについてのお話
『劇場版 ウルトラマンX きたぞ! われらのウルトラマン』に期待を寄せる話

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/03/07 20:58|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント

怪獣に対する感情移入では?
まあ、キングコングやガメラをゴジラと決闘させる路線は単発でしか効果はないでしょう。

例えばVSシリーズは相当な成功を収めてはおり、玩具等のグッズは人気を博しており、現代でもその関連商品は需要を持っている。特にジュニアの成長過程に評価できるかと思う。年少層や女性には感情移入できたのでは?
もし素直にジュニアを主役に出していれば、VS時代の視聴層と新規の年少のファンを取り込めていたかなと思うのです。人間の敵ではないゴジラもありだった。

そこは怪獣に対して観客が感情移入できることが重要かと思います。
TT #-|2016/03/07(月) 22:21 [ 編集 ]

>>TTさん
VSシリーズが多くの集客を達成できたのは、ひとつには年末の公開を一大イベントにして、それを前提として様々なプロモーションを打っていたというのも大きかったと思います。
雑誌展開やTV展開も然ることながら、映画の舞台となる場所での大々的なプロモーションも行っていましたしね。

やはり、作品の内容以上に、宣伝戦略をしっかりとやる事が大切なのではなかろうかと、そう思うんですよね。
怪獣の認知の無い現在だと尚更に……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/03/10(木) 20:03 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1366-b6e649a1

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.