管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『パシフィック・リム』に一番共通項の多い日本の作品は、『神魂合体ゴーダンナー!!』だッ! 

そんなこんなでいよいよ明後日に迫った、特撮怪獣ロボット映画『パシフィック・リム』の地上波初放送でありますが、管理人も酔狂なもので地上波放送に向けて予習と称してパシリムのBlu-rayで鑑賞していたりもする訳でございます。管理人は劇場公開時には二桁回ほど『パシリム』を観る為に映画館に通ってしまったのですが、まあ、何回観ても素晴らしい作品ですよね。あの夏は熱かった・・・。
管理人がここまで『パシフィック・リム』という映画にハマり込んだのは、やはり古今東西様々な特撮怪獣作品やロボットアニメを観ていたからに他ならないのでしょう。『パシリム』の中にはありとあらゆる怪獣作品やロボット作品のエッセンスがこれでもかと詰め込まれており、それがハリウッドの最先端特撮で、しかも200億円超の予算で制作されていたという感動が、ある訳でございますよ。
俺達が見慣れた、しかし全く新しい映像」が、『パシフィック・リム』の中には確かに存在していたのであります。だから、怪獣が出てきたりロボが発進するだけで感涙しちゃう(笑)!

さて、そんな感じで様々な日本の特撮的アニメ的エッセンスの宝箱のような『パシリム』ですが、「じゃあ、日本の作品で『パシフィック・リム』に一番近い作品って何なんだ?」と訊かれますと、管理人は迷わず『神魂合体ゴーダンナー!!』というタイトルを挙げます。
いや、世間では『パシリム』に近い日本の作品としては『新世紀エヴァンゲリオン』がその筆頭に挙げられ、今回の地上波放送のテレビCMなんかもエヴァテイストのものだったりしますし、ロボットアニメ・特撮ファン層からは『GEAR戦士電童』であるとか『ジャンボーグA』といった作品がよく挙げられます。
パシリム』に於けるイェーガーの操縦システムなんかはジャンボーグAっぽいですし、電童に至ってはイェーガー同様のシステムの上に2人の息を合わせる方式の操縦形式であり、絵面的には完全にイェーガーの操縦風景と一致しています。更に、この2作品の敵は概ね怪獣ないし怪獣型のロボットでしたので、怪獣と戦うイェーガーともその姿が被ります。
エヴァは言わずもがな、ジャンボーグも電童も放送当時の子供達に深く印象付けられた名作ですから、『パシリム』を観てこれらの作品を想起する人が多いのも頷ける話でありますよね。

イェーガーによく似た操縦システムなロボ

翻って、『神魂合体ゴーダンナー!!』はどうか!?
・・・いや、どうかも何も無いっすわなあ。『ゴーダンナー』は昨今並み居る深夜アニメの1作品に過ぎず、放送終了後の展開も「スーパーロボット大戦」シリーズに数回参戦した程度ですから、エヴァや電童、ジャンボーグに比べたらまあ、マイナーな作品ですよ。パっと出てくる人はあまり居ないのでは無いのかなあ・・・。
しかしながら、やはり管理人は、「『パシフィック・リム』に最も近い作品」として、『神魂合体ゴーダンナー!!』を推すのであります。
試しに、『パシフィック・リム』と『神魂合体ゴーダンナー!!』の共通している点を箇条書きにして並べてみましょうか。

・全世界中に正体不明の怪獣が突如出現し、人類は滅亡の危機に瀕している
・怪獣は海から進撃してくる
・度重なる怪獣の出現に対抗する為、人類は巨大人型兵器(ロボット)を建造
・ロボットは、全世界中に配備され、ロボットの整備等が行える基地も各国に建設された
・国柄を反映させたような、個性豊かなロボット達
・ロボットは基本的に兄弟や夫婦等近しい間柄の人間による2人乗り
・主人公機は旧式で、格闘戦を得意としたスタイルの戦闘を行う
・主人公は過去の戦いで相方を喪い、そのトラウマから長く前線を離れていた
・怪獣が出現すると一般市民はシェルターに避難する


ほら、思いつくだけでもこれだけの共通項があるんですよ・・・! 1作品だけでここまで『パシリム』と共通項が多いのは、いくらロボット作品多しといえども『ゴーダンナー』だけです。
これはもう、『パシフィック・リム』は『神魂合体ゴーダンナー!!』の実写映画版と言ってもおかしくないレベルではなかろうかと・・・ッ(笑)!

作品自体がよく似た両者

パシフィック・リム』も『神魂合体ゴーダンナー!!』も、怪獣やスーパーロボットが大好きな人達によって創られた作品であります。
両者とも、過去の怪獣・ロボット作品をオマージュするに当たって、「怪獣とロボットが殴り合う作品が作りたい。→でも、怪獣が日本やアメリカだけにやってくるというのは現実的では無いよね。→だから、各国でロボット達の戦いが繰り広げられているという世界観にすれば良いんだよ!」というプロセスを経て、その世界観が構成されているんですよね。いわば、「怪獣(=使徒)が日本(=第3新東京市)にしか襲来しない」という事から世界観を創った『エヴァ』の向こう側をいく世界観設定であると言える訳です。
パシフィック・リム』の企画に際して『ゴーダンナー』が意識されたのかどうかというのは定かではないのですが、結局怪獣やロボットが好きな人達が究極的に行き着いた先が、こういった世界観だったのかも知れません。そう考えますと、怪獣好き、ロボット好きは、国境を越えた魂レベルのエッセンスをその身に宿しているとも言えまして、感動すら覚えてくる訳でございますよ・・・ッ!
世界は人と繋がる事で変えられる!」、「最後の武器は愛だ!」、という作品のテーマはまた別々ではあるんですけどね。

そんな感じで、日本の怪獣・ロボット文化の影響を色濃く受けた特撮超大作映画『パシフィック・リム』の地上波放送、日本人が観なくて何とする!
という事で、3月5日午後9時からは、テレビの前に正座っすよ!


【関連記事】
僕達はこんな怪獣映画を待っていた!『パシフィック・リム』
忘れるな、最後の武器は愛だ!『神魂合体 ゴーダンナー!!』

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/03/03 18:49|アニメ&特撮混合雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1365-966e2f2f

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.