管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

俺のオタク遍歴 

どうも、当ブログ管理人飛翔掘削であります。

最近は色々とオフ会等に参加したりTwitter等でやりとりしたりするにつけ、自分が割と同世代のオタクの人達とは異なる趣味をしているなぁと痛感するしきりだったりするのでございます。管理人の嗜好が専ら古い作品に偏っているのは何故なのか、と(笑)。
どんな場所でも何かにつけてとにかく「濃い」と言われる管理人ではあるのですが、自分ではそうは思わないんですけどね・・・。もっと濃い人は沢山居る訳で、管理人などはまだ浅い方だと思うんですよ。
しかしまぁ、こんだけ言われている訳ですので相対的に見たら管理人は確かに「濃いオタク」であるのかなと。

そこで自分のオタク遍歴というのを書くのも面白いかなと思いまして、当記事を作成する次第であります。これまでに管理人のオタク遍歴について言及している記事はちょくちょくありますけれども、俯瞰的に遍歴を見るという試みは当ブログ始まって以来の事ではなかろうかと。
必然的に自分語りになってしまいますので、「そんなん興味ねーよ!」という方は「戻る」推奨であります。
それでは、宜しくお願い致します。

※自分語りにつき、以下、追記にて・・・。

web拍手 by FC2




管理人は平成2年生まれではありますが、まぁ兎に角昭和の作品とかを好んで観る人になってしまいました。
原因はハッキリしています。親族です。
管理人親族は、父は鉄道ファン(撮り鉄)であり、管理人の祖父はミリタリーマニア(艦艇主体)、伯母がウルトラマン好きというような構成だったりする訳でありまして、まぁ、親族達に「その気」が無いにしても必然的に様々な知識が流れ込んできてしまう訳ですよ(笑)。
特に幼少期は両親と一緒に色々な場所へ鉄道を見に行きましたし、家には鉄道関連書籍がズババンと並べられていて、それを絵本代わりに読んで育ったりもしていた訳です。プラレールやトミカに加えてNゲージを走らせて遊んでいたというのは、まぁ、我ながら結構な子供だったなぁ、と。
そして祖父母宅に行けば、様々な軍事関連書籍や軍艦や戦闘機の模型が並べられており、それらを読んだり戦時下の兵器の映像が記録されたビデオなんかを観たりしていて色々と知識を身に着けていったのでありました。戦艦大和の全長と基準排水量をソラで言え、更には軍歌も普通に歌えるという、非常にアレな子供だったのだなぁ、と・・・。
もう管理人の親父と爺さんによる英才教育が半端無ぇよと、そういう事でございますね。
今考えると、この環境で管理人が鉄の道やミリタリーの道に進まなかった事が以外と言うかなんというかですかね。その道の「オタク」とまでは行かなくとも、「ミリタリー好き」、「鉄道好き」にはなっていますけれども(笑)。

さて。
幼稚園に入った頃あたりに、先日の記事で言及したように、深夜に『仮面ライダー』の再放送が始まり、それを録画してもらって兄弟でテープが擦り切れるまで観るようになった訳です。
当時はちゃんと管理人達の世代に向けた『特捜ロボ ジャンパーソン』や『ブルースワット』、『重甲ビーファイター』あたりが放送していた筈なのですが、どうにも印象が薄いんですよねぇ・・・。やっぱり本郷猛、一文字隼人、風見志郎(続けて『V3』の放送もやっていましたので。)が「俺の心のヒーロー」という印象が強いのです。
他にも、管理人がテレビ放送で観てしまった昔の作品としては、『惑星大戦争』に『マタンゴ』、『空の大怪獣 ラドン』といった往年の東宝特撮映画から、『人造人間キカイダー』、『宇宙鉄人キョーダイン』、『超人バロム1』といった往年の東映ヒーロー作品があった訳であります。
いや、これは本当に再放送だったのか? 両親と一緒にレンタル店に行って借りてきたビデオだったんじゃないのか? という疑問はありますが(帰ってきたウルトラマン』は父がLDを全巻買い揃えており、これは今でも実家にあるのですが。)、兎にも角にも様々な昭和の特撮・ヒーロー作品を浴びるように観るという幼少期を過ごした訳ですね。

心のヒーロー仮面ライダー

いや、特撮だけではありません。特撮と同じくらい昔のアニメを浴びるように観ていたのであります。
未来少年コナン』、『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』、『太陽の使者 鉄人28号』、『マジンガーZ』・・・。
これらは恐らく再放送では無くレンタル由来だと思います。後述のように大学の頃にこういった作品群を観直す事になるのですが、結構幼少期に昭和のアニメを観ていてびっくりしてしまったんですよね(笑)。「あっ、これ昔観たヤツだ!」となったケースは数知れず・・・。
親が特に「アニメオタク」や「特撮オタク」という訳では無い筈なのにこのような英才教育が施されてしまうとは・・・。
恐らくは親が「今の知らない作品よりも昔観ていた作品の方が安心して子供に観せる事が出来る」という判断を下した結果なんじゃなかろうかと思うんですよね。
特に『宇宙戦艦ヤマト』は親が大好きだったという事もあり、全シリーズを観せられております。ヤマトが何度も沈んだり古代達主要登場人物が死んだりしているのに無かった事にされてパラレル設定で続編が作られていっていたという事を知るのは中学の頃なのですが、幼いながらに割と混乱した記憶がありますね(笑)。

一方でこの時期は年に1回年末にゴジラ映画が公開されていた時期でもありました。
当然のように管理人はこのゴジラ映画を親に連れられて観に行っていたのでありますが、もう毎年毎年繰り広げられる大怪獣バトルに釘付けでありますよ。
特に『ゴジラVSスペースゴジラ』には大変な感銘(主にMOGERA)を受けまして、同作品は管理人の巨大ロボットと怪獣という嗜好を決定付ける大変な作品と相成った訳であります。良かったんだか悪かったんだか・・・。
そんな感じで、平成ゴジラVSシリーズと平成モスラシリーズ、平成ガメラシリーズは、管理人にとっては怪獣映画原体験だったと言えるんですよね。
映画的な粗があったり色々と上の世代からはなんのかんのと言われてはいますけど、やっぱり好きなんですよ、平成VSシリーズ・・・。

そして、小学校に上がる頃には『ウルトラマンティガ』が放送開始となる訳でございますよ。
昭和のウルトラマンはどんなに再放送やレンタルビデオで観ていたとしても、それは「昔テレビでやっていた面白いヒーローもの」という認識でしか無かった訳です。しかし、『ウルトラマンティガ』が放送を開始してしまった事により、ウルトラマンが「自分達のもの」になった。
この感覚は本当に衝撃的でありました。タイプチェンジで怪獣と戦い、従来からのミニチュアワークだけで無く3DCGも駆使されるウルトラバトルは、管理人の子供心を鷲掴みにして離しませんでした。
そうして『ダイナ』、『ガイア』と続いて、まぁ、楽しく観てはいたのですが、そろそろこういう子供向け番組を観るのもやめないといけないかなぁ・・・という頃に今度は『仮面ライダークウガ』ですよ!
これまた「仮面ライダーが昔の作品じゃ無く僕達のものになってしまった!」という衝撃と、警察とライダーが共闘したり怪人が訳のわからない言語で会話していたりするリアル路線の作劇にすっかり引き込まれてしまったのでありました。「最初の敵怪人が蜘蛛」という事に感慨深くなる子供というのもそれはそれで嫌ですが(笑)。
そうして『アギト』を経て、しかししかしもうすぐ中学生だし今度こそヒーローものを卒業するぞという時に『仮面ライダー龍騎』が放送開始しちゃうんですよね(笑)。
龍騎』は複数人の仮面ライダーが自分達の正義を貫く為に互いに殺し合いを始めるというなんとも衝撃的な作品であり、それは確かに、「こんなの仮面ライダーじゃ無い!」と感じたのではありますが、同時に「何だこれ滅茶苦茶面白いじゃねぇかッ!?」とも感じてしまい・・・とうとう特撮ヒーロー作品から卒業する機会を失ってしまったのでありました♨
いやもう、あんなんに出てこられたら駄目ですって! 留年です、留年!

それで中学生になった管理人でありますが、ここからちょいと辛い感じのアレに突入する訳ですよ(笑)。
管理人は小学校の低学年頃に転校してきたのでありますが、なかなか周囲と馴染めなかったというか、転校してきたが故に完全に村八分みたいな状態になっちゃいまして、周囲から無視されたり教科書を隠されたり文房具を窓から捨てられたりといった仕打ちを受けてきた子供だったりもした訳です。登校してきたら机の上に花瓶が置いてあった日には、もう不登校になりかける勢いでした・・・。そうした鬱屈した思いを晴らす為か、漫画などを描くようになったのもこの頃でしたか。しかし今になって考えると、まぁ管理人にも色々といじめられるような要因があったような気もしますえれども、まぁ、まぁ。
それでも、小学校高学年にもなればそういった事も無くなってきたのですが、中学に上がったその日、同じクラスになってしまった、かつて管理人をいじめていた筆頭人物であったA君が「これから1年間、お前をいじめ抜いてやる」と、管理人の耳元で言ってきたんですねぇ。
後はもうヤバいっすよ(笑)! 管理人の机がごみ箱になったり、水泳の授業でパンツが消えたり、給食の器が帽子になったり・・・。いやぁ、散々な日々でした。それでも部活が楽しかったという事もあって不登校にはギリギリならなかった訳ですが、まぁ、管理人は陰鬱な中学生生活を送っていた訳であります。

そんな中学2年生の折、始まってしまったのが『新世紀エヴァンゲリオン』の再放送でありました。
恐らくアレは衛星放送だかケーブルテレビだかのヤツだったと思うのですが、何の気無しに観始めていたんですよね。そしたら、なんだかよく分からないエンディングを迎えてしまって、頭の中に?マークが幾つも浮かんできた訳です。
そうしてそのまま旧劇場版も観たのですが、その中の「生きていればどこだって天国になる」という台詞に物凄い感銘を受け、どこだって天国なんだという気でいればいじめられようが何だろうが関係ねぇと、そういう気になってきた訳でありまして、まぁ、そういった態度の変化もあっていじめは無くなり、部活で大会にも出て、彼女も出来て、愉しい中学3年生生活を送った後、高校へと進学に到る訳であります。なんという順風満帆な人生ッ! いや、志望校には落ちてたりしますが・・・。
因みに、そのA君(とその取り巻き)とは後の同窓会にて深々と頭を下げられ、「あの頃は本当に悪かった」という旨の謝罪の言葉をいただき、歴史的な和解を果たする事にもなった訳です。
あと、同窓会では別れた元カノと顔を合わせるのが凄く気まずかったです!

いやぁ、エヴァはヤバいっすよ、色々と。観たのが中2の頃だからもうヤバいハマり方をしてしまった訳ですよ。この作品のせいで管理人は救われたと同時に完全に人生が狂ってしまいました・・・(笑)。
そして「アニメは面白い!」と認識してしまったが故に、当時放送中だった深夜アニメなんかにも次々に手を出してしまう事になり、もう後はズブズブですね・・・。
高校の頃には気の合う友人らとアニメ談義も弾みましたし、そんな中で放送が開始した『涼宮ハルヒの憂鬱』からライトノベルも読むようになって、そこから読書繋がりでラノベに限らず古今東西様々な小説にも手を出してしまう事になる訳です。

年に1度のゴジラ映画は、さながらお祭り騒ぎでした。

その一方で幼少期から慣れ親しんでいたゴジラ映画が『ゴジラ FINAL WARS』をもって一旦終了となり、ウルトラの方も『ウルトラマンメビウス』を持って一旦テレビから姿を消してしまいます。
怪獣モノが無くなってしまって非常に寂しい思いをしながら大学へ進学したら、今度はデアゴスティーニから「東宝特撮映画DVDコレクション」なる隔週刊DVD付きマガジンが刊行されるようになったじゃないですか! 勿論管理人は定期購読を申し込み、バイトなどをしてせっせと毎号買い揃えて行ったのであります。
管理人は「東宝特撮映画好きの人」という印象を抱かれているようですが、実際に東宝特撮映画を本格的に観始めたのは東宝特撮映画DVDコレクションが届き始めてからの話でありまして、丁度このブログを始めた前後から観始めたんですよね。結構、ゴジラシリーズ以外の東宝特撮映画とは付き合いが浅いんです。
また、バイトをするようになって自分のお金を持つ事が出来てからは映画もちょくちょく観に行くようになりましたかね。

そして、初めての一人暮らしとなった下宿先から歩いて数分の所にあったレンタル店が、これまた妙に品揃えが良かったんですよね(笑)。
往年の特撮ヒーロー作品から伝説的なロボットアニメまで幅広く置いてあった訳でありまして、そりゃまぁ、手当たり次第観ていきますわな(笑)。『快傑ズバット』や『機動戦士ガンダム』なんかを初めて観たのもこの頃でありました。
そこで幼少期に観ていた作品を再見したり、気に入った作品は映像ソフトを購入したりするようになっていき、そのまま卒業して就職して現在に至ると、そういった感じですかね。

今は深夜アニメをちょくちょく観たり、昔の作品をレンタルしたり配信で観たりする程度のオタクではありますが、しかし最近は何と言うか、色々と「俺好み」の作品が各ジャンルから続々と出ている気がするんですよね。
200億円超の予算をかけて制作された、怪獣とロボットの大バトル映画『パシフィック・リム』が公開したり、ゴジラがハリウッドでシリーズ化したり、日本のゴジラを庵野秀明監督が手掛けたり、古今東西様々なアニメや特撮等をモチーフとした超人や悪を一堂に会させたアニメ『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』が放送してみたり、互いに敵同士だった戦車や戦闘艦艇が仲良く隊列を組む『ガールズ&パンツァー』や『ストライクウィッチーズ』といった作品が出てきたり・・・。
周期や時期的なものも多分にあるとは思うのですが、そういう時代というか、風潮なのは良い事であるなぁと思いますね。

そんな感じで今後もひとりのオタクとしては、現行の作品であれ過去作品であれ、幅広く色々な作品を観たり読んだりしたいなぁと思うところでありますね。出来る限りブログも続けていきたいですし。
そんな感じで唐突に思いついた自分語り記事でございました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。


【関連記事】
俺は何故漫画を描くのか?
『新世紀エヴァンゲリオン』という名の思い出
管理人の一番好きな怪獣映画 『ゴジラVSスペースゴジラ』
【館長】特撮博物館、行ってまいりました!【庵野秀明】
俺達の世代を代表するアニメは何だ!?
「第四世代」ってどうなのよ・・・?
登場怪獣がとにかく可愛くてしょうがない! 『怪獣の飼育委員』
操縦したい!巨大ロボットベスト10

スポンサーサイト
2016/02/26 21:40|混沌雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1363-3e1ab34d

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.