管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

全く期待出来なくなってしまった仮面ライダーの春映画。しかし今年の『仮面ライダー1号』には期待しても良いのか!? 

ここ数年は、春に歴代仮面ライダー全員集合映画が公開されるのが恒例行事となっておる訳でございます。
大元は『仮面ライダー電王』シリーズの劇場版が毎年春に公開されていたというのから繋がっての春のライダー集合映画な訳ではありますが、とにもかくにも年に1度のお祭りという事で、管理人も毎年観に行っている訳であります。
しかしながらこのライダー集合映画、正直なところ年を追うごとに期待値が下がっていってしまっているのもまぁ、事実なんですよね・・・。
仮面ライダーというシリーズ自体も、毎年色々な作品間のコラボや玩具展開で以前より作品の自由度が狭まってきている感もあり、非常に心苦しく思いながら観ている訳ですが・・・。

これまでに、いわゆるライダー集合映画は、
09年夏の『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
11年春の『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー
12年春の『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
13年春の『仮面ライダー・スーパー戦隊・宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
14年春の『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
15年春の『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
といった感じで、6作品が公開されてきました。
09年の『オールライダー対大ショッカー』では、昭和のライダー達の新作映像という事で大変に興奮した訳であります。
そして、ディケイド劇場版の全員集合の流れを受け継いだ12年の『レッツゴー仮面ライダー』では、1号、2号、V3、快傑ズバットが声の出演のみとは言えオリジナルキャストで登場という事で、現在のライダー集合映画の第1弾を華々しく飾った訳でございます。

ところがどっこい。
それから先、毎年のように繰り返されるようになったのは、かつて世界の平和を守った歴代のライダーや歴代の戦隊達が互いに互いを攻撃し合い潰し合いをするという、あまり見たくない光景でありました。
果ては、藤岡弘、演じる本郷猛が出てきて「平成ライダーだとぉ? 甘ったれるな! 平成ライダーなどライダーとは認めんッ!!」とか言っちゃうようになるんですもん。もう頭抱えちゃいますよ!
他にも、本編では奇跡の力でしか巨大化出来なかった仮面ライダーJが当然のように巨大化した状態で登場した挙句知性のかけらも感じさせずビルを破壊していたり、おのれディエンド! だったり、仮面ライダーBLACKがシャドームーンを相手にして脈絡なく取ってつけたように「やめるんだノブヒコォ!」と言い出したり、地球を守る為に戦った一条寺烈ことギャバンが地球を破壊する側にまわったり・・・。

いえね、オールライダー映画って、「お祭り」にかこつけて製作側がかなりメタ的な事をやってきている映画群であったりもする訳なんですよ。
ヒーローの戦いというのは結局のところ「各陣営の正義」によるものに過ぎないという悪意を放り込んでみたり、或いは、平山亨VS白倉伸一郎という実質的なプロデューサー対決だったり。
現代の世界情勢の表象であったり、或いは仮面ライダーや子供向けヒーロー番組の根幹や、それを取り巻くファン界隈にまで言及している、高度なメタ要素が多分に含まれている訳でありまして、その視点から見るとなかなかどうして興味深かったりもするのです。
が、しかし。1特撮ヒーローファンの立場からしてみると、「自分達の言いたい事を歴代ヒーローを駒にして語ってるんじゃねぇよ!」と。歴代作品・ヒーローは東映のオモチャじゃないんだぞ(笑)。
いや、メタ的な作品であっても物語がきちんと練り込まれているのであれば話はまた違ってくるのですが、色々と物語内で矛盾が生じちゃってているし、ヒーロー達の表象にはなっていてもオリジナルとはかけ離れた言動をとるキャラクターであったりというのはいかがなものかと思わざるを得ません。
そして、「実は真の悪(ショッカー達)を騙すために味方同士の潰し合いを演じていたのだ!」とかいう台詞で大体まとめられてしまったりするうという・・・。何回やってんだよそのオチ!
メタ的な事をやりたいが為に何回「仮面ライダーの歴史が狂」わされているのかと思うと、頭を抱えてしまう訳であります。
普通にヒーローの共闘モノじゃいかんのか。「東映まんがまつり」の精神はどこに行ってしまったんだッ!?

いや、管理人らのような拗らせた特撮ヒーローファンはまぁ、どんな作品が来てもあーだこーだ言っちゃうんで製作陣は無視しても良いとは思うんですが、しかし春映画をちゃんと子供が愉しめているのかというのも実のところ疑問ではあるんですよねぇ。
ちゃんと愉しんでくれていれば良いのですが、しかし春映画の興行収益は現状右肩下がりの推移を見せている訳ですので、そのあたりが気になってしまいますかね。まぁ、興行収益的な話は複合的な要因があるから直結して「子供に不人気」という訳では無いのですが。

もはや管理人などは、ここ数年の春のライダー映画を観続けて「俺の好きな昭和ライダーの新作映像が観れたらそれで良いや」みたいな、猛烈に低い期待値で春のライダー映画を観に行くように改造されてしまった感もあるのですが、先日、今年の春のライダー映画の諸々の詳細が明らかになりました。

タイトルは『仮面ライダー1号』!
主演は藤岡弘、!
45年の長きに渡り、人間の自由の為に戦い抜いた戦士の物語だ!
脚本は井上俊樹! 監督は金田治!
仮面ライダーシリーズ45周年超大作!!


仮面ライダー1号

今年は仮面ライダー生誕45周年という事で、一昨年の『平成ライダー対昭和ライダー』に引き続いて藤岡弘、氏が本郷猛役で登場、しかも主演という事になるようです。
毎年恒例の米村正二脚本では無く、今年は井上俊樹脚本! 更には、企画段階から藤岡弘、氏が作品に携わっており、物語構成もそのディスカッションから創られているとの事。

春映画的なメタ思考で考えると、仮面ライダー1号というのは藤岡弘、その人であり、それに基づいた物語展開になるんじゃないかとかそういう風にも思うのですが、しかし果たしてこの映画はどんな感じで完成するのか。
45周年記念超大作と銘打たれているから期待しても良いのかなぁと思ったりもしますが、まぁ、春映画だからなぁ・・・という感じで素直に喜べなくなってしまっているのが、実に心苦しいと言いうかなんというか・・・。

・・・まぁ、毎年の事なので、あまり期待しないで映画館に足を運びますかね。
たまには熱い掌返しをしたいもんですよ・・・ッ!


【関連記事】
『劇場版 ウルトラマンX きたぞ! われらのウルトラマン』に期待を寄せる話
『仮面ライダー』って、こんな作品。
昔のヒーローを悪役にして出すのやめてください、本当に……。

【関連動画】


【いわゆる「ネオ1号」は、何故か描きたくなってしまうデザインをしておる・・・。】
仮面ライダー1号

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/02/02 21:16|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント


ウルトラは世界観の違う者同士でも争うことがほぼないのに、ライダーは頻繁にバトルロイヤルしてますね。

ブラックサンとシャドームーンもライダーバトルの源流かと思いますがシャドームーンはライダーと命名されていない。
ブラックはしっかり裏切り者仮面ライダーと敵のゴルゴムが認識しているので実は平成とは趣が違う。

そしてまさかの藤岡弘さん演じる1号!どういう設定か今から楽しみです。
ついでに倉田てつをさん演じるRXも新たな変身形態を出してくれたらいいかなと思います。
TT #-|2016/02/07(日) 20:31 [ 編集 ]

>>TTさん
ライダーバトルで言えば、初代からして操られた本郷ライダーと一文字ライダーが戦うというシチュエーションや、ショッカーライダーとの戦いが既にありましたからね。

欲を言えば今回はゴースト達を出さずにライダー1号のみで絞ってやって欲しかったのですが、まぁ、マーケティング的な話もありますし……(笑)。
しかし、東映がどこまで本腰を入れていぇっているかという点で、やっぱり私はあまり期待できないというのが、実情ですかね……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/02/10(水) 21:30 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1355-aa4ffed1

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.