管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

怪獣娘図鑑No.005 [終滅招来体ゾアラギュス]  

怪獣。
それは、人智を超越した生物の総称である。
その中でもヒトに近い体型を有し、言語を操るメスの怪獣を、我々は「怪獣娘」と呼称している。

かつて栄えたムウ文明やアトランティス文明は、一説には強大な力を持った怪獣によって滅ぼされたと考えられている。また、今から6500万年前の大量絶滅は、隕石に乗って飛来した怪獣によってもたらされたとも考えられている。
そういった地球規模の災厄が怪獣によってもたらされている以上、現代に於いても同様のカタストロフィーが起こらないとは限らないのだ。

怪獣娘No.005 終滅招来体ゾアラギュス

ラーキャ星人キュアリラちゃん
医↓逋蟄励縺ソ霎シヰ繧ォ縺縺」縺コ逕溘!? 蝣エ蜷@縺セ縺吶縺�さ繝シ繝峨〒隱ュ枚繧薙□!!

身長:50メートル
体重:2300トン
出身:不明
タイプ:S
危険度カテゴリー:S


宇宙より突如飛来した宇宙怪獣娘。一切が謎に包まれた存在だ。
背中の羽根は重力を遮断する効力を持っているようで、それを高速で羽ばたかせる事により重力の制御を行い、飛行する。大気圏外であれば秒速300kmで航行する事が可能。額の第三の眼からは重力遮断眼光を放ち、巨大な液体金属状の両手は地球上の全ての物質を原子レベルで分解、更には指先から反重力子電撃「アンチグラヴィトンサンダーブレイク」を放つ。
人類側からの攻撃はいかなる攻撃をも寄せ付けず、重力遮断、天候操作、マイクロブラックホールの生成といった様々な芸当を見せる我々の物理法則が一切通用しない相手であり、各種分析によって数値の上では都市をひとつ蒸発させてしまう事も可能であるとはじき出されている。
このように圧倒的な戦闘力を持つ為、「終滅招来体」の異名が付けられた。

もしゾアラギュスと同種の怪獣が集団で攻勢をかけてきたら、地球は滅びてしまうだろう。
国連対怪獣センターは、宇宙レーダーの充実を急ピッチで進めている。

【注釈】
怪獣タイプS:宇宙怪獣
危険度カテゴリーS:終末的な被害が予想される。人類の存亡すらも危惧される。



【真相】
彼女「キュアリラ・リキュアラー」は、地球から数十光年離れた「ラーキャ星」に住む心優しきラーキャ星人である。
地球から発せられていたTV用電波から読み取った様々な娯楽映像に大変に心を動かされ、超光速航行カプセルを使用して地球にやって来た。しかし、ラーキャ星人は地球人と比較してあまりに巨大だったのである!
また、ラーキャ星人の声は地球人には解析不能な音声で発せられ、更には各種電気機器を麻痺させてしまう為、地球人が彼女の意思を読み取る事は出来ない。そして悪いことに、その容姿は地球人を恐怖させてしまう要因を兼ね備えていた為、飛来と同時に問答無用で攻撃を受けてしまい、その拍子に超光速航行カプセルを落としてしまった。
もはや帰ることもままならない為、彼女は今日も落としたカプセルを探すのである。
因みに、腕に装着した「重縦てぶくろ」はあくまでも護身のためのもので、ラーキャ星人にとっては人間で言うところの「スタンガン程度の威力」に相当する。
……どんだけ強靭なんだ、ラーキャ星人!?

上記訳:もう、戦いたくないのに、なんで攻撃をやめないのよ!? こんな事をしに地球に来たんじゃないのに……!!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/01/20 19:25|怪獣娘図鑑TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1352-c53f5f23

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.