管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

怪獣娘図鑑No.003 [地底怪獣娘テレマグラン] 

怪獣。
それは、人智を超越した生物の総称である。
その中でもヒトに近い体型を有し、言語を操るメスの怪獣を、我々は「怪獣娘」と呼称している。

頻発する怪獣災害の対策として、日夜様々な怪獣の殲滅方法が研究されているが、一方で怪獣との共存の道を模索する手段も模索されている。
近年、盛んに言われているのが「怪獣島」の設立だ。この構想は、離島へ怪獣達を集結させた上で管理・研究を行い、人類への被害を最小限へと留めるというものである。国連は今世紀中の第1号島完成を目指しているが、各怪獣の特性があまりにも異なり過ぎている為、解決すべき課題は少なくない。また、怪獣達を隔離するだけが真の意味で共存なのかという声も挙がっており、怪獣との共存の道はまだまだ遠いと言えよう。
そういった計画が起こる中で突如出現した怪獣娘。彼女達の多くは人語を理解して操っているのだが、思考形態が人類のそれとはかけ離れたものとなっている為、言葉は通じるのに意思の疎通・相互理解が出来ない、というパターンが殆どだ。
だが、人類との完全な相互理解が可能な怪獣娘も非常に少ないが、確かに存在する。怪獣との共存の道は彼女らを通して進むのではないかと、期待が寄せられている。


怪獣娘No.003 地底怪獣テレマグラン

地底怪獣娘テレマグラン
お仕事ですかぁ~? ちゃっちゃと終わらせて、お昼寝したいです。

身長:45メートル
体重:1300トン
出身:熊本県合志市
タイプ:G
危険度カテゴリー:F


滅多なことでは地上に出現する事のない、温厚な性格を持つ地底怪獣。
人語を完全に理解し、人類との相互理解が可能な数少ない怪獣娘の一体。特殊災害対策機動隊「SAMF」は、怪獣災害からの防衛戦力として彼女に協力を要請してはいるが、基本的には地底に棲んでおり、また夜行性でもある上に同じ怪獣娘が相手だと出動を渋る傾向にある。その為、「SAMF」の一員として活躍する彼女の姿を見れるのは非常に稀であると言えよう。本人もあくまで「外部協力怪獣」のつもりのようだ。
戦闘力はそれほど高くは無く、危険度カテゴリーでいえばC程度の判定だが、自ら暴れだすという事は滅多に無い。
一方で地下の高温・高圧環境に耐えることのできる強靭な皮膚を持ち、危険度カテゴリーA+相当の怪獣の攻撃にも耐えることが出来る強度を誇り、その防御力をもって襲来した怪獣達から多くの住民を守ってくれている。

地底を進む速度は時速80キロ程度で、地表付近を掘り進むテレマグランがいる場合は、「移動する地震源」となる場合もある。
水を非常に嫌っており、本人曰く「海水浴なんて行こうものなら、身体が崩壊しちゃうよ!」らしい。ただ、分析結果では水深5000メートルの深海でも十分耐えられる身体構造になっている為、種族的な話では無く単純に本人が嫌いなだけのようだ。飲料水に関してはその限りでは無く、地元熊本の阿蘇天然水を好物としている。

【注釈】
怪獣タイプG:陸上怪獣
危険度カテゴリーF:無害、または人類と意思の疎通が取れる怪獣。
危険度カテゴリーC:都市機能を混乱させる規模の被害が予想される。特殊災害対策機動隊「SAMF」の出動許可が下りる。
危険度カテゴリーA+:壊滅的な被害が予想される。対抗手段は存在せず、ただ怪獣が通り過ぎるのを待つばかりである。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/01/17 14:30|怪獣娘図鑑TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1350-cf757f27

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.