管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

映画の感想とか ウルトラ 

はい、ただいま帰ってまいりました。
今回は近場の劇場で観れたので、交通費はタダ。実に経済的でありました。でもなんだかんだで7千円ぐらいすっ飛んでいます。
朝の六時頃から出かけたのですが、もうね、本当に人が沢山並んでおりました
前後に居る中高生ぐらいの連中の話を聞くと、どうも『ワンピース』の映画を観に来たとのこと。おまけに、限定の漫画0巻が貰えるとことで、そりゃもう色々と凄かったです。中にはにわかオタっぽい高校生が、「『にゃんこい!』の時のCMで『ヤマト』が公開するって言ってたけど、そんなん観るのっておっさんだけだろw」みたいなを事言ってました。悪かったな。
実質的には『ヱヴァ:破』の時と同じくらいならんでましたかね。なかなか壮観でしたよ。
ほんで、チケットを買う段になったんですが、これまた凄い行列でした。殆どが『ワンピース』目当てのようで、並んでいる間に『ワンピース』のチケットは夜までの分全部完売しておりました。
夏に『サマーウォーズ』を観に行ったんですが、その時も夕方までの分が完売しておったのですが、こっちは夜までですよ。なるほど、これがリア充達の力か・・・(違います)。
そんな訳で行列に並んでいたせいで、一番最初に観ようと思っていた『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』の初回(9:35~)が観れなかったじゃないですか(←並んでいる間に9時50分になってしまった)!しょうがないから、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』→『宇宙戦艦ヤマト 復活編』→『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』という順番で観ました。では、早速感想などを書いていこうと思います。

※ネタバレ注意

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』
客層は、家族連れが多かったですね。しかしながら、俺の隣に座ったのは、カップルでした・・・。まぁ、それはどうでも良いんですが。
とにかくこの映画、沢山のウルトラマンが登場するのです。タロウが教官であるという設定が活かされており、カラータイマーのない、見習いウルトラマン達を指導してました。中にはウルトラマンボーイの姿もあり、光の国ならでわの描写でした。
特に今回は光の国が舞台ということもあり、かつて学年誌等に掲載された「光の国の設定」がしっかりと活かされていました。特にプラズマパワーの設定は本作品においてはかなり重要な意味を持っておりました。光の国をここまで再現させたのは今回が初めてなのではないでしょうか。
ストーリーは、内山まもる先生の作品をはじめとした、漫画版のような感じでした。過去の悪人・ウルトラマンベリアルが復活、光の国に復讐するというもの。
ザラブ星人によってベリアルは甦っていたのですが、やっぱりザラブ星人は小者っぷり炸裂でしたなぁ。それにしても、ザラブ程度にやられちゃう看守って一体・・・。
今回は全体的に背景や爆発、メカがフルCGであり、劣化スターウォーズみたいな感じになっていたのがとても残念でした。アクションはハリウッドばりのワイヤーアクションで、ウルトラマンらしからぬ動きをみせておりました。ウルトラマンらしからぬ、と言えば、ウルトラマン達の飛び方も何か違和感があったんですよねぇ・・・。
そして、海外版のウルトラマン達の扱いが結構酷かったです。何もそんなやられ方をせんでも・・・。時代劇に出てくる雑魚やショッカーの戦闘員みたいでした。ホント。
そうして、ウルトラ兄弟とベリアルが交戦するのでありますが、全く歯が立たず。ゾフィー兄さんに至ってははカラータイマーが点滅するまで消耗してしまう訳です。
ベリアルと父の戦闘シーンがありました。普段の父の戦闘スタイルからは考えられないような動きをしていましたが、やっぱりベリアルには勝てません。その時、母が父に向かって、「ケン!」と叫んでおりました。なんて日本人みたいな名前・・・。だから息子に「タロウ」なんて名前を付けたのかッ!因みに、母の本名は「マリー」というそうです。
その後、生き残ったウルトラマン、セブン、メビウスの三人と、レイオニクスのレイが打倒ベリアルの為に奮闘。ベリアルは、怪獣墓場で、怪獣達を再生させにかかる訳です。
一方、ZAPのメンバーの元に、ベリアルからの使者、ゼットン星人が。窮地に陥るZAPの面々!しかし、そこを救ったのは、アスカ・シンことウルトラマンダイナでした。しかもスーパーGUTSの制服で登場。『ダイナ』をリアルタイムで観ていた俺は、思わず叫びそうになりました。そう、アスカはあの後、ずっと宇宙を旅し続けていたのです!
その後、ウルトラ戦士に交じり合って極普通に戦っていました。ウルトラマン達は、「誰?こいつ?」みたいなリアクションをとっていましたが。
因みに、ZAP隊員として、ムサシが登場していました。ウルトラマンコスモスにはならなかったのですが。
そういえばメビウスも人間形態のミライ君になった時は、GUYS時代に愛用していたトライガーショットを使用していました。
そして、本作一番の目玉は、新登場のウルトラマン、ウルトラマンゼロです。彼はセブンの実の息子と言う事で登場するのです(じゃあ、お母さんは誰なんのよ!?ってのも気にはなるんですが)。非常に強い戦闘力を持つのですが、プラズマタワーの光に触れようとして、レオによる精神修行を含む修行を受けさせられる事になったのであります。その際は、大リーグボール養成ギブスみたいな効果を持つ鎧「テクターギア・ゼロ」を着けていました。
修行を終えた後は、セブンらのピンチに駆けつけ、ブレストファイヤー光線技やファンネルゼロスラッガー等を駆使して先輩ウルトラマン達と協力してベリアル&怪獣軍団に勝利しました。
最後は、まるで小泉総理みたいな(中の人が小泉さんんなんだから仕方が無い)ウルトラマンキングによる演説があり、終了です。
しかし、エンドロールが終わった後、ベリアルがまだ生きているかのような描写が為されておりましたので、シリーズ化するのかも知れません。
全体的には、フルスロットルで最初から最後まで楽しめる映画だったのですが、どうも設定を使っただけで「ウルトラマン」というものに対する愛が無かったように思います。また、ウルトラマンや怪獣にワイヤーアクションを使うのはやっぱり合いませんね。また、怪獣は町で暴れまわるのが一番だなぁと改めて思いました。
個人的にはアギラが大活躍していたのに驚きです(笑)。
『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』については、こんな感じで。

【関連商品】
ウルトラヒーローシリーズ40 ウルトラマンゼロウルトラヒーローシリーズ40 ウルトラマンゼロ
(2009/11/28)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラ怪獣シリーズ2009MOVIE ウルトラマンベリアルウルトラ怪獣シリーズ2009MOVIE ウルトラマンベリアル
(2009/12/12)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2009/12/12 19:56|特撮ヒーローTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/135-72687a12

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.