管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

特撮ファン界隈に於ける「着ぐるみ」、「スーツ」、「ガワ」という造形物に対する呼称についてTwitterでアンケートを取ったら、予想外の結果になってびっくりした話と、それについてのちょっとした考察 

どうも、当ブログ管理人飛翔掘削でございます。
正月三が日もあっという間に終わり、またいつもの生活が戻ってきた感がありますが、皆様に於かれましてはいかがお過ごしでありましょうか? いやぁ、今年の三が日は暖かかった! 流石暖冬!

さて、管理人はこの正月休みの間、のんびりとコタツに入ったり祖父母宅の大掃除をしたり庭に来た野良猫と戯れたりする一方で、Twitterの方では特撮に関する前々からの疑問を広く問うてみる感じのアンケートなどを行っていた訳でございます。
経緯等については後述するとして、ひとまずその投票ツイートは、コチラでございます。



管理人のこの投票機能付きツイートはそこそこ拡散していただけたようで、色々な場所で話題になったようであります。特撮ファンだけでは無く、実際に特撮の現場で働いている方等にも届いたようでありまして、非常に様々な意見を見ることが出来ました。
最終的に2175人もの方に投票していただけた訳でございますよ。投票していただいた皆様、拡散していただいた皆様、本当にありがとうございました!
いやぁ、本当に有意義な正月休みでしたなぁ・・・。

・・・ここで記事を終わりにしたらただの感想文でしかありませんね(笑)。
と、いう訳で本日は、この投票結果について、特撮のたどってきた歴史や、それに伴う特撮ファンの推移等もふまえて、ちょっとした考察なんかをしてみようかと思うところであります。宜しくお願い致します。

まず何故このアンケートをやったのかという経緯からお話しますかね。
当ブログでもちょくちょく取り上げておりますように、ここ1、2年ほど管理人は地元で行われている特撮のオフ会に参加している訳です。学生の頃は友人や先輩や後輩らとアニメやら特撮やらの馬鹿話を延々と出来たんですけれども、社会人になってからはそういった趣味の話が出来る場面というのは非常に限られているんですよね。管理人もこうやってブログで色々と語ったりはしますが、誰かと直接語り合うという機会は学生の頃に比べたら格段に減っており、フラストレーションが溜まったり溜まらなかったりもしていた訳ですよ。
そこに来て数か月に1回の割合で行われるこの特撮オフ会は、特撮ソングオンリーなカラオケや酒を飲みながら今年のライダーはどうだ、戦隊はこうだ、ウルトラは、ゴジラは、みたいな語り合いを面と向かって出来る訳で、管理人にとっては非常に貴重で愉快な時間であるんですよね。
で、そんな感じで非常に愉しいオフ会なのではありますが、その記念すべき第一回の特撮オフ会で、管理人が聞いたことが無い単語が出てきた訳でございますよ。
それが、今回のアンケートで過半数強の票を集めた「ガワ」であります。
この「ガワ」という語を使ったのは管理人と殆ど同世代の方だったのですが、管理人よりも上の世代の方や下の世代の方も「ガワ」という語に対する共通認識が出来ていた模様でありまして、管理人は頭の中で「ガワって何だッ!?」と、疑問符を浮かべていたりもした訳です(笑)。会話の文脈を見てみたら、何のことはありません。要は「ガワ」というのは、特撮に於ける「スーツ」、或いは「着ぐるみ」に相当する語だった訳ですね。
で、まぁ、後述するように色々と調べていった結果、「「ガワ」という呼称を使う人ってどれくらいいるんだろうか。予想外に多いのでは・・・?」という考えに到りました。
そして、この正月休みの間にTwitterのフォロワーさん達との談義の流れで、こういったアンケートをやってみた次第であります。
いやぁ、何度も言いますが、多くの方に投票&拡散していただけたようで、本当に感謝するしきりでございますよ・・・!

さて、そんな感じで、「着ぐるみ」「スーツ」「ガワ」という語について、順を追って説明していきますかね。
また、こちらの記事なんかも参照にしていただければ、幸いであります。

【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】 ‐怪獣の溜息

着ぐるみ」という呼称は、1970年代に広く普及した語であります。
それ以前、1950年代頃の東宝特撮の現場では「ぬいぐるみ」という呼称が用いられておりました。かの初代ゴジラを演じた中島春雄さんは、著書やイベント等で自らを「ぬいぐるみ俳優」と呼んだりもしており、その前後の学年誌や映画に関連した書籍でもそれに準じる形で「ぬいぐるみ」という呼称が広く使われておりました。
そして、60年代の中頃に始まった『ウルトラQ』や『マグマ大使』といった作品を皮切りに、特撮TVドラマが爆発的な広がりを見せる中で、「俳優がぬいぐるみを着て演技する」という概念の「着ぐるみ」という語がマスコミを中心として段々と普及していき、70年代頃には「ぬいぐるみ」「着ぐるみ」の両呼称が入り混じるという様相を呈していった訳であります。
当時の学習誌や怪獣図鑑等を見ると、「着ぐるみ」という表記が年を経るごとに増えて行ったようでありまして、最終的には「ぬいぐるみ」よりも「着ぐるみ」の方が広く一般に用いられるようになっていったのでありました。

そして、「スーツ」。
この呼称は、1970年代の後半から1980年代頃からぼつぼつと用いられるようになった呼称であります。
この時期は、『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士ガンダム』といった作品を発端とするアニメブームの影響や、『スター・ウォーズ』をはじめとする海外特撮作品の台頭等も相俟って日本の特撮界隈に元気が無くなっていった頃であり、ゴジラやウルトラ、ライダーといった特撮シリーズも休止期間に突入しておりました。
その中で、当時のSFファンダムやマスコミ界隈では、「特撮」を「SFX」に、「着ぐるみ」を「スーツメーション」に、「着ぐるみ俳優」を「スーツアクター」に、といった具合で色々な語を言い換えるといった動きがあった訳でございます。その過程で、「海外作品、大人向け志向の特撮作品=SFX」と「従来からの子供向け特撮作品」といった区分が出来たりもした訳であります。
そういった大局を迎える中で従来からのゴジラやウルトラマンが「子供だましの着ぐるみ特撮」等と揶揄されてしまう向きもありましたが、一方で「本当に子供だましの特撮なのか?」という過去作の再評価の機運も出てきた感じで、1990年代へと突入。
結果的にゴジラやガメラ、ウルトラマンに仮面ライダーといったシリーズ作品群が一大復活を遂げたこともあり、「着ぐるみ」という呼称は「スーツ」という呼称へと更新されていき、現在の特撮関連書籍や映画雑誌等では概ね「スーツ」という語が用いられるようになりました。
その一方で、「着ぐるみ」という語の語感や、その概念が広く一般にも普及している事もあり、「怪獣なら着ぐるみ」、「ヒーローならスーツ」のような呼び分けをするケースも少なくは無いですかね。かく言う管理人もそのあたりは臨機応変に使い分けたりもしておりますし。

そして、「ガワ」。
色々と調べてみると、どうやら「中の人」に対比する「外側」ないし、「」というのを語源に持つ語のようでありまして、主に若い世代の特撮ファン、特に東映の仮面ライダーやスーパー戦隊をメインで観ている層を中心に広がっている語のようであります。う~ん、管理人も平成生まれの「若い世代」の筈なんだがなぁ・・・。この語を知らなかったという事は、管理人はもう「若い世代」では無い・・・ッ!?
それはさておき、「ガワ」という語の発祥は、どうやら女性の特撮ファンによるものであるっぽい、という事が言えるようなんですよね。
正確な発祥時期は定かではないのですが、多くの女性を特撮ファンの道に引き込んだ特撮TVドラマ『仮面ライダー電王』の前後あたりに、女性ファン界隈でほぼ自然発生的に誕生した語ではなかろうかというのが定説となっているようです。・・・と、書いたら、「『クウガ』の頃には既にあった」という声も・・・。要検証かも知れません。ともかく、先述の「着ぐるみ」、「スーツ」とは全く異なる文脈から登場した語である、という事が言えるようですね。
この語が出来た当初は、その女性特撮ファンの方達の中には少なからず「腐女子」も兼任したオタクが居たりもして、そうしていわゆる「腐向け」の同人界隈で「ガワ」という語が隠語的に用いられていたりした時期もあるようなのですが、そこから女性のコスプレイヤーさんや広い特撮ファンコミュニティーにも次第に伝播していき、今日に於いては男女問わず特撮ファンが使用する語となったという事が出来るようです。

・・・といった歴史やら流れやらを踏まえた上で、改めて投票結果を見てみましょう。

投票結果

いやぁ、管理人、この結果は全くの予想外でありました。
まぁ、「ガワ」が圧倒的多数になったという事には、Twitterユーザーの年齢層の問題等もあり、アンケートを行う場所が、例えば中高年層の多い特撮映画上映会とかだとまた結果も変わってくるとは思うのですが、しかしそれでもここまで「ガワ」呼称を用いる人が多いとは思わなかった!
因みに管理人はこの質問だと「着ぐるみ」に投票する人なのではありますが、まさかの1割強程度の少数派! 正直「着ぐるみ」と「スーツ」の一騎打ちになるんじゃないかと思っていただけに、この結果はまさに青天の霹靂と言わざるを得ません。世の中分からんもんですなぁ・・・。

このアンケート機能付きツイートに反応している人を色々と検索してみると、全体的な傾向としては、こんな感じでしたかね。

【着ぐるみ】
自分達が「少数派」である事に驚愕している人、多し(管理人を含む)。
ヒーロー作品では無く、どちらかと言うと怪獣作品をメインで観る層が多く使う傾向にある。
また、中高年層は、怪獣であってもヒーローであっても「着ぐるみ」呼称を使うという人が多いようだ。
「スーツ」と「着ぐるみ」で悩んだという人は多かったが、「ガワ」という呼称には違和感を持つという人も多く、「ガワという言葉を聞いたことが無い(初めて聞いた)」という人も居た。


【スーツ】
男女問わず幅広い層が投票。若干、東映特撮ヒーロー作品をメインで観る層が多いか?
怪獣もヒーローも皆「スーツ」だろう、という声多し。
怪獣に関しては「着ぐるみ」と「スーツ」で悩んだ人も。
やはり「ガワ」という呼称に違和感・抵抗感を持つ人も多かったが、「知らない」という人は「着ぐるみ」投票者に比べると少なかった。
会話の流れで「ガワ」と「スーツ」を使い分ける、という人も少なくは無いようだ。


【ガワ】
やはり10代、20代の若年層が多い。
「着ぐるみ」「スーツ」に投票している人達に比較するとやはり女性の割合が多い。
また、コスプレイヤーやヒーローショーのスタッフをしているという人もこの呼称を使う傾向にあるようだ。
「人が入っているかどうか」で、「ガワ」と「スーツ」を使い分けるという人も。
中には、「実際に特撮の現場で使われている用語である」と認識している人も複数人見られた。
30代、40代であっても、「大人になってから特撮ファンになった」という人は「ガワ」に投票する傾向にあった。
Twitter上の140字の文字数制限を解消する為に便宜上「ガワ」を使用している、という人も。


【その他】
「ぬいぐるみ」、「衣装」、「ブツ」、「面」、「かぶりもの」・・・等といった呼称が挙げられた。
実際の特撮の現場で働くスタッフの方による投票が多かった項目でもある。ありがとうございます・・・!
特撮の現場やヒーローショーの現場では「着ぐるみ」や「スーツ」といった特定の語を用いるのではなく、そのヒーローや怪獣等の名前で造形物を呼ぶ事も多いようである。
「ガワ」という語を実際の現場で使う事は無いとの事だが、若い特撮ファン層が特撮の現場に多く入ってきたら「ガワ」という語を現場で恒久的に使う日が来るかも・・・という話はあるようだ。


こういった感じで、それぞれにそれぞれの語を使う理由がある訳であります。特に「Twitter上の140字の文字数制限を解消する為に便宜上「ガワ」を使用している」というのには、なるほど! と、膝を打ちました。しかし、「ガワ」が特撮の現場で用いられていると認識している人は、一体どこでその情報を仕入れたんでしょうかね? 純粋に気になるところでもあります。
管理人は幼少期から色々な怪獣図鑑やら特撮関連書籍を読んできて、「着ぐるみ」というのが身に沁みちゃっている訳なのではありますが、どの文化から特撮に触れたのか? というのも、この呼称の違いに大きく関わってきている訳でありますなぁ・・・。

ゴジラやガメラ、ウルトラがすっかり鳴りを潜めたこの10年強の間で、「特撮≒変身ヒーロー作品」という図式が出来た感もあり、そうして毎年展開していた東映の仮面ライダーやスーパー戦隊では、新たなファン層を獲得していく事に成功した訳です。
それがこうやって今、ゴジラやウルトラ、ガメラが復活の兆しを見せている中で、東映ヒーロー作品から円谷プロ作品や怪獣映画へとファン層が流れて行っていきつつもある、非常に良い流れが出来てきているようにも思うんですよね。
怪獣氷河期、東映特撮ヒーロー一強(その他の特撮ヒーロー作品も無くは無かったにせよ)の中で出来た「ガワ」という新しい語。ファン層の流動により、怪獣の着ぐるみも「ガワ」と呼ばれるようになったりもしており、ひょっとしたらこの先、本当に「着ぐるみ」や「スーツ」では無く、「ガワ」という呼称がスタンダードになっていくのかも知れませんね。
ちょっと違和感はありますが、まぁ、それが時代の流れであるのならば、それを受け入れ、見守る事が大切なのかなぁ、と。言葉は常に変遷していく、生き物みたいなものですからなぁ・・・。
今後とも、注視していきたい一件だなと、そう思いました。

因みに・・・。
着ぐるみショー」は特撮やらゆるキャラやらで使うし、「スーツショー」だとなんかファッションショーの向きっぽいけど「ガワショー」は流石に無いよなぁ、と、思って何気なくツイート検索をかけてみると、「ヒーローショー」の意味で「ガワショー」という表現を用いる方々のツイートが大量に・・・!

世の中、まだまだ知らない事に満ち溢れている・・・ッ!

【関連記事】
日本の「ミニチュア特撮」の魅力とは?
「脱特撮」を推進したい!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016/01/04 20:16|特撮関連雑記TB:0CM:4

コメント


ガワという表現は初めて聞きました。そもそもスーツアクターさんが着るものの名前を意識した事なかったですね。

怪人や怪獣だと着ぐるみ、ヒーローだとスーツをいうイメージでしたね。もしかしたらこの2つのイメージやコスプレ衣装等の登場からガワという第3の呼称が生まれたのでしょうかね?
第4のペロリンガ #-|2016/01/07(木) 00:03 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
「ガワ」の呼称が登場した経緯は、記事本文の通りです。

この調子でファン界隈の流動が進めば、いずれまた新しい呼称が生まれてくるのではなかろうかとも思いますね。
新語が出るには相応の意味がある訳ですから、前後の流れも注視したいところです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/01/08(金) 18:28 [ 編集 ]

ガワっていう表現にはキャラクターへの愛を感じない
だって映像の中ではその外見が「そういう姿のキャラクター」として呼吸しているはずなのに
中の人を見るって意識で見るから「ガワ」って言っちゃうんだと思う
そういう意味では、「そのキャラクターの名前で呼ぶ」と「衣裳」が混在する現場の様子が面白い
愛と醒めた視線とが同居しているようで。
通りすがりの #-|2016/08/08(月) 05:46 [ 編集 ]

>>通りすがりのさん
そこはまた人それぞれの思い入れと感覚があるのではなかろうかと思います。
「ガワ」と呼ぶにしても愛着があっての「ガワ」呼び名のではなかろうかと、実際に「ガワ」呼びしている人の声を聞くとそう思います。

と、言いながらも流石に「ガワショー」には私も頭を抱えたところですが(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/08/08(月) 20:04 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1344-93f78013

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.