管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

轟く重低音! 吹き飛ぶパンツァー! 破壊される大洗町! 戦車道、ここに極まれり! 『ガールズ&パンツァー 劇場版』  

戦車最高! 爆破最高! 砲撃最高! 大洗最高! お姉ちゃん最高!

・・・はい。皆さんどうもこんにちは。当ブログ管理人・飛翔掘削です。
ガールズ&パンツァー 劇場版』の公開日より観たい観たいと喚いていながらもなかなか観に行く事が出来ず、『ガルパン 劇場版』を観に行く夢まで見てしまうというアレな状態にまで陥っていた訳でありますが、先日とうとう観に行く事が出来ました。感激の到りでありますね。そのままの勢いで2夜連続で観に行っちゃったりしておりますが(笑)。もうあと数回は劇場で観ておきたいですかねぇ・・・。
いえね、『ガールズ&パンツァー』って、別に観たら知能が下がるような作品じゃ無かった筈なんですよ。なのに今回の『劇場版』では、文字通り「戦車最高! 爆破最高! 砲撃最高! 大洗最高! お姉ちゃん最高!」しか言えない身体になってしまっていたという、『マッドマックス 怒りのデスロード』を観た直後に「マッドマックスやべぇ!」しか言えなくなるみたいな状況に陥っていた訳でございます。どう考えてもおかしいよなぁ?

別にただ感想を述べるだけならもうここで記事を終わりにしちゃっても良いんですが、具体的に何が「最高!」だったかという備忘録も兼ねて、『ガールズ&パンツァー 劇場版』のレビュー記事を、作成していきたいと思うところであります。
宜しくお願い申し上げます。

ガールズ&パンツァー』という作品は、2012年に放送されたTVアニメであります。
管理人もミリオタとまでは行かなくともそこそこの戦車好きでありましたので、放送前に「なんか戦車アニメが始まるらしい」という事で公式ホームページを覗いたところ、管理人の一番好きな日本陸軍八九式中戦車がメイン戦車のひとつとして登場するという事を知ってしまい、「こいつぁ観ない他無いッ!」と感じて視聴を開始したのでありました。
しかしながらその紹介文には「女の子達のハートフルな日常」とか書かれていた為、同時に大変な不安も感じていたというのもまた事実です。同じ女の子と第二次大戦ミリタリー路線であった『ストライクウィッチーズ』が成功したと言え、『ガルパン』はその二番煎じ以上にはなれないんじゃないかとか、色々と思うところは、まぁ、あった訳ですよ。

で、蓋を開けてみれば。「戦車道」という武芸・スポーツを設定した事によって「女の子達の日常」と「戦車戦」が乖離する事無く見事に両立させ、物語も「強豪校から弱小校に転校してきた主人公を中心にチームが纏まっていき優勝を目指す」という超王道スポーツモノのフォーマットに則った形で展開していき、気付けば戦車にあまり興味の無い人達にもヒットし、舞台となった茨城県大洗町は『ガルパン』の「聖地」として賑わいを見せ震災からの復興に一役買っているといった状況になっており、10年代初期を代表するアニメのひとつにまでなっていたのでありました。管理人の大好きな八九式中戦車も大活躍しましたし!
いやぁ、史実では連合国側と枢軸国側で対立していた戦車達が仲良く隊列組んで行進するというのは、それだけで感動しますなぁ。・・・なんかデジャブを感じなくも無いですが。

そうして、テレビシリーズ終了後も漫画や小説、OVAといったメディアミックス展開を見せている中での今回の『劇場版』。一体、どのような作品として仕上がっていたのでありましょうか。
プロレスラーの蝶野正洋氏がCMに出てきたり、蝶野さんに加えて影山ヒロノブ、遠藤正明、山形ユキオ、宮内タカユキといったアニソン界の大物達が熱唱するイメージソングが作られるなど、ちょっとよく分からないプロモーションも展開してはいますが、銀幕で観る戦車戦は兎にも角にも大迫力である事間違い無しでありますよ!

ガールズパンツァー 劇場版


本作のあらすじは以下のような感じですかね。

第63回戦車道全国大会の優勝を記念したエキシビジョンマッチを終え、母校に帰ってきた大洗女子学園戦車道チームに告げられたのは、大洗女子学園の廃校だった!
これに抗議する生徒会長の角谷杏は文科省の役員と交渉、西住流家元である、みほの母・しほの助力もあり、戦車道の大学選抜チームに勝てば、廃校は撤回される運びとなった。大学選抜の隊長は、西住流のライバルである島田流家元の娘・愛里寿。実質的な西住流と島田流の直接対決がここに成立したのである。

しかし、戦車道全国大会を戦い抜いたとは言え、大洗女子学園戦車道チームの所有する戦車は、僅かに8輌。大学選抜の30輌の戦車軍団を前にはあまりに無力であった。
様々な困難を潜り抜けてきたみほにも、「今度ばかりは……」という思いが頭を過るが、試合開始直前、かつての対戦相手達が大洗女子学園戦車道チームへ加勢に駆け付けた!
そうしてここに、空前の戦いが幕を開ける……!



まず最初に度肝抜かれたのは、開始早々のエキシビジョンマッチであります。
炸裂する戦車砲、吹き飛ぶ戦車、そして破壊される大洗町! もうやりたい放題と言いますか、「よくぞやってくれたッ!」と(笑)。

3DCGで表現される戦車はテレビシリーズから引き続いて素晴らしく良く出来ておりまして、モデリングも然ることながら、各戦車の特徴を捉え、乗っているキャラクターの性格までも反映された、こだわり抜かれたその挙動は、日本アニメ史に残る屈指の3DCGアニメーション表現となっていたと思います。3DCGと併用して爆発エフェクトには作画を適時入れ込んだりもして、映像としての完成度を引き上げげられておりましたしね。
テレビシリーズから引き続き「スペック上はこの戦車はこんなに速度は出せない筈なんだが・・・!」というのはあるのですが、もうこんだけ「分かっている」人達が集まって(戦車考証には国内外の様々な軍事研究家や模型メーカーも参加していますし)創られているのだから、それは敢えての事であるというのが伝わってきますし、細部の描写がいちいちツボを押さえて作りこまれている訳で、やはりこの作品は登場する女の子達以上に戦車に燃えて萌えるアニメなのだという事を改めて認識させられるのでありました(笑)。

そして、冒頭からバンバン炸裂してくる、戦車の発砲音と爆発音! あれは劇場音響でなければ堪能出来ない、腹に来る重低音でありましたよ! 実に痺れます。
劇場版仕様として音の厚みが加わった劇伴音楽も、戦車戦を盛り上げるのに一役買っています。おなじみの「戦車道行進曲!パンツァーフォー!」をはじめ各学校のモチーフになっている国の軍歌や民謡が流れる箇所では、問答無用に気分が高揚します。いやぁ、音楽効果は絶大っすなぁ。
TVと比較すると劇場ではやっぱり圧倒的に「」の力が強くなりますよね。この「」の要素があるからこそ、より強く「もう1回『ガルパン劇場版』を観に行っておきたい!」という気にさせられるんでしょうなぁ・・・。

更に、戦車戦で破壊されていくこだわり抜かれた大洗町の描写!
大洗町全体を3DCGモデリング化したんじゃないかと思うくらい、グリングリン動く背景動画!
激戦区画となる町役場!
九五式中戦車が突貫攻撃をする大洗ゴルフ倶楽部!
流れ弾によって破壊され倒壊する大洗シーサイドホテル!
アクアワールド・大洗の破壊された建物の中から様子をうかがうペンギン達!
これは卑怯ですよ。こんなん見せられたら嫌でも「大洗町に行きたい!」って思っちゃうじゃないっすか!
聖地=破壊地」である怪獣映画と同じ感覚でありますかね。破壊されるカタルシスの中に『ガルパン』の「聖地」の真髄があると言っても過言ではありません。中には、「劇場版では是非ウチを破壊してください!」と申し出たお店やホテルもあったようですし(笑)。

更に更に、当たり前のように登場する知波単学園と継続高校の面々、そして聖グロリアーナのローズヒップさんとプラウダ高校のクラーラさん。
あんたら、さも「えっ、以前からずっと居ましたよ?」みたいな感じで馴染んでいるけど初登場ですよね!? そこはかとなく『人造昆虫 カブトボーグVxV』の第41話で突如登場した第4のレギュラーキャラ「シドニー・マンソン」みたいな妙な感覚でした(笑)。
一応、「存在していますよ」という事はTVシリーズやOVAを観ていれば分かる訳ではありますが、唐突に登場すると普通は違和感を持ってしまうものです。しかし、知らないキャラがワラワラと出てきてもガッチリと作品に馴染んでいるという説得力を持たせる演出力は、さすが水島努監督と言うべきなのでしょうかね。
いや、やっぱり否応なく言いくるめられたような感じがして卑怯です(笑)! 特に『ムーミン』シリーズの吟遊詩人スナフキンのような雰囲気を醸し出している継続高校のミカさん。あんた、何者だよ(笑)。

そんなこんなで冒頭から一気に作品世界に引き込まれる感じになっておるのですが、戦車道全国大会で優勝したにも関わらず文科省による強引な手順によって結局大洗女子学園の廃校が正式に決定し、学園艦から降りる事になったみほ達。
確かにTVシリーズでは、優勝はしたけど「廃校が免れた」とは一言も言われておりませんでしたが、この展開は「TVシリーズ&OVAでの、彼女達の戦いは一体何だったのか!?」とならざるを得ない展開ではありました。しかしまぁ、今回の劇場版の展開を考えると妥当な展開なのかな、と。確かに、TVシリーズでは優勝して日本一になってしまっている以上、「それ以上」の展開にしようとしたら、それこそ戦車道世界大会とかそういう展開になってしまう訳で。寧ろ、「理不尽な上層部の横やり」とか「やっぱり最後は戦車道で活路を開く!」という展開も、やっぱりスポーツモノの文脈ですからなぁ(笑)。

そういった、廃校という状況になってから初めて見れる、「いつものキャラ達の違った一面」が見れるというのもまた面白かったですかね。学校が無くなった途端にダラける風紀委員3人娘とか(笑)。
しかしながら、ボコボコに甚振られるクマの「ボコ」を愛でるというみほというのは、なんだか心の闇が見え隠れするようでもあり(笑)。いや、寧ろ主人公にこんなキャラ付けをさせる水島監督の方が闇を抱えてるんだよ! なんで作曲までしてるんすか(笑)!相変わらずこういうのが好きな人だなぁ・・・。
そして同時に、「戦車のある日常」が描写されていたというのもナイスでしたかね。
戦車で買い出しに行ったり、戦車を筋トレの器具として使っていたり(笑)。こういった、「戦車」という本来は人殺しの兵器が、その対極とも言うべき日常風景に存在しており、戦うでもなく生活に活用されているのは、なんかこう、込み上げてくるものがあります。戦闘用モビルスーツを日常生活に活用する描写もある『∀ガンダム』然り、こういうのは本当に良いですよね・・・。
迫力のある戦車戦とこういった日常生活が同居するというのが、『ガルパン』の大きな魅力でもある訳で、こうしてちゃんと戦車戦の合間に緩急をつける形で配置してくるのは見事という他ありません。

そうして、大洗女子学園の存亡をかけた、大学選抜戦車道チームとの戦いへ。
敵方の戦車が30輛に対し、大洗女子学園戦車道チームの戦車は僅かに8輛! しかも、一発逆転が狙えるフラッグ戦ルールでは無く、物量がある方が有利に立てる殲滅戦ルールでの試合。
圧倒的に不利な状況下で、「もはやこれまでか!」という雰囲気になったところに、かつての対戦相手であった黒森峰にプラウダ、そしてアンツィオにサンダースに聖グロリアーナ、更には知波単学園と継続高校までもが続々と大洗女子学園戦車道チームに加勢するのでありました。
いやぁ、ここはもう最高に盛り上がりましたねぇ! かつての対戦相手が助っ人としてやってくる。このドリームチーム感は、まさに劇場版ならではという感じがして非常に好きです。これほど心強いものはありません。これで戦車の数も30対30になったのでありました・・・。
特に、妹の危機に一番槍として飛んできたお姉ちゃん! 「あれ、まほさんってこんなに妹思いのキャラだったっけ?」という意見もネット上ではチラホラも散見されますが、しかしTVシリーズを注視すると、勿論、戦車道の対戦相手として相まみえる時は毅然として戦うという態度ではありましたけど、しかしまほさんは割とみほを心配し、肩を持つ感じで描かれているんですよね。ですので、管理人は「そりゃお姉ちゃんだもん、当たり前だよなぁ!」という感じで、なんだか凄く笑顔になりました(笑)。二人の幼少期の回想シーンなんかもまた微笑ましくて・・・。

それはそうとして、大学選抜チームは戦車の車輌数も然ることながら、戦車の種類も第二次大戦後期から末期に開発されて冷戦時代にかけても各国で長らく配備され続けた戦車が選ばれており、数の上でもスペックの上でもこれまで以上に強力な相手として設定されておりますね。
M24軽戦車などは戦後陸上自衛隊にも採用されて東宝特撮映画では水爆大怪獣ゴジラや大怪獣バランといった怪獣達やミステリアンといった異星人を相手に蹴散らされ果敢に戦っていましたし、センチュリオンとかに至っては様々な改造・改修を経て現在でも運用が続けられている国もある、ある意味現役の戦車ですし。
極めつけは要塞攻略用に開発されたカール自走臼砲! お前それ戦車じゃねぇだろ! なんてもん持ってくるんだ! 『コンバットチョロQ』かよ!
大学選抜でこれなのだから、資金の充実した社会人実業団チームや設立が示唆されているプロリーグは一体どうなってしまうのでしょうか・・・!

心強い味方が増えたとは言えそんな強力な大学選抜チームを相手に立ち向かうには、奇策を弄する他ありません。思えば、大洗女子学園戦車道チームは、相手に劣る戦車の数や性能差を様々な作戦を用いて突破してきたチームでありました。今回はそのみほの戦車道の集大成と言える戦いとなっていたと思います。
地形や構造物を最大限に利用し、敵戦車をひとつずつ撃滅していき、勝利する。
その戦闘の面白さは、ここでいくら文字数をかけて書いたとしても再現不可能なので、もう一回映画館に行くしか無いんですけどね(笑)! 劇伴音楽や劇場音響で轟く重低音の効果もあり、大迫力の戦車戦になっておりましたッ!

個人的に笑ったのは、うさぎさんチームが観覧車を破壊して戦場をひっかき回す一連のシークエンス。前回は『戦略大作戦』で、今回は『1941』かよ! と(笑)。いやぁ、『1941』は第二次大戦中に起きた「ロサンゼルスの戦い」事件をモチーフにしたスピルバーグ監督のドタバタコメディ映画で、最高峰のミニチュア特撮を堪能出来る映画だったりするのでありますが、まさか『ガルパン 劇場版』でこのネタが出て来るとは夢にも思いませんでした。「ミフネ作戦!」じゃねぇよ、腹痛いわッ! 戦争映画繋がりで言えば、パンフレットの裏表紙が『バルジ大作戦』のパンフレットのパロディになっているというのもまた(笑)。
また、知波単学園の面々が、同じ日本戦車という事で八九式中戦車を駆るあひるさんチームと行動を共にしていた訳ですが、八九式の後継車である九五式や九七式が八九式の後ろに並んでアヒルの行列のごとく走行していく姿は、何と言いますか、物凄く面白い絵面でありました。戦車萌えです。

全体を通しては、総勢40人を超えるキャラクターや20種類を超す登場戦車を余す所なく活躍させ、2時間という上映時間を緩急つけつつクライマックスを怒涛の迫力で描き切った痛快娯楽戦車映画だったと言えると思います。
ガールズ&パンツァー 劇場版』は、『ガールズ&パンツァー』のファンムービーとして、アニメ映画として、そして何より戦車映画として、非常に良く出来た作品として出来上がっていたのではないかと。多分ここまで戦車が大活躍する映画は映画史を通しても初めての事なのでは(笑)。

奇しくも明日・12月8日は、日米開戦の日であります。
戦後70年の2015年現在に於いて、こうした第二次大戦期の戦車が純粋なメカとして描かれるというアニメ映画が公開するというのは、いかに現代日本が平和なのかという事の証左と言えるのかも知れませんね。


【関連記事】
メカ少女のこれまでと『ガールズ&パンツァー』と第二次大戦メカの展望
第二次大戦メカ(をモチーフにした)作品のヒットに関するよしなごと
【碧志摩メグ問題】「二次元美少女」に対する我々と世間一般の認識の違いについての話など【萌えおこし】
元祖特撮怪獣映画 『ゴジラ』
愛すべき大怪獣バラダギ様! 『大怪獣バラン』
『ストライクウィッチーズ』についてのお話

【予告編】


【関連商品】
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]
(2012/12/21)
渕上舞、茅野愛衣 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/12/07 19:41|SFアニメTB:0CM:2

コメント


お疲れさまです!
良かったですね!劇場アニメはいい。最初からずっとニヤニヤしたり涙ぐんだりして観てました。怒涛の戦車戦は涙目。そう、「ローンレンジャー」の列車活劇の興奮と同じ涙目です。パンツァーリートとともに登場する黒森峰に鳥肌、ライバルたちがみんな加勢してのドリームチーム。これも「続編もの」の王道ですね。
「戦車に走れない道はありません」も良かったし「そど子がいないと風紀が乱れる」も良かったし杏ちゃんに抱きついて泣く桃ちゃんも良かったです。
この作品に音楽は重要な要素ですが、僕はサッキヤルヴェンポルッカにすっかりハマってしまいました。ああいうBGMのセンスは大好物。まさに戦車がダンスを踊るよう。やっぱりもう一度観たいなあ…。(いかんやはり洗脳された)
矢端想 #1h4OZhZI|2015/12/13(日) 14:00 [ 編集 ]

>>矢端想さん
お疲れ様です。
もう、スタッフの溢れんばかりの戦車愛っすよ! 圧倒的熱量です!
公開予定が2014年から2015年春を経て2015年晩秋と延期していただけの事はあります。待ったかいがあったというものです!(監督のスケジュールが製作側と合致しなかったという話もありますが)

戦車最高! 大洗最高! という事で、私は明日もう一回観に行きます(笑)。多分今度で劇場で観るのは最後なのではないかと……。
矢端さんも、是非(笑)!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/12/13(日) 20:14 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1333-522021ff

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.