管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ストーリー面では大小含めて様々な粗がある。しかし……快作! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 

世界観構築の妙と、人喰い巨人による圧倒的絶望感! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
※↑前篇の記事はコチラでございますよって、コチラの方を先に読んでから当記事を読んで頂ければ幸いであります。

前回までのあらすじ
謎の巨人軍団の襲来に、壁の中に閉じ込まざるを得なかった人類。しかし、100年の安寧は突如出現した超大型巨人によって崩壊を迎えた!
最外縁の街「モンゼン」に住んでいた青年・エレンは、全てを喪いながらも巨人に復讐するという目的で外壁再建作業団に入団する。人類最後の爆薬を手にし間もなく最外縁の壁に到達するかと思われた時、引き寄せられてきた巨人達によって外壁再建作業団は行く手を阻まれてしまい、爆薬をも失ってしまった。
もはや絶体絶命の局面の中でエレンは、巨人化する能力を発現したのであった!
一方管理人は「久方ぶりの東宝特撮映画」という事で胸を躍らせるが、世間に於ける本作の評判は決して芳しくなく各方面からダメ映画の烙印を押されてしまっていると知り愕然としたのであった。
作品を観た友人らからの評判もすこぶる悪いという事で若干憂鬱になる中で公開する後篇は、果たしていかなる映画として仕上がっているのだろうか!?
世界は残酷! 無間地獄に御用心!

・・・と、いう訳でございまして公開初日の朝一番の回で『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』を観てまいりました。
個人的には粗はあれど概ね良かったという感想を抱いておるのではありますが、同時に「こいつぁまた酷評されちまうんだろうなぁ・・・」というのをひしひしと感じつつの鑑賞となっちまいましたかねぇ・・・。どうせ今回も荒れるんじゃろ?

荒れるにせよ絶賛の嵐にせよ(まず無いでしょうが。)、兎にも角にも、「2015年怪獣の夏」の締めくくりの1本として、纏めねばなりますまい。
ちゅう訳で、ネタバレ全開のレビューのお時間でございます。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

まずは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』のあらすじからですかね。
前篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の引きからそのまま繋がる感じで、物語が再び膜を開けます。

巨人化してしまった事を目の当たりにした憲兵団は、エレンを拘束する。
「君は人か? 巨人か?」
そう、エレンに問うクバル主管。エレンを庇おうとするアルミン、ソウダ……。
しかしそこに、新たな巨人が乱入、エレンを連れ去ってしまった。

連れ去られたエレンは、白い何も無い部屋で目を覚ます。
そこでエレンは、シキシマからこの世界の真実を知らされる。

真実を知ってしまったエレンは、果たしてどう、行動していくのか……。
そして、壁を塞ごうと再度動き出す外壁再建作業団の面々の運命やいかに?


原作で言えば大体4巻までの流れではあるんですが、しかし今回実写化するにあたっての様々な改変が行われている為、実質的には完全な別物と呼んでしまっても差し支えないのかなと思います。
こりゃまた原作ファン界隈で荒れるに違いないというか、既に荒れちゃってます・・・。

本作の大きな問題点として、「前後篇に分けられてしまっている」というのがあると思います。
本来、『進撃の巨人』は1本の映画として纏まっていたという事ですが、クランクイン直前になって東宝上層部が前後篇上映にするという事を決定したとの事。まるで1962年公開の特撮SF映画『妖星ゴラス』に於いてクランクアップ直前に東宝上層部が「怪獣を出せ」と言ってきてスタッフが困惑した、みたいな話でありますなぁ。いくら東宝特撮映画だからと言ってそういう横槍の再現までしなくて良いのに・・・。
そして皺寄せとしてこの後篇に説明ゼリフじみたモノが集まっちゃったというのがあると思います。話の構造上巨人の食人シーンも後篇には出てこないというのも問題でしたかね。あと、尺稼ぎとも取れるような長尺のエレンとシキシマのバトルシークエンスとか。
恐らくこういった点は、1本の映画になっていればちゃんとバランス良く収まっていたであろうという事を考えると、やはり前後篇では無く、2時間強くらいの映画にした方が良かったんじゃないかと思わざるを得ません(いや、どうでしょうか?)。
まぁ、今更どうしようもない話ではあるんですが・・・。おのれ東宝、という事で。

管理人としては設定面の改変は実のところ言うほど悪いとは思わないんですよね。いや、寧ろ良かったのではないかと思います。
恐らく第二次大戦中に巨人化兵士を造り出す為の実験が行われ、その数十年後に何らかの要因で一般市民が次々に巨人化、誰がいつ巨人化するか分からないという疑心暗鬼に陥った人々は互いに殺し合い、遂には国家間の戦争にまで発展した・・・。
という、どことなく永井豪先生の漫画『デビルマン』を彷彿とさせられるような展開ではありますが、兎に角生き残った人々は巨人化しないであろう人々を引き連れて壁の中に閉じこもったと、そういう世界の真実が語られる訳であります。
原作に於いて、何故巨人が出現するようになったのか、何故巨人になっても自我を保てる人間がいるのか、といった巨人周りの謎については断片的にそれらの要因が示唆されながらも依然として解明されていない訳でありますから、完結していない作品の実写映画化という事で新たに再設定するというのは当然であると言えます。寧ろその「巨人大戦」を描いた映画も観たいような気もしますが(笑)。

そういった諸々の原作から改変された設定と、映像を含めた世界観は概ね良く出来ているとは思うのですが、問題はキャラクター、登場人物の描き方なんですよね・・・。
主人公・エレンは、前篇で「まだ何者にもなれていない青年」として描かれておりました。で、前篇のラストにて「巨人」になる事で漸く何者かになれるのか? というところで終わった訳ですが、この後篇では結局のところ、
シキシマに言われたから政府転覆に加担しようと考える

でも、シキシマのやり方では罪のない多くの人が死んでしまう

だから反抗する

という感じでありますので、根本的にはエレンは自分の考えで行動をしていないんですよね。結局エレンは何者かになる事は出来ずじまいで物語の幕が閉じてしまうんですよ。
壁の外に出て、そこで何者になれるのかを見つけようぜ!」という話なのかと言えばそういう訳でも無いですし、そのあたりは結構消化不良を起こしてしまっているのかなと感じました。

シキシマもシキシマで、初志貫徹して悪役であり、エレンにとっての壁で有り続けるかと思ったら、鎧の巨人としては割と簡単に負けちゃいましたし、「どうせ最後はちょっと良い奴になって死んでいくんだろうな」と思ったら案の定その通りになってしまいましたし・・・。

・・・割と途中からこの後の話の展開が読めてしまったというのもありますかね。
前篇に引き続き「死ぬんだろうなぁ」と思っていた人達は大体皆死にましたし、超大型巨人の正体なんかも鎧の巨人が出てきた時点で「あ、そういう事か」と分かってしまいましたし。
まぁ、それらは様式美と言えば様式美なんですけれども、もうちょっと捻って欲しかったなぁ、というのは多分にありましたかね。様式美で言えば、クバルさんがラスボスらしい台詞を一通り吐いた後に超大型巨人になったのは、もう何というか凄まじい「特撮感」の伴った様式美のような気がしましたが(笑)。
唯一予想外だったのは、ソウダのおっさんの思いのほか早い退場でありましたかね。よもや後篇冒頭で死んじゃうとは思いませんでしたので、もうちょっと引っ張って様々な謎を解き明かしてから死んでいく役回りだと思っていたので、これにはびっくりしました。
あと、キャラクターの死に様としてサンナギの死に方は非常に熱いものになっていましたが、反面、あんなに引っ張ったのにジャンが「気付いたら死んじゃった」みたいなのはどうかと思いましたけど。

そういった諸々のゴタゴタはありましたが、しかし中盤からの巨人化エレンと巨人化シキシマの戦いはもう色々と込み上げるものがありました。怪獣大決闘ですよ、怪獣大決闘! 管理人、超、笑顔です(笑)。
やたら冗長な説明ゼリフも、やたらクドいエレンとシキシマのバトルシークエンスも、この怪獣決戦のカタルシスの前には吹っ飛んでしまいます。やれ! やっちまえッ!!
そして怒涛の超大型巨人との最終決戦ッ! これまた凄い迫力を持った特撮映像で仕掛けてきやがった! そうだ、これだ! コレが観たかったんだッ!!
・・・等といった風に感じてしまうのは、やっぱり管理人が特撮怪獣脳だからなんでしょうなぁ・・・。
でも、この映画の肝って、結局この部分に集約されると思うんですよね。それがこの映画の大きな魅力でもあり、同時に欠点でもあるのでありましょう。
嗚呼、やっぱり荒れそうだ(笑)。


さて、本作の特撮面についてでありますか。

まぁ、まず何が言いたいかと言いますと、「特撮すげぇッ!!」なんですよね(笑)。前篇も含めて、『進撃』はこれまでの日本映画に無い規模で本編と特撮の融合が図られていたと言えるのでは無いでしょうか。いや、ここで言う「特撮」というのは、「日本映画の枠組みとしての特撮」と言うべきなのかも知れませんが。
ネットではチラホラ「ショボいCG」とか「笑止千万な特撮」みたいな言説で酷評されたりもしとるのではありますが、じゃああんたらはどんな特撮だったら満足するのかと、管理人は言いたくなっちゃう訳でございますよ。
ハリウッド並の特撮をやるには日本映画の枠組みでは予算も時間も足りない訳ですし、かと言って「どうせ日本の特撮なんだから」と手を抜いている訳でも無い。寧ろ、限られた時間と予算(と言っても日本映画の枠組みの中ではかなり大きな規模になってはいるようですが。)の中でハリウッド級の映画に見劣りしないような映像にすべく、SFX・VFXを含めてありとあらゆる特撮技法が尽されておった訳であります。
実際に完成した映像を観ると、かなりの迫力と熱量を持った映像として仕上がっていると言える訳でありまして、その点では決してハリウッドの大バジェット映画の特撮に劣ってはいないと考える次第であります。後述のように合成技術的・予算的な溝はあるにせよ・・・。

部分部分では「本物に見える」という特撮カットも相当数存在しましたし、パンフレットのメイキングで初めて「実物セットだと思ったらミニチュアだったの!?」というのが分かるようなモノも多々ありました。これはCGと思ったものがミニチュアだったり、その逆もあったり。特撮好きとしては大変満足しておる訳であります。映像ソフトに付いてくるであろうメイキング映像も見たいっす。
前篇で「装甲輸送車のシーンは部分的にミニチュアが使われているんじゃないか?」的な事を感じたのでありますが、まさか輸送車が動いているカットは全部ミニチュア撮影だったとは思いませんでしたよ! 6分の1スケールで自走するミニチュアモデルだと、そらリアルな表現をする事ができますわ。
多分、『進撃』で特撮的に種明かしされて一番驚いたのはコレですね(笑)。

そして、先程「怪獣大決闘!」と書いた、巨人同士の戦闘シークエンス。
巨人化エレンと巨人化シキシマの格闘などはまさに『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』を彷彿とさせられましたが、重量感・巨大感が非常に良く演出されており、そこに確かに「巨人同士の戦い」が繰り広げられておるのだという実感を伴ったものとなっておりました。ミニチュアの壊しもふんだんにやってくれていましたしね。
着ぐるみの造型も素晴らしく、ライティングも同居撮りでありましたので光源の不一致というのも無く、かなり自然な映像であったと思います。まさに、管理人が望む映像がそこにありましたね(笑)。1954年の『ゴジラ』以来の着ぐるみ特撮は、このレベルまで来たのかと思うと、実に感慨深くなります。

そして、クライマックスに登場するクバル主管の変身する超大型巨人の表現であります。
前編で管理人は、「作り物感があるのが残念だ・・・ッ!」という旨の感想を抱いた訳なのですが、この後篇ではその「作り物感」は殆ど払拭されており、圧倒的な存在感と生物感を放つ「ラスボス」として表現されておりましたね。
まさに、この後篇で今回の目玉として相応しい存在として完成したと言う事が出来るのではないでしょうか。

管理人としては全体的には非常に満足している、『進撃の巨人』の特撮表現。
ただ、敢えて、敢えて言うならですよ。ひとつだけ大変な不満点が管理人にはある訳であるんですよね。単刀直入に言うとそれは、「背景」であります。
前後篇共にこの映画ではVFX合成で背景が表現されている為、どことなく「セットの中」を感じさせられるような画作りになってしまっているのではないかというのを感じました。
いや、実のところコレは『巨神兵東京に現わる』から感じておった訳なんですけれども、もうちょっとどうにかならなかったのかなぁと思わざるを得ません。いわゆる「平成ゴジラミレニアムシリーズ」にて管理人が感じていた、「背景の合成によるセット感」というのは、2015年現在になっても払拭することはできないのか、と・・・。立体機動装置の合成もそうですが、まだまだ合成、コンポジット技術に関しては改善の余地アリという事でありましょうか。やっぱり光源と色調の問題なような気もしますかね・・・。

この問題は純粋にセットの広さというのもあるんでしょうけど、しかしその条件だと現在放送されている『ウルトラマンX』も同じな訳で、『X』はかなりセット感が払拭されているのを鑑みると、この『進撃』でも何とかならんかったのかなぁと思わざるを得ません。やっぱり見せ方の問題なのか・・・。『X』は背景がホリゾントで『進撃』は背景が合成という大きな違いもあるんでしょうが。
更に、『X』は現代日本、『進撃』では退廃した未来を描いた作品という差異はあるんですけれども・・・。それに、『進撃』は「壁の中」というある種閉塞した空間での物語でありますので、それはそれで「狭さ」を感じさせる演出という事も・・・ダメか(笑)。
この問題は、来年の庵野・樋口版『ゴジラ(仮)』で払拭されると良いなぁと思うのでありますが、さて・・・。


前後篇含めて、全体を通して大小様々な粗は確かにありますが、しかし監督以下スタッフ・キャストの熱量と執念がそのまま画面から放出されてくるような、非常にエネルギッシュな作品として、この『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』二部作は仕上がっていたと思います。決して「駄作」とか「ダメ映画」とか言われてしまうような映画では無いと思うんですよね。管理人としては「快作だった!」と言いたいです。

2015年怪獣の夏」の目玉として相応しい出来だった、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』二部作。
この作品で培われた特撮技術やノウハウがまた、次の作品にフィードバックされると思うと、来年のゴジラがまた楽しみになってくるところでありますなぁ。


【関連記事】
世界観構築の妙と、人喰い巨人による圧倒的絶望感! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
人喰い巨人獣に安寧の日は来なかった。彼が人喰いであるが故に。 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』
緻密なシナリオとリアリティ溢れる特撮で撮られた、怪獣映画の決定版! 『ガメラ 大怪獣空中決戦』
戦争映画の代替という側面も、怪獣映画にはある訳で。 『ガメラ2 レギオン襲来』
涙を呑んで、『巨神兵東京に現わる 劇場版』は失敗だったと言わざるを得ないのかも知れない……。
和製新作ゴジラの監督に、庵野秀明監督&樋口真嗣監督だとォ!? ‐両監督の作品の傾向から想像する新作ゴジラへの期待‐


【関連動画】

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/09/20 11:57|特撮怪獣TB:0CM:2

コメント

はじめまして
実写版の進撃の巨人ってあちこちで酷評されてたので、自分は観てないんですけど、こうゆうレビューは非常に参考になります。

ただ巨人が、その辺のおっさんにしか見えないという話も聞いたので、自分は観る勇気がないですね。
他はともかく、ミカサが水原希子というのは何とかならなかったのかと思います。
ponch #-|2015/09/27(日) 00:50 [ 編集 ]

>>ponchさん
はじめまして。

寧ろ、そのへんのおっさんやおばさんみたいな巨人が何を考えているのか分からないような表情で人間を喰っていくという巨人描写が、怖くて面白い(興味深い)ところでした。
予告編のキャプチャー画像を見ただけとかだと
ただのおっさんおばさんに見えてしまうんでしょうが。

私は、水原希子さんのミカサは悪くなかったと思います。

観ずに印象だけで語ってしまうのが一番危険だと思いますよ。ただ、観たあと駄作だと思ったら駄作だと言えば良い訳ですんで。
私は「快作だった!」と言いますが(笑)。
観るも観ないも個々の自由ではあるんですけどね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/09/28(月) 12:26 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1320-079c4fcf

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.