管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「特撮」に対する煮え切らないナニガシかについてのつらつら話 

性懲りもなくこんな記事書いちゃうあたり、管理人はもうどうしようもなく面倒くさい特撮ファンだという事は重々承知しているのではありますが、しかしそれでも書かずにはいられないのであります・・・!

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が公開して以来、まぁ予想通りネット上では賛否両論あり(・・・いや、こういう書き方する時は概ね「」の方の声がデカい訳でありますが)、荒れに荒れちゃっているひとつの地獄が形成されている訳でありまして、「世界は残酷」というキャッチフレーズまで現実世界で再現しなくても良いんじゃないかみたいな情況になっちゃっている訳でございます。
まとめブログの評判だけ見て実際の作品を観ずに叩いている、なんていうのは可愛いもんで、制作スタッフと全く関係の無い人が制作スタッフと勘違いされて絶賛炎上しちゃったりする様は、もう本当に地獄としか言い様が無いっすよ。リアルは地獄!
まぁ、そんな殺伐とした地獄炎上界隈は当記事としては割とどうでもよろしい。当記事の本題は、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』にも使われている、「特撮」というモノについての記事であります。

そもそも「特撮」とは何なのか、という詳しい話についてはこちらの記事あたりをご参照して頂ければと思います。

まぁ要は、映像作品制作の制作で使われる、ミニチュアや着ぐるみ、特殊メイクといった「SFX」とデジタル合成や3DCG等の「VFX」の総称が「特殊撮影」、略して「特撮」である訳であります。
しかしながら現状、「特撮」のイメージは、主にミニチュアや着ぐるみ等といったSFXであるんですよね。しかも、同じSFXでもアニマトロニクス(簡単に言えば、撮影用のロボットです。)や特殊メイクは、なんとなく「特撮」の範疇から外されている感もあります。そしてVFXに至っては完全に蚊帳の外になってしまっていて、本来は同じものの筈なのに、「特撮とCG(VFX)は違うもの」という認識すらされていたりもします。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』や『ラブ&ピース』、そして『ウルトラマンX』など、この夏はSFXを主体として撮られた特撮作品が多いのではありますが、その一方でそれらの作品に対して、
CGが凄い
とか、
日本映画としてはCG部分はかなり頑張っていた
とか、そういった言い方で特撮パートについて言及している方々が非常に多いのではありますが、ちゃうねん! 皆さんがCGだと思っているソレは、3DCGでは無くてアニマトロニクスであったりミニチュアワークであったり特殊メイクであったり着ぐるみであったりするんですよ!
3DCGであってもミニチュアであっても、「特撮」と言う言葉を使えば角が立たなかったというのに!(それはそれで別の問題がありそうですが。

・・・なんていうのが気になっちゃったりするのは、管理人が面倒くさい特撮ファンだからであり、一般的な鑑賞者からすれば、3DCGであろうとミニチュアであろうと、SFXであろうとVFXであろうとどうでも良かったりする訳でありますよ。
いやまぁ、管理人としても映像作品として凄いものであればその手法はなんでも良いとは思いますよ。特撮というのはあくまで映画全体の完成度を上げる為の技術であり、それら技術が何であっても狙った効果を上げる事が出来ればそれで良い。
そして、厳密に言えば。厳密に言えばですよ。撮影素材としてコンピュータに取り込まれていたら、撮影素材そのものはSFXの技術を使っていたとしても、コンピュータに取り込まれて合成された時点でそれはVFXになってしまう訳でありまして、そういう観点から見れば、「今の特撮は全てVFXである」と言う事が出来る訳でございますよ。
しかしそれはそれとして。例え「VFX」とひと括りにしてしまう事が出来ようとも、撮影手法はあくまで手段であったとしても。その特撮がいかなる手法で撮られているのか、創られているのかというのを知りたくなる、追求したくなるというのが、特撮ファンの、ひとつのでもあると思う次第でありまして・・・。そこが、「アナログ特撮」であるとか、「VFX特撮」であるとか、そういう語というか表現を使いたくなってしまう理由でだったりするんですよ!
最近巷では、「SFXとVFXを組み合わせた特撮」という意味で「ハイブリッドVFX」なんて言葉も出来てきているようですし、やっぱりそのあたりは管理人と同様、業を背負った特撮ファンが少なからず居るという証左なのではなかろうかと思うところであります。

さて、「良い特撮」とは一体何か。
管理人は、「特撮だと分からない特撮」こそが、「良い特撮」であると考えます。いわば、本物に見える特撮、でありますね。

コレに関しては、90年代の終わり~00年代のはじめのハリウッドの大作映画なんかで、割と完成を見ていると思います。スタジオセットとグリーンバック合成やミニチュア、マットペイント(簡単に言えば、背景等を絵で表現する技術です。)、3DCG等を駆使して、言われても分からない本当に、メイキングを観た後で本編映像を見直しても分からないんですよ!)ような見事な合成映像が創られていたりしておりまして、映像を観ても、それがロケによる映像なのか合成映像なのか全く判別がつかないというのは、今日ではもう日常茶飯事となっているんですよね。その点から言えば高度な「特撮と分からない特撮」が完成していると言える訳でございます。
破壊シーンとかでも「えっ、コレ本物を爆破させているの!?」というカットが実際はミニチュア撮影だったり、かと思ったら3DCG撮影っぽいと思ったら実物をぶっ壊して撮っていたり、もうどうやって撮っているのか分からないカットがバンバン出てくるので、ハリウッドの大バジェット作品は特に、メイキングを観なければ分からないような特撮が使われていると言う事が出来ますかね。
まぁ勿論、そこに「ヒーロー」や「モンスター」、「異星人」といった現実世界には存在しない存在が登場すると、途端に「あっ、コレは特撮を使用しているな」というふうに脳が切り替わってしまうのですが(笑)。

本物に見える特撮」という事については、日本の映像作品に於いてもかなりの精度のレベルまで来ていると言えると思います。
例えば、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなんかでは、セットとミニチュア、3DCGを合成して昭和30年代の街並みを造り上げていたりする訳でありまして、一見するとセットで撮っていると思われたカットが実はミニチュアだった、というのは結構ある訳で、知らない人は割と全部3DCGとセットでやっているのではないかと思っていたりするんですよね。
00年代中盤以降では、ロケでは無く実は合成だったといった映画やドラマも結構あり、また、スタントシーンだと思っていたら実は3DCGだったり、航空機は実景かと思ったらミニチュア合成だったりといった「それが特撮だと分からないカット」というのは、地味ながら日本の映像作品にも増えてきていると思います。
また、これはちょっと事情が異なるかも知れませんが、往年の時代劇なんかでは屋外のシーンでは、鉄塔やビル、護岸用コンクリートで固められた河川、果てはガードレールなんかがガッツリと写り込んじゃっていたりしたのですが(かの黒澤明監督など、「撮影の邪魔だからあの鉄塔を取り壊せ!」なんて言ったそうです(笑)。)、現代の時代劇ではそういった「その時代には存在しない筈のモノ」は全てそれとなくVFX処理で消している訳ですので、コレも特撮だと分からない特撮だと言う事が出来るかも知れません。

特撮だと分からない特撮」が至高である。それは間違い無いんです。
間違い無いんですがしかし、困った事に管理人は、「ミニチュアセットで創られた特撮ステージ」が出てくると否応なしに興奮してしまうという、どうしようもないボンクラ特撮ファンでもあるのであります。もうこればっかりは仕方無ェと開き直るしか無いんですけれども・・・ッ!

管理人の特撮原体験って、やっぱり「平成ゴジラVSシリーズ」なんですよ。
あのシリーズは、広いセットの中にミニチュアを並べて、ゴジラをはじめとした怪獣が破壊を繰り広げつつバトルをするというものであり、普通に見れば、それがミニチュアと着ぐるみで創られている事は一目瞭然であり、間違っても「特撮とは分からない特撮」であるとは言えないシロモノであります。
幼少期の管理人の目にはそれが本物に見えていたのかはちょっと定かでは無いのですが、しかし、怪獣達のバトルに心躍らされていたのは事実であります。いや、今だって心踊らされますよ。
・・・だからなんでしょうね、『ALWAYS 三丁目の夕日』のリアルなミニチュア合成VFXカットよりも、『デスカッパ』みたいな、もう書き割りみたいなミニチュアが置いてあるだけのいかにも「ミニチュアです!」っていう、悪ふざけのような特撮でも、セットに広々と(いや、そこまで広いセットでも無いのですが。)ミニチュアが並べられているカットの方に「おおッ!」ってなっちゃうんですもん・・・。
コレに関してはもう正直管理人も我ながら呆れ果ててしまいます(苦笑)。ミニチュア撮影に対する偏愛と呼んでも良いかも知れません。
まぁ別に、「ミニチュア撮影」だったら何でも良い、という話でも無いんですけどね。

そういったミニチュア撮影の手法で「本物と見違う特撮」が見れれば、より感動というか興奮の度合いは高まりますかね。基本的にはミニチュアに見えるんだけれども、ポンと「えっ、コレはひょっとして本物!?」というカットが入ってくれば、それだけで興奮度倍増であります。・・・嗚呼、面倒くさい。
1973年公開の『日本沈没』の海上自衛隊PS-1飛行艇が旋回するカットとか、『ゴジラ対メガロ』の(メガロが登場するまでの)小河内ダムとか、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の怪獣がフレームインする直前の東京の町並みとか、或いは『怪奇大作戦』23話の炎上する寺院であるとか、『1941』のロサンゼルス上空を飛ぶ航空機とか・・・。それこそ、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の装甲輸送車(特撮監督のツイートによると、あれはやっぱりミニチュア撮影でした!)もそうですね。
現在放送中の『ウルトラマンX』でも、ウルトラマンや怪獣が本当に巨大に見える一瞬が度々来るので、管理人としてはもうたまらない訳でございますよ。
・・・いやぁ、もうどうしようもないですよね。勿論、そういったミニチュア撮影の特撮の良い面、悪い面は、両方とも痛いほど分かってはいるんですが、もう仕方が無い、と・・・。

面倒くさいし、どうしようもないし、一般的な感覚からはかけ離れている。
自己嫌悪に陥る事もありますけど、それらが好きである事を変えることはまぁ、出来んでしょう。呪いみたいなもんです。
まぁせめて、そういった呪いと上手く、長く、付き合っていくしか、無いですかねぇ・・・。


【関連記事】
日本の「ミニチュア特撮」の魅力とは?
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、観てまいりました!
「脱特撮」を推進したい!

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/08/04 07:58|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント


こんばんは。どうも初めまして。

「特撮」関係のサイトを検索中そちらをお見かけし、以来時折お邪魔させて頂いています。特撮関連の検索、と述べたように私も勿論その手の映像表現、技術に少なくない関心を寄せています。そちらが題材に取り上げた作品は大体拝見していまして、人並み以上の思い入れを何れも抱いています。

ごく拙い私の感慨とは全く別の次元(と敢えて言いますが)の視点、鋭い観点で纏められた各種のそちらの記事にはいつもうならされています。「なるほどこういう見方が・・・」等、まさに目から鱗の心境ですね。

今回の(そして以前にも主張された)特撮に関する定義もとても興味深く拝見させて頂きました。仰られますように、特撮、SFX、(そしてVFX)に括られる映像分野には新旧合わせ多彩な技術の世界なり拡がりがありますね。マットアート、スクリーンプロセス、ロトスコープ、モデルアニメーション、特殊メイク、アニマトロニクス、スーツメーション(縫いぐるみ)、操演、デジタル合成、そして3DCG等々。

中でも私も所謂「ミニチュア」を用いた特殊撮影に対してとても惹きつけられます。それも「模型然」とした物でなく「本物然」とした(あるいは限りなくリアルなカットを目指した)表現や作り込みに対する拘りがあります。だから現在公開中である(色々な意味で話題の)「進撃の巨人」を手掛けた樋口真嗣監督が嘗て特技監督を担当された例の「平成ガメラ」シリーズで展開された一連のミニチュアワークの凝り具合には随分痺れたものでした。

特に派手に破壊された東京タワーとこれみよがしにタワーに巣くうギャオスのシルエットを描く暮れなずむ光景はオープンセットの長所を最大限に活かした詩情すら溢れる名場面でした。このカットは未だにミニチュアワークの白眉だと私個人は思っています(3作目の渋谷崩壊も凄まじく素晴らしいのですが)。

当該作でミニチュア美術を担当された三池敏夫氏の名もその折に知りまして、以来樋口監督と同様、氏の名を見かける度に(と言うか見かけただけで)ワクワクドキドキ、とした高揚感に見舞われたりしました(笑)。あまり周囲にはその手の話は切り出せませんけど。不躾ながらすこしこの場をお借りして言わせて頂きました。

「進撃の巨人」、来週観に行く予定です。他の方の意見はともかく、そちらのとても熱が籠った感想を拝見して一層期待感が高まっています。改めましてどうもありがとうございます^^長くなり失礼しました。
ワン #/z0Yvcx6|2015/08/04(火) 22:49 [ 編集 ]

>>ワンさん
はじめまして! コメントありがとうございます!

緻密なミニチュアワークが時として本物に見えてしまうという感覚、これこそがミニチュア特撮のひとつの醍醐味であると思います。

「見慣れた街がミニチュアワークで再現され、そして盛大に破壊される」
という怪獣映画的カタルシスは、退廃した世界を描いた『進撃の巨人』ではあまり味わえませんでしたが、この作品は、映画に込められたエネルギーがビシバシ映像から伝わってくる、そんな映画でした。

近日中に平成ガメラ第一作『大怪獣空中決戦』の記事も書こうかなぁと思います。

また、遊びにきて頂ければ、幸いであります!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/08/05(水) 20:26 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1306-231c6037

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.