管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

世界観構築の妙と、人喰い巨人による圧倒的絶望感! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 

お疲れ様です。お世話になっております。当ブログ管理人・飛翔掘削です。

いやはや、遂に公開致しましたね、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』!
もう待ちに待った待望の公開という事でございまして、管理人は初日初回に観て参りました。
管理人は特撮怪獣ファンではありますが、『進撃の巨人』も原作第1巻から追っている訳でありまして、まぁ、「新しい時代の特撮が観れる!」という期待と、「『進撃の巨人』の実写化映画・・・一体どうなってしまうんだ!?」という不安の、二重螺旋のモヤモヤっとした感じで映画館に足を運んで来た次第であります。

で、まぁ、結論から申し上げますけれども、本作『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、原作ファンとしても特撮ファンとしても、
かなり良かったよ!
と言えるような仕上がりとなっておりまして、割と個人的には太鼓判を押せるのではないかと思います。
後編の公開が今から楽しみでありますなぁ。そして、同じ樋口監督が監督&特技監督を務める来年の『ゴジラ 2016(仮)』も、こりゃ期待が持てるぜ・・・ッ!

そういう訳でこの『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、いったいいかなる映画だったのか。
早速レビューのお時間でございます!

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

本作の原作である『進撃の巨人』は、諫山創先生による2009年より講談社の「別冊少年マガジン」より連載中の漫画作品であります。
今や累計5000万部を超える大ヒット作品でございまして、1巻を買った時は管理人もここまでヒットする作品になるとは思いもよりませんでしたかね。その後放送されたTVアニメも勿論大ヒット、来年には第2期が放送という事で、そっちもまた楽しみであります。
そもそも管理人が『進撃の巨人』を読み出したのは、「なんだか『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』テイストの漫画があるらしい!」という話をネットで小耳に挟んでからのものでありまして、怪獣きっかけで読み出した漫画作品が、怪獣映画を撮ってきた監督による実写映画化というのは、なかなかに感慨深いものでありますよ。
そら、日本でこの作品の実写映画をやろうとしたら、これ以上の適任は無いよな、という話もあるんですけれどもね(笑)。

さて、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』。そのあらすじは、こういった感じでありました。

今から100年近く前。突如出現した謎の巨人達によって、繁栄を極めた人類は存亡の淵に立たされた。
文明を失いつつもなんとかして人類は巨人を防ぐ巨大な3重の壁を築き、その中へ逃げ込み、ひとまずの安寧を得た。

人々は壁の中で子を産み、育て、そして死んでいく。それが当たり前となった頃。
最外縁の壁の近隣の街・モンゼンに住む、幼い頃に両親を亡くした天涯孤独の青年・エレンは、なかなか定職に就くことが出来ずにいた。
そんな彼を叱咤激励する幼馴染のミカサとアルミンに、エレンは夢を語る。
「いつか、壁の外の世界を見てみたい」
そのままの勢いで壁の近辺まで行く三人であったが、しかしその時、大地を揺らす地響きと、聞いたことのない雄叫びが天を劈いた!

そうしてその日、壊れる事は無いと思われた壁は、壊されたのである――。


まぁ、全体の流れを見ると、原作で言えば2巻まで、アニメで言えば第8話くらいまで、といったところでありましょうか。壁が破られ、原作で言うところの「ウォール・マリア」に相当する最外縁の壁の放棄、エレンらの「調査兵団」への入団に相当する「外壁再建作業団」への入団、「ウォール・マリア」奪回作戦に相当する外壁再建作戦、エレンの巨人化、あたりまでです。
今サラッと「○○に相当する××」という書き方をしましたが、この実写版では色々と名称やら設定やらが変更になっておりまして、恐らく「出演者の全員が日本人」という事に対する措置と、漫画という絵で描かれた作品を実写でやる際に生じる諸々の不都合を処理する為の設定変更であると思われます。
また、その関係上原作には存在しない実写版オリジナルのキャラクターが複数人登場していますし、主人公であるエレンをはじめ多くのキャラクターの性格等も色々と変更となっておりました。原作そのまんまのキャラクターで出てきたのは、石原さとみ演じるハンジさんくらいじゃないですかね。いやぁ、アレはハマり役でありましたよ!

この設定改変・キャラクター改変という点に於いて管理人はまぁ、ある程度仕方の無い話であると思いますし、そもそも実写映画としてやるんだから色々と原作やアニメとは違った方向性の物語も観たいというのもあって割と肯定的に捉えておるのではございますが、そのあたりは「原作通りじゃないと受け付けない!」という方にはかなり厳しい作りにはなっているのかな、と思う次第であります。
実際問題としてネット上の諸々に於いては既に現段階でその改変に対する否定的意見が主に原作・アニメファン層を中心に席巻している訳ですし・・・。
絵と実写では表現も違うんだから、そのあたりは割り切るという事も必要だと思うんですがねぇ。

そういったキャラ改変・設定改変は多々ありましたが、しかしこの『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、原作『進撃の巨人』の世界観と雰囲気をそのまま実写にしたような映画でありました。
何と言っても世界観の作り込みでございますよ! 冒頭の、最外縁の壁の近くにある街「モンゼン」の作り込みからしてもう半端ではありませんでした。尺としては5分くらいではありながら、巨人から逃げ延びた代償として現代よりも文明が退廃し待った世界の中で人々が「実際に生活している」という事を感じさせる、そんな映像でありました。この時点でもう掴みはバッチリでありますよ(笑)! その世界観でちゃんと全編やってくれるので、「カメラの外」をヘンに感じて冷めちゃったりする事無く安心して物語に浸る事が出来ます。
こういったのは、日本映画ではなかなか見られない世界観の作り込みであると思いますし、やはり軍艦島でのロケというのは確実に効果を上げていたとしか言い様がありません。軍艦島は先日世界文化遺産にも登録されましたので、そこでロケが行われたとなれば話題にもなるしで、思わぬ一挙両得でありますなぁ。

そうして、街に進撃する巨人達。
これまた、原作やアニメの巨人達がそのまま実写になったような感じで登場してきた訳でありましたね。外見は極めて人間に近いながらも、しかし何を考えているか分からない意思疎通が出来ないデカい奴らが、うすら笑いを浮かべながら人間を貪り喰らう!
人型である存在が人間を喰らうというのは、往年の特撮怪獣映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』と同様嫌悪を禁じえないのではありますが、この『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』に於いては完全に人間の顔に準じた容姿を持つ人型の存在が襲ってくる分、一層嫌悪感と恐怖を感じる作りになっておりまして、これは映画だと分かっていながらも俺も喰われてしまうんでは無いか!? という恐怖にゾクリとしてしまいました。いやぁ、恐ろしい! 巨人が人間を喰らう際の血しぶきとか効果音とかが割とエグくもあり、恐ろしさ倍増です。IMAXの大音響での鑑賞ともなれば更に倍率ドン!
そして巨人達は、恐ろしさを持っていながらも、どこかしらコミカルさというかひょうきんさを兼ね備えている存在でもあり、これまた原作・アニメに於ける巨人に即したものであったと言う事が出来ると思います。しかしながら恐怖の巨人がひょうきんというのは、怪獣映画に登場する怪獣の持つ愛らしさにも通じるものがありますねぇ。

で、まぁ、世界観がしっかりしていたから没入できたストーリー部分。
冒頭、これでもかというくらいに巨人に蹂躙されていくモンゼンの街と、一人取り残されてしまったエレンの孤独感、そして2年後のミカサとの思わぬ再開。
エレンとミカサの関係等々が原作とは異なり、割と普通の幼馴染になっている点、そして(今年公開の怪獣映画『ラブ&ピース』で主役を演じており、立て続けに怪獣映画に出演している)長谷川博巳の演じる「人類最強の男」こと調査兵団隊長・シキシマとミカサの関係、それを見て狼狽えるエレン、というのが、後編ではどういった関係になっていくのかというのが非常に気になりますね。エレンとミカサはくっついて欲しいっすよ。
そして、エレンの巨人化をはじめ、巨人について何か知っているそぶりのソウダのおっさん、謎多き憲兵団、前編では一切登場しなかった中央官庁等々、色々と設定の改変が行われている分、なかなかどうして先が読めない引きになった感はありますよね。
謎解き」というか、様々な謎が明らかになっていくというのは『進撃の巨人』の醍醐味の一つでもありますので、この実写版でも是非それを体現した展開を期待しましょう。いろいろ大どんでん返しが待っているみたいなので、オラ、ワクワクしてきたぞ!
まぁ、なんだかんだでストーリー全体については後編を観なければなんとも言えないという部分も多分にありますから、そのあたりについては改めて後編の記事にて書いて行くとしましょうかね。

先述の通り「キャラ改変・設定改変」が行われたこの『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』ではありますが、しかし改変された部分を見たり実写版の為に新しく登場したキャラを見たりすると、まぁ、色々とキャラが立っていてなかなか面白かったですね。

主人公のエレンは、両親に先立たれて天涯孤独の身となっている分、ミカサの喪失(生きてたけど)の絶望感が際立っていましたし、ミカサは冒頭「THE普通の女の子」で少々面食らいましたが、その後の原作に近い性格になって再登場したあたり、過酷な2年間を過ごしたのだなぁというのが際立っていました。・・・主役三人組の中で一番キャラが立っていなかったのはアルミンなんじゃないか? 今後に期待という事で・・・。
謎の怪力キャラだったサンナギに、イチャイチャしてたら死んじゃった火野映司フクシなど、登場時間はメインの面々に比べたら短いながらも、オリジナルキャラ勢も十分にキャラが立っておりました。
オリジナルキャラ勢では特に、ヒアナさんが志願した理由なんかはまさにこの世界観の住人だからこそのキャラクターである、という感じがしましたかね。出征の理由もそうですし、彼女が生命の危機に及んでああいう行動に出ちゃったというのも、なかなかどうして生々しい戦場感が出ていて、どこまで行ってもこの世界で生活している住人であり続けたのが印象深かったです。当然のように死んじゃったけど、もう少し彼女には生きて欲しかったですかなぁ・・・。
そうやってどんどん登場人物達が死んでいく中でもサシャは相変わらず腹ペコキャラでしたし、ハンジさんはいつものハンジさんであり、あの二人は結構な癒しでありましたなぁ(笑)。

そうして、クライマックスの巨人化したエレンの無双シーン。
これまで人類が巨人に蹂躙され続けてきた鬱憤を晴らすかのような爽快感がここには確かに存在しておりました。やれッ! やっちまえッ!!
特撮怪獣ファン的にはこのあたりで、「総員、あの巨人を援護せよ!」とかなるととても熱い展開だよな、とか思っていましたが、勿論そんな風になる訳でも無く(笑)。まぁ、いきなり巨人が巨人を攻撃したからといって完全な味方であるとは判断出来ませんし、それが妥当ではありますけどね。原作でも、巨人化エレンを皆が援護する展開は3巻以降の部分でありますので、まぁそのあたりは後編に期待、というあたりでありましょうか。


さてさて、本作の特撮部分についてのお話。

巨人の表現は主に、特殊メイクと合成によって行われておりました。話によれば、この巨人達の大半はエキストラや撮影に携わっているスタッフであるとの事。実際に「そのへんにいそうなおっさんやおばちゃん」がうすら笑いを浮かべつつブツブツつぶやきながら迫ってくる様は本当に恐ろしい映像でありました。目が捕食する人間を捉えて常に動いているし、表情ははっきりしているしで、3DCGでは出せない生の恐ろしさが直に伝わってくる見事な映像でありましたね。独特な動きもナイスな演技付けであったと言えるでしょう。
合成による光源の不一致感も無くはないですが、しかしこの巨人達の場合その不自然さが不気味さを一層引き立ててもいた訳ですので、寧ろ良し、ですね。意図していたかいないかは分かりませんけれども。
そして何より原作通りに巨人の身長はちゃんと10m級、5m級、3m級・・・と、まちまちであり、そして画面上では各級の巨人が違和感が無く同立しているのは、VFX合成技術の進歩を感じずにはいられないカットでありましたよ。画面に馴染みすぎだろ、お前達!(笑)

また、SFXの花形とも言うべきミニチュアも効果的に使用されているようでありまして、主に背景や破壊カットにて、その使用が認められました。3DCGや別素材と思われる煙等が加算され、最終的な色調調整を合わせる事で本編画面との統一化が行われている訳でありまして、樋口監督が特技監督として参加した『平成ガメラシリーズ』で行われた「本編と特撮の融合」というのが、より高いレベルで行われておりましたね。
そして、コレは現在のところ未確認なのでありますが、外壁再建団の装甲輸送車(そこはかとない『マッドマックス』感がありましたね(笑)。)も、シーンによっては恐らくミニチュアが使われているのではないかと思われます。観ていて微妙な違和感がありましたが、概ね「本物」と言われても納得が出来るレベルでありましたので(一緒に観に行った管理人の友人は本物に見えたと言っていました。)、もしこれがミニチュアで表現されていたとすれば、「恒久的に実物に見えるミニチュア特撮」だったと言える訳でございまして、これは特撮ファン的には驚愕するべきポイントであると言わざるを得ません。
まぁ、そのあたりの真相はメイキング待ちという事になるのでしょうけどね。

そして、巨人化したエレンの着ぐるみ造形であります。
完全に原作準拠でありながら、その存在感と実在感、生物感を兼ね備えた見事な造形であったとしか言い様がありません(笑)。着ぐるみに3DCG或いは煙等の素材をVFXで足した形で表現されているあたりが、生物感を増しているポイントと言えるのかも知れませんね。
巨人軍団との戦闘シークエンスでは、巨人達との同居撮り撮影が行われているらしく、色調調整に頼りすぎない、割と自然なライティングが行われていたようでありまして、空気感の一体という同居撮り特撮の良さが存分に発揮されたシーンだったと言えるでしょう。爽快でもあり、「いつもの巨大特撮」という安心感もありで、良いシーンでありました。

・・・さぁ、問題の立体起動装置であります。
巨人がかなりハイクオリティな特撮で表現されていた分、この立体起動装置の粗さが結構目立つ、そんな感じにはなってしまっていたように管理人は思います。やはり日本のVFX特撮技術でこういう表現をやるには限界があったのかと思うと、悲しくなりますかね。
しかし、カメラワークなどを違う感じにすればまた受ける印象も変わったようにも思うんですよね。実際問題として、ミカサとシキシマが登場する初の立体起動シークエンスは、正直「うわぁ・・・」となってしまったのですが、エレンが覚悟を決めて巨人に対して突進していくカットでは、まるで大空に飛翔するかのようなカタルシスを持ったものとなっていた訳でありまして、そのあたりは魅せ方ひとつで技術の粗さは克服できるのかなと、思った次第であります。
ただ、映像作品で立体起動装置の表現となりますと、アニメ版でのあの表現があった為、それと被らないようにしつつ映画独自の魅せ方を模索していたようにも見えます。アニメ版の立体起動装置は、割とアニメ的な表現として完成しているという面がありまして、タメや見栄切りがあり、それを実写でやるとともすればスピード感を殺す事にもなりかねませんので、そのまんまという訳にはいかなかったという事情も多分にあるのでしょう。
そのあたりは、後編にて洗練されている事に期待しましょうかね・・・!

最後に、本作の目玉とも言うべき「超大型巨人」の表現について。
まぁ、本作に於ける超大型巨人は、言っても冒頭で壁を破壊しただけに過ぎず、本格的な登場は恐らく後編からになるのでしょうけれども、その圧倒的な巨大さと、怪獣映画ばりの登場の仕方は、強烈な印象を与えていきました。
・・・ましたが、しかし一方では、巨人や巨人化エレンがかなり生物感の強い表現でありましたので、相対的に超大型巨人が「作り物」に見えてしまったという部分があるかと思います。
いえね、あの超大型巨人は複数人が一致団結して動かす、アニマトロニクスと操演人形のハイブリッド的パペットに煙等の別素材や3DCGを合成して表現されている、特撮的にはかなり大掛かりなモノなのでありますが、だからこそ一層そこが「作り物」に見えてしまうという問題を孕んでしまっていると思うんですよ・・・。それが非常に残念な部分ではありました。
しかしまぁ、後編には超大型巨人の登場も増える事でありましょうから、そのあたりがまた払拭される可能性もある訳であります。コレも立体起動装置同様、後編に期待、という事で(笑)!


と、いった感じで、長々と『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の感想記事を書いてきたのですが、いかがでしたでしょうか。
色々と細かい部分の粗はあれど、管理人はもう、「日本映画でここまでの特撮が撮れる時代がやってきたのかッ!」と、感激しきりでございますよ(笑)! 勿論、『進撃の巨人』のファンとしても、概ね満足出来る仕上がりになっていたと言える訳でありますしね。

そして当記事は、9月公開の後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』の記事に続きます・・・!

ストーリー面では大小含めて様々な粗がある。しかし……快作! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』


【関連記事】
涙を呑んで、『巨神兵東京に現わる 劇場版』は失敗だったと言わざるを得ないのかも知れない……。
戦争映画の代替という側面も、怪獣映画にはある訳で。 『ガメラ2 レギオン襲来』
名作自主製作特撮怪獣映画 『八岐之大蛇の逆襲』
或いは、怪獣映画文化のある日本だからこその映画と言えるのかも知れません。 『ラブ&ピース』
小さい頃に観たらトラウマ必至の怪獣映画ですが、しかし人造巨人の悲哀を描いた傑作なのです。 『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』
人喰い巨人獣に安寧の日は来なかった。彼が人喰いであるが故に。 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
和製新作ゴジラの監督に、庵野秀明監督&樋口真嗣監督だとォ!? ‐両監督の作品の傾向から想像する新作ゴジラへの期待‐

【関連動画】


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/08/01 23:59|特撮怪獣TB:0CM:2

コメント


原作は本誌でリアルタイムで全て読み、コミックスも揃えているファンです。
特撮ファンというわけではないですが、映画はまあまあ好きで年間100本くらい
劇場で観ております。

さて、なかなか興味深く感想を読ませて頂きました。
特撮部分については同意見でわ原作改変については、改変自体は許容できますが、
台詞とか演出とかは最悪だなあ、と感じました。あくまで個人的にですが。

みなさん色々な感じ方があるものですね。
匿名様 #-|2015/08/02(日) 02:03 [ 編集 ]

>>匿名さん
コメント、ありがとうございます!
特撮面に於いては、やはり本当に今の日本映画に出来る最高峰の映像だったと思います。

人物演出に関しては、確かに魅せ方をもうちょいなんとか出来ないかと思わなくもなかったですかね。
台詞回しについては、私は特段気になる部分は無かったです。世界観に圧倒されて気にならなかった、という部分はあるかも知れませんが。

ストーリー面は、後編待ちという事で取りあえずは保留状態ですかね。

何にしても、『進撃の巨人』という一本の映画で色々な意見やら感想やらが出るのは良い事であるとは、思う次第であります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/08/02(日) 15:20 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1305-2d69dae2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.