管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

人喰い巨人獣に安寧の日は来なかった。彼が人喰いであるが故に。 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』 

と、いう訳で、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』公開前夜祭という事で、先日の『フランケンシュタイン対地底怪獣』に引き続き、本日はこの『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』の記事と相成ります。

この『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』は、『進撃の巨人』の原作者である諫山創先生も、『進撃~』はズバリこの作品の影響下にあるという旨の発言をしておりますし、実写版『進撃の巨人』公開前夜祭としてはもう取り上げずにはおけるかという、そういった感じでありますかね。
そして、諫山先生以外にも、この『サンダ対ガイラ』に影響を受けたというクリエイターは国内外に結構居る訳であります。
東宝特撮映画全体としても人気作のひとつでもある本作。一体いかなる映画なのでありましょうか?

姉妹作・『フランケンシュタイン対地底怪獣』の記事は、こちら

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』は、1966年公開の特撮怪獣映画。タイトルからも分かるように、前年公開の『フランケンシュタイン対地底怪獣』の続編というか、姉妹作となっております。
前作に引き続く形で、東宝と米国のベネディクト・プロとの合作でありますが、これまた前作同様実制作はいつもの東宝特撮陣。製作・田中友幸、監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭。お馴染みの方々ですね。
先程、「続編というか、姉妹作」というなんとも歯切れの悪い書き方をした訳でありますが、制作当初明確に「続編」とされており、実際完成した作品を観てみても「続編」と読んでも差し支え無いような内容なのですが、制作陣の「1本の映画として独立させたい」という考えから、色々と細部の設定やら何やらが『フランケンシュタイン対地底怪獣』とは異なっております。まぁ、「パラレルな続編」とでも言うべきでしょうか。
そのあらすじは、こんな感じです。

三浦半島沖で航行中だった漁船・第三海神丸が、謎の沈没を遂げた。
唯一生き残った乗組員は、錯乱状態にありながらも、「仲間は全員、フランケンシュタインみたいな化物に食い殺された」と証言する。
それを受け、海上保安庁は京都にあるフランケンシュタインの研究で有名なスチュワート研究所に出向き、
「1年前に死んだフランケンシュタインが生き延びて海で棲むようになり、人を襲ったのではないか?」
と尋ねるが、スチュワート博士は、
「そんなことはありえないし、仮にフランケンシュタインが生きていたとしても、人を喰らうような事は絶対に無い」
と断言する。

しかし、怪物による海難事件はその後も続き、遂には羽田空港にフランケンシュタインが出現、犠牲者を出す。
自衛隊はメーサー殺獣光線車を繰り出し、電撃作戦を持ってフランケンシュタインの抹殺を試みるが、後一歩のところでもう一体のフランケンシュタインが出現、作戦は失敗に終わる。
以後、海から出現した緑色のフランケンシュタインをガイラ、山から出現した茶色のフランケンシュタインをサンダと呼称し、自衛隊は両怪獣の殲滅を試みるのだが……。


1954年公開の『ゴジラ』や『空の大怪獣ラドン』等のこれまでの東宝特撮怪獣映画に於いても、怪獣が人を喰らうという事が示唆された作品はありました。しかしながら、直接的な表現で怪獣が人を食べているのを描写したのは、本作が初めての事であります。
本作のガイラは、逃げ惑う人間を引っ捕まえて、もうバリバリムシャムシャと喰い、そして衣服だけをペッっと吐き出すんですよね。しかも、この映画に登場するガイラはゴジラ達のようなタイプの怪獣では無く、フランケンシュタイン準拠の人型の怪獣。そこはかとないカニバリズム感がそこには流れており、『フランケンシュタイン対地底怪獣』とは別の意味でトラウマになってしまいかねない、恐るべき怪獣映画なのであります。管理人は割と大人になってから本作を観たので流石にトラウマにはなっていないのですが、初見時には結構ゾッとした覚えがあります。
公開当時は既に『ウルトラマン』のテレビ放送も始まっていた為、楽しい怪獣映画を期待して本作を観に来た子供は、さぞ恐ろしい体験をしたに違いありません(笑)。

この映画、冒頭から暫くは、「人喰い巨人獣の恐怖」を、これでもかというくらい丹念に執拗に描いているんですよね。
漁船を襲うガイラ(ついでに大ダコも出てきます。本作にはちゃんと話の脈絡に沿った大ダコが出てくるんです! 円谷監督、大ダコ好きすぎだろ・・・。)、水底からじ~っと釣り船を伺うガイラ、羽田空港に上陸して女性を貪り喰らうガイラ、本格的に地上に上陸して、野を山を街を文字通り「進撃」するガイラ・・・。
毛むくじゃらでありながらしかし人型の巨人であり、更に演者の目が直接ガイラの目となっている着ぐるみの造形、身長25メートルという直接恐怖を感じられる大き。どれもこれも、鑑賞者を怖がらせようとする為の設定であり、そして演出も怪獣映画というよりもどちらかといえばホラー映画のそれである訳ですから、恐怖感倍増であります。コレを「いつもの怪獣映画だよ~」的な雰囲気の、書き文字でサンダとガイラが喋ったりする感じの予告編を流した東宝は、えらくタチが悪いですよ!(笑)

そんな恐怖のガイラの消滅を図るべく登場するのが、陸上自衛隊の誇る超兵器・メーサー殺獣光線車であります。
このメーサー殺獣光線車は、標的を細胞レベルで殲滅できるという恐るべき殺人光線兵器であります。劇中を見る限りでは怪獣が恒久的に出現しているような世界観では無いのになんでそんな恐ろしい兵器を自衛隊が所持していたのかというツッコミはともかくとして、この兵器の登場で恐怖の人喰い怪獣・ガイラを後一歩のところまで追い詰める事に成功します。
いよいよ自衛隊が怪獣に勝利する日が来るのかッ!?

この威力!

それにしてもメーサー殺獣光線車が活躍する一連のシークエンス、通称「L作戦」シークエンスで、これまでの暗い感じのトーンで進んでいた映画が、一気に「いつもの怪獣映画」レベルにまで引き上げられます。伊福部昭作曲のマーチとも相まって最高に格好良い、怪獣VS自衛隊の戦いが演出されており、管理人も大好きなのではありますが、しかし映画全体から見ると結構浮いちゃっている感は否めなくもありませんかね。
この一連のL作戦シークエンスは、本多猪四郎監督自ら脚本を加筆した部分であり、本多監督曰く「見せ場を作る為の措置である」という事らしいのですが、ぶっちゃけた話、いつもの怪獣映画だと思って観に来た子供達への救済措置だったんじゃないか? という気がしないでも無いです(笑)。実際問題として、この映画のガイラによる強烈な人食い描写や恐怖と同等以上にこのメーサー殺獣光線車の格好良さが印象に残っているというリアルタイム世代の感想が色々と見られる訳でありますので、やっぱり本多監督の狙いはそのあたりにあったのかも知れません。

そうやって自衛隊の作戦準備から丹念に描いてきたL作戦でありますが、後一歩のところでもう一体の怪獣・サンダが介入してきたところで、ガイラ殲滅は失敗に終わる訳であります。その後は、食人行為を行うガイラに怒ったサンダがガイラを攻撃、以後、サンダとガイラによる戦いが、いつ果てるともなく続くのでありました・・・。

と、まぁ、ここまでは「ガイラの恐怖」と「メーサー殺獣光線車の格好良さ」という二点を中心に書いてきたのではありますが、実のところ管理人はこの映画の本質はそれらでは無いと思っているのであります。
前作『フランケンシュタイン対地底怪獣』が人造巨人の悲哀を描いた作品である事と同様、この『サンダ対ガイラ』は、人喰い巨人獣の悲哀を描いた作品であると言うことが出来ると思うのでございますよ。
ガイラ目線で本作のストーリーを追ってみましょう。

冒頭、漁船を襲うガイラ。状況を考えてみると、ガイラは漁船を襲ったというよりも大ダコを追いかけてきたら偶然漁船と鉢合わせをした、と言った方が妥当でしょう。
海で生活してきたガイラにとって人間は未知の存在であった。しかし、その人間を食べる事は出来そうである。そして、実際に食べてみると、これが存外に美味しかった。そこでガイラは、美味しい人間が沢山居るらしい、地上へと進出していく。
そうして、羽田空港へ進撃したガイラは食事を行うも、しかし深海での生活に慣れたガイラにとって日中の太陽の光の下で行動するのは非常に難しかった。
そこで、夜間に上陸して人間の捕食を試みようとするが、その人間は存外に賢い生き物で、ガイラの苦手な光を扱ってきた。やむなくガイラは光を避けて移動していくも、移動した先では自衛隊が待ち構え、戦車や電撃攻撃、果てはメーサー殺獣光線車による攻撃を受けてしまい、絶命寸前まで追い込まれてしまう。
そこにやってきた細胞を分けた兄であるサンダに助けてもらうガイラ。取り敢えず人間の目を避けつつ傷を癒して栄養を摂ろう。食料を求めてうろついては人間を食べる。
しかし、人間に育てられたサンダにとってガイラの食人は許されない行為でもあった。食人行為を行うガイラに激昂し、掴みかかるサンダ。そんな事情を知らないガイラは、何故自分の兄が怒っているのか理解する事も出来ず、仕方なしに応戦する。
もう、サンダも味方してはくれない。太陽が出ているのも気にせず、ガイラは逃げるように自分の海へと帰っていった。
この世界に俺が平和に暮らしていける場所なんて無い。ガイラはそう思ったのか、半ば自暴自棄のように、夜の東京で破壊行為を行う。だけど、そこにも自衛隊とサンダが一緒になって襲いかかってくる。自衛隊の攻撃はガイラだけに集中しているし、サンダはガイラよりも大柄だ。
ひたすらにいじめられてしまうガイラ。サンダとガイラの戦いはいつしか洋上に移っていた。自衛隊の攻撃に誘発されたのか、海底火山が噴火、サンダとガイラは、その噴火に呑まれ、姿を消した・・・。

嗚呼、ガイラ。お前は一体何の為に生まれてきたのだろうか!
フランケンシュタイン対地底怪獣』はまだ、怪獣・バラゴンの登場によってフランケンシュタインに救いが与えられている作劇なんですが、この『サンダ対ガイラ』では、ガイラに全く救いが無いんですよッ! もうかわいそうでかわいそうで・・・。いや、人を喰う恐ろしい奴ではあるんですけれどもね。

怪獣の本質のひとつとして、「そこに存在しているモノ」というのがあると思います。
何故、怪獣を退治しなければならないのか。それは怪獣が存在するだけで人間に危害を及ぼすからに他ならない訳であります。その巨体故に、その能力故に。本作のガイラの場合、「食人」というのがその一番の理由でありました。
食人行為を行うのだからこそ、自衛隊は全力でガイラの抹殺に当たった訳です。サンダも、食人を行うガイラを許すことは出来なかった。でもガイラは、食人が悪いことだと認識する事が出来なかった。ここに、この映画に於けるガイラの悲哀が凝縮されていると言えるでしょう。
もし、ガイラがあの時大ダコを追って漁船に遭遇していなければ、人間の味を知ることなく静かに海で暮らせていたでしょうに。前作に引き続き、やはり大ダコが全ての元凶だった! おのれタコ! でも、早かれ遅かれガイラは人間と接触していたでしょうね・・・。

いさや、全ての元凶は、やはり「フランケンシュタイン」という人造の怪物を生んでしまった人間であります。本作では前作と設定が異なっており、日本・京都のスチュワート研究所にてフランケンシュタインが誕生・飼育されていたという事になっています。ラス・タンブリン演じる(前作のニック・アダムスが割とノリノリで演じていたのに対し、このラス・タンブリン氏は割と面倒くさそうな、あまりやる気のなさそうな演技でありました・・・。)スチュワート博士こそが、全ての元凶だと言えるのかも知れません(笑)。
アンタのせいでサンダもガイラも苦難の人生を送ったんだ! ついでにアンタの割といい加減な分析で相当数の人名も喪われてしまったんだぞ!
スチュワート博士の罪は、重い・・・。

さて、本作の特撮面でありますね。
何と言っても素晴らしいのがサンダとガイラの着ぐるみ造形でありましょう。先述のように、「中の人」の目が直接出るデザインというか構造になっており、サンダもガイラも仕草だけではなく「」で語ってくるんですよね。それが独特の生物感と怪奇性を出し、更に恐怖感を煽ってくるようになっておるわけです。
ガイラの羽田空港襲撃シークエンスでは、これから捕食する対象をじっと目で追って吟味していたりするなど、観ているこちらをドキリとさせる演出が素晴らしいです。
この怪獣デザインは、ウルトラシリーズでもお馴染みの成田亨によるものであります。ウルトラシリーズに於いて成田さんは「化け物」感を排除した怪獣デザインを行っていた訳ですが、この作品のサンダとガイラ、特にガイラは化け物そのもののデザインであり、ウルトラ怪獣とは180度異なった理念の元デザインされているという事が言えるかと思います。
そのあたりを鑑みるに、「子供向けでは無い怪獣映画」という意識が、制作陣にはあったのかも知れません。

そして、木々をなぎ払いながらサンダを攻撃するメーサー殺獣光線車の大特撮!
ミニチュアワークと光学合成を見事に駆使し、凄まじい威力を誇る超兵器を演出する事に成功していました。着弾の衝撃で木が吹っ飛ぶという演出は現場で考えられたそうなのですが、見事な仕上がりになっております。この威力!

そしてそしてサンダとガイラの東京での最終決戦は、前作に引き続き普段の怪獣よりもサイズが小さい怪獣達による格闘という事で、東京のミニチュアも縮尺の大きいものになっています。東宝特撮映画に於ける市街地での怪獣同士の格闘は、『ゴジラの逆襲』以来という事もあってか、非常に気合の入ったミニチュアワークが堪能出来ます。
破壊された貯水槽から水がこぼれ落ちる、なんてカットもある芸の細かさ。円谷特撮の円熟を感じさせられる、そんな戦闘シークエンスとなっているのでは無いでしょうか。
他にも、巧みな合成で完全に実景に溶け込んでいるガイラとか、冒頭の大ダコの操演技術の高さなど、特撮的な見所は盛りだくさんでございます。

そんな感じで、全体的な映画の完成度としては『フランケンシュタイン対地底怪獣』の方が上になるのかなぁ、とか思ってしまう管理人ではありますが、兎に角見所も恐怖も多いこの『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』。
食人シークエンスや、全力疾走で進撃するガイラ等のシチュエーションは、明らかに『進撃の巨人』に影響を与えていると言えると思います。
フラバラ』同様、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の予習として本作を観るのもまた、一興かも知れません。

【関連記事】
小さい頃に観たらトラウマ必至の怪獣映画ですが、しかし人造巨人の悲哀を描いた傑作なのです。 『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』
【ジグザグに飛ぶ】「そういうもの」という文脈が成り立たない【メーサー光線】
怪獣映画の魅力とは

【予告編】


【関連商品】
【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
(2010/01/22)
ラス・タンブリン、佐原健二 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/07/30 18:12|特撮怪獣TB:0CM:4

コメント


あのガイラの悲惨なまでにいじめられる有様って、衰亡の一途だった全学連をモチーフにしていたんじゃないかな、と思ったことがあります。

タコの件ですが、単に、外国に配給するとき、「タコ出すとウケる」かららしいですね。受け売りですが。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2015/07/30(木) 22:22 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
ガイラ全学連説についてははどうかなぁと思いますが、タコに関しては、円谷監督が『ゴジラ』の企画以前から巨大タコ怪獣の映画を撮りたいと思っていたという話もあります。
『キングコング対ゴジラ』のタコシーンは実際海外で人気を博したそうで、その流れで『フラバラ』でもタコを出したところ、諸般の事情で国内公開版にも海外公開版にも出せず、後年TV放送版でやっと日の目をみた、という事らしいです
『サンガイ』にタコが出てきちゃったのは、『フラバラ』でせっかくタコの操演人形を作ったのだから、ワンモアチャンス! という事らしいです。

ある意味、『サンダ対ガイラ』のタコは、怨念で登場したのかも知れません(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/07/31(金) 23:17 [ 編集 ]

サンガイ関連の動画をいろいろ観てたら「Ballad of the Gargantuas!」というのにたどり着きました。歌が可愛くて歌詞もちゃんとストーリーになってて良かったっす。
矢端想 #1h4OZhZI|2015/08/01(土) 18:01 [ 編集 ]

>>矢端想さん
今観てきました。
これは、切なくなって来ますね……。というか、ちょっと泣いてしまいました。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/08/02(日) 00:23 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1302-cc92fba1

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.