管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『ウルトラマンX』の第1話がすごくすごかった話 

ここ最近ウルトラ関連の記事が続いておりますが、その流れで本日もウルトラの記事でございます。

いやぁ、とうとう始まりましたね、『ウルトラマンX』! 管理人などはもう先週放送の第一話をエンドレスで流すマンになってしまっておる訳でございますが、本当に素晴らしい!
ウルトラマンメビウス』以来の、大規模な防衛チームの登場と壊しをふんだんに入れた市街戦という事で、まさに「ウルトラマン完全復活」といった感じでありましょうか。それもこれも、ウルトラマンゼロが劇場作品や「ウルトラマン列伝」で頑張って、『ウルトラマンギンガ』、『ウルトラマンギンガS』と、作品が繋がってくれたおかげであります。非常に感慨深いですなぁ・・・。
何はなくとも「円谷プロが黒字転換してくれて本当に良かった!」という感じでありますかね。管理人が見た感じでも、ライダーの変身ベルトを巻いて遊んでいる子達に混ざってウルトラの変身器具や怪獣ソフビを持って遊んでいる子達も増えてきているようですので、「ウルトラマン」というキャラクターというかブランドが子供達の間に浸透していると言う事が出来るでしょう。このままこの傾向が続いてくれれば、良い循環となっていってくれる筈・・・! そしてライダーでも戦隊でもウルトラでも稼げる楽しい時を創る企業が良いトコ取りをする、と。

ウルトラマンX』、第1話は大まかな世界観の説明と、主人公・大地のウルトラマンへの初変身、そして初戦闘と、実にウルトラマンの第一話らしい構成でありました。「自分の巨大化にビビる主人公」とか、「ウルトラマンが飛び去った後を衛星で捕捉する」など、これまでのウルトラには無い新しさもふんだんに入れているのも良かったっすね。
冒頭の世界各国に怪獣が出現する、「怪獣総進撃」も良い! バラゴン、お前の雪辱は晴らされたぞ・・・!
このシーンの為だけに新規の着ぐるみを造った訳では無いでしょうから、彼らの再登場も楽しみですね。

それ以上に管理人は、やはり特撮シーンのレベルの高さに度肝抜かれました。
基本的にはアオリのアングルで怪獣を捉えていたりカメラが引いて真下から怪獣を捉えたりするなど、怪獣・ウルトラマンの巨大感を徹底しているのは勿論の事、破壊されたビルから破片に混じって書類がブワーっと散乱してきたり、ウルトラマンの足元にある自動車が衝撃で防犯機能が作動してライトが点滅するなど、非常に細かいミニチュアワークが堪能出来ました。

ミニチュアの飾り込みも良いんですわ……。
俺が見たい巨大特撮構図」のバーゲンセールでした・・・ッ!

勿論、基本的にそれらはミニチュアとして認識されるのですが、「本物に見えてしまう一瞬」が1話の間に何回も来るなど、特撮の持つ力が視聴している側にひしひしと伝わってくる、全体的にそんな特撮パートでありました。
ミニチュアの街に中を人物が走っていたり、地上に居る人物からそのままカメラがパンして怪獣を捉えたりするなど、本編と特撮の融合も非常に高かったです。
流石、円谷プロ、流石田口監督、といったところでありますか!
毎週火曜は『ウルトラマンX』の放送を楽しみに、2015年下半期は過ごしていきたいところでありますなぁ。
のっけからこんだけハイレベルな特撮をやっているので、予算が心配でもありますが、そこはきっと上手くやってくれるのだと信じましょう(笑)!

いやぁ、長い「怪獣氷河期」のおかげで管理人などは怪獣が歩いているだけでも興奮してしまうようになっていたのですが、ここに来て『ウルトラマンギンガS』よりも更に豪華な特撮で表現される新規の怪獣戦闘を観ることが出来るという夢のような情況にただただ感動するしきりでありますね。
パシフィック・リム』、『GODZILLA ゴジラ』、『ウルトラマンギンガS』、『ラブ&ピース』、そしてこの『ウルトラマンX』、更に間もなく公開の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』に『ジュラシック・ワールド』、来年に控えている新作のゴジラ、再来年のキング・コング&パシリム2・・・。
来ている。確実に来ているぞ、特撮怪獣の流れが・・・ッ!


【溶鉄怪獣デマーガ】
身長50メートル、体重5万5千トン。『ウルトラマンX』第1話「星空の声」にて初登場。
タイプGにカテゴライズされる怪獣であり、その身体の79%は非常に高温の溶けた鉄で構成されているという。口からは熱線、背鰭からは高温の火球を放ち、梅沢市の市街地を蹂躙した。
日本太平風土記」にて「鋼の魔獣、天目亜牙」として記述されており、まさに新ヒーロー・ウルトラマンXの最初の敵として不足はない大怪獣なのだ!


溶鉄怪獣デマーガ

描くにあたって本編やらソフビやらを参考にしたのですが、二次元に落とすと、どことなく『ゴジラVSスペースゴジラ』に登場した宇宙怪獣・スペースゴジラに似ています。田口監督曰く、「最初はやっぱりオーソドックスな怪獣を出したいよね!」ということらしいので、「タイプG」というのは多分「ゴジラタイプ」の事なのでは(笑)。
兎にも角にもデマーガちゃんは恐るべき大怪獣かわいい!

【関連記事】
円谷プロが放つ「ULTRAMAN_n/a」とは、果たしてどのような企画なのかッ!?
或いは、怪獣映画文化のある日本だからこその映画と言えるのかも知れません。 『ラブ&ピース』
おかえりなさい、ゴジラ。 『GODZILLA ゴジラ』
僕達はこんな怪獣映画を待っていた!『パシフィック・リム』
特撮ファン的には、実写版『進撃の巨人』は待望の映画だったりするのですが、しかし……ッ!
日本の「ミニチュア特撮」の魅力とは?

【関連動画】

Youtubeにて本編の1週間無料配信が毎週金曜午後6時更新でやっています。
見逃した方や放送地域外の方は是非、Youtubeでご覧ください! あと、バンダイチャンネルなんかでも無料配信はやっているみたいです。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/07/20 19:19|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント

意外なほどよかったです
こんばんは。

実はまったく期待してなかった「X」ですが、私もこの第一話は良くやったと思いました。デマーガの造形は新怪獣としては久しぶりの"本格派"だと感じましたし(^_^;)

特撮カットでは怪獣出現シーンに奥行きを感じさせる演出が多々あって良かったのと、XIOの基地なんかの描写も今まであんまりなかったリアル感があって「ほおお~」と唸ってしまいました( ̄。 ̄;)

敢えて一言だけ文句を言うならばちょっと主役の男の子が軽いかな~というのはありましたけど、これなら二話以降も期待してしまいますね(^^)
しろくろshow #-|2015/07/21(火) 22:52 [ 編集 ]

>>しろくろshowさん
こんばんは。

都市蹂躙シーンばかりに目が行きそうになりますが、山林でのデマーガが歩行しているカットでも巨大さや愛らしさが表現されており、田口監督は本当に怪獣が好きなのだなぁと感じたところです(笑)。

特撮は『80』や「平成三部作」並みか、それ以上の出来だと思います。
後は話がどんな感じになっていくかという所ですねぇ。

毎週楽しみに観ていきたいところです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/07/22(水) 21:49 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1299-cd888088

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.