管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

特撮ファン的には、実写版『進撃の巨人』は待望の映画だったりするのですが、しかし……ッ! 

ラブ&ピース』の公開を今週末に控え、いよいよ怪獣の夏がやってきている感のある今日この頃でございますが、特撮板『進撃の巨人』の新しい予告編が公開されました。
進撃の巨人』も1巻発売当初から追いかけていたりもする管理人と致しましては、「おお、ついにここまで来たか! 公開が楽しみだなぁ!」などと純粋に構えていたりする訳でありますが、まぁ、ネット上では専らマイナスな印象で語られておりますかね。
仕方ないんすよ、だって漫画、それも大人気作品の実写映画化ですもん。管理人もまぁ、「進撃の巨人』の実写映画制作決定!」と聞いて、「日本映画で西洋風ファンタジーな世界観やるのは無理があるのでは!?」と思わんでも無かったですし。
しかしながらかの『デビルマン』級の悪夢を想定しないまでも、「漫画・アニメの実写化」というモノには拒否反応が出るというのは致し方ない話ではあります。先日も『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の実写化で一荒れしたところです・・・。
なんでや! 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』結構良かったやろ!!

で、まぁ、その新しい予告編がこちらな訳なんですけれども、



管理人としては期待しか無い訳なんですよね。
いや、だって巨大特撮じゃないっすか! それもミニチュアワークや特殊メイク、アニマトロニクスや操演を駆使したSFXを主体とした特撮!
そして天下の東宝製作! 特撮版『進撃の巨人』は1950年代から脈々と続く「東宝特撮映画」として、カウントされる事になるのです。
技術的にも、1954年の『ゴジラ』から始まり、脈々と受け継がれてきた技が1990年代に『平成ガメラシリーズ』でひとつの到達点を見せ、2012年の『巨神兵東京に現わる』で再興の願いと更なる可能性を示唆し、そして漸くこの『進撃の巨人』として結実したと言える訳でして、そしてその先には来年の庵野秀明総監督によるゴジラに繋がっているのであります・・・!
特撮板『進撃の巨人』の諸々のプロモーションを見ても、「特撮」というのを前面に出している感がひしひしと伝わっておりまして、ここまで大掛かりな「特撮映画」は久しぶりだと、特撮界隈では専ら話題となっております。
何と言っても樋口真嗣監督がメガホンをとっている訳ですから、こうならない方がおかしいとも言えます。
・・・まぁ、「立体機動」がアニメ版のそれと比較するとアレという話は分からんでも無いですが。このあたりが邦画バジェットの限界なのかなぁ・・・。

しかしながら管理人は同時にこうも思う訳であります。
『進撃の巨人』の主なファン層は別段「特撮」を求めている訳ではないのでは無いか?
思い返されるのは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の同時上映の『巨神兵東京に現わる 劇場版』の悪夢であります・・・。
原作者である諫山創先生も、『進撃の巨人』に影響を与えた作品として『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』や『ウルトラマン』を挙げていますし、原作からして特撮志向な作品なので、「特撮」を前面に押し出すのは間違っていないと思うんですが、多分、『進撃の巨人』のメインファン層は、巨人や人類の謎を追うストーリーや登場人物のキャラクター性を重視しており、巨人の戦闘シーンや破壊シークエンスなんかはそこまで求められてはいないのではないかと、そういう風に感じます。
だから、そこで使用されている「特撮」という技術に対しても関心を引くような事は無い、と。
管理人などは『進撃の巨人』は「様々な謎を散りばめた中世ヨーロッパ風ウルトラマン」という感覚で読んだりもしているんですがね(笑)。

そういった感じで、制作陣側とファン側の「求めているもの」に結構な隔たりがあると思うんですよね。果たして、「特撮」を前面に出したこの実写化は、一体どういった評価を下されるのでしょうか・・・。
そうでなくとも脚本制作に映画評論家の町山智浩さんが携わっているという事から映画評論界隈でもちょっとした面倒くさい事案となっている特撮板『進撃の巨人』界隈。
有無を言わさない出来である事を願うばかりです。
・・・いやまぁ、どうせ興行収益的にはそこそこの数字を出すでしょうけど、願わくば「特撮、スゴいじゃないか!」となってくれますように・・・!


【関連記事】
【その先の】実写版『進撃の巨人』に、期待大【特撮】
和製新作ゴジラの監督に、庵野秀明監督&樋口真嗣監督だとォ!? ‐両監督の作品の傾向から想像する新作ゴジラへの期待‐
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
涙を呑んで、『巨神兵東京に現わる 劇場版』は失敗だったと言わざるを得ないのかも知れない……。
戦争映画の代替という側面も、怪獣映画にはある訳で。 『ガメラ2 レギオン襲来』

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/06/24 23:48|特撮関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1291-7f894cbf

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.