管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

【館長】特撮博物館・熊本展、行ってまいりました!【庵野秀明】  

はい、と、言う事でございまして管理人、熊本市現代美術館にて開催中の「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってまいりました。
九州にやってきた特撮博物館、そして地方巡業も今回が最後という事で、バッチリと堪能してまいりましたよ!
実は今回の特撮博物館観覧、1年強前から福岡にて不定期的に行われている「福岡特撮オフ会」の方々と共に、1泊2日の日程で行ってたりするのでありました。いやはや、さながら修学旅行の様相を呈しておりましたが、オフ会全体については後日、「レポート漫画」という形で上げようかなと思います。

それはともかく特撮博物館熊本展!
再び往年の特撮作品で使用されたミニチュアに逢え、再び特撮セット内を歩けた、その感動でありますね。

因みに、東京展の感想はこちらです。

特撮博物館‐熊本展 (1)
因みに、熊本市現代美術館は、『ゴジラVSスペースゴジラ』でゴジラが横切った「聖地」でもあります。

東京展では5時間強かけて観覧しましたが、今回は3時間弱程度かけての観覧。まぁ、集団で見に行ったというのもありますが、熊本展では東京展よりもミニチュアの展示数も少なくなっており、展示ごとに分散されていた『巨神兵東京に現わる』のメイキングも一箇所で集中的に上映されているなど、比較的短時間の観覧となったのは全体的なスケールダウンが要因となっていると言えるのではないでしょうか。
しかしながらその分、コンパクトに纏まって濃縮されていたと言えるのかも知れません。
東京展では見る事の出来なかった、ゴジラ(VSデストロイア)とガメラ(『レギオン襲来)の着ぐるみが相対する、さながら「ゴジラ対ガメラ」の如き夢の構図や、僕らのジャガーとメカゴジラⅡという、昭和を代表する2大般若モチーフロボット怪獣が仲良く並んでいたのも、展示がコンパクトに纏まっていたからこそ実現したとも言えますしね!

そして、今回のミニチュア展示の目玉は何と言っても、日露戦争を俯瞰で描いた東宝の特撮戦争映画にして円谷英二監督の劇場作品としての遺作でもある『日本海大海戦』にて使用された、大日本帝国海軍聯合艦隊旗艦・戦艦三笠及び同作で使用された駆逐艦並びに輸送艦のミニチュアでございました。
いやぁ、全長6メートルにも及ぶミニチュアは圧倒的な迫力でありましたね! これがあの東宝特撮大プールで黒煙を上げて大海原を往っていたのかと思うと、胸が熱くなりました。しかし、資料によると『日本海大海戦』で使用された最大スケールの戦艦三笠のミニチュアは、全長13メートルだったそうであります。展示されている三笠の2倍以上! なんともはや・・・。
しかしながら、今回展示されてた『日本海大海戦』の艦船ミニチュアは、船舶関係者の手によって長年保管されてきたという話。これほどまでに巨大なミニチュアがこんなに良い状態で保管されていたなんて、運が良かったとしか言いようがありませんなぁ! 巨大ミニチュアは維持・管理大変なのですが、定期的にメンテナンスもされていたようで、この三笠の持ち主の愛が感じられます。
以前、戦艦三笠他『日本海大海戦』の艦船ミニチュアがヤフーオークションで出品されていたのが一部の特撮ファンの間で話題になっていおり、「もう少し早ければ特撮博物館にも展示されていたよなぁ」みたいな話が為されておったのですが、この度熊本展にてめでたく展示。いやぁ、良かった良かった。

・・・特撮戦争映画『連合艦隊』に使用された1/20スケールの戦艦大和も、04年まで東京臨海副都心の「船の科学館」で保管されていましたが、暴風雨で損壊・破棄されてしまった訳でありまして、もうあと11年持っていたら(いや、8年持っていたら!)、大和と三笠という日本を代表する2大戦艦の巨大ミニチュアが仲良く特撮博物館で展示されていたかも知れないと思うと、ちょっと残念でありますかね。

・・・さて、今回も例によって撮影可能ブースにてパシャパシャと写真を撮ってきましたので、その一部を当記事にて貼って行きたいと思います。
というか、当記事は写真がメインの記事だったりするんですね(笑)。

特撮博物館‐熊本展 (7)

という訳で、追記へ↓
web拍手 by FC2




特撮博物館‐熊本展 (8)

特撮博物館‐熊本展 (9)

特撮博物館‐熊本展 (10)

コレは、「強遠近法」を使用したミニチュアセット。
強遠近法」とは、手前側に大きなスケールのミニチュアを配置し、奥側に小さなスケールのミニチュアを配置する事によって遠近感を出す特撮技法の一つです。スモークなんかを焚いて空気感を出すと更に遠近感が増します。
東京展では普通の展示でしたが、熊本展では撮影が解禁されておりました。入口に展示されており、特撮博物館の来場者のみならず、無く熊本市現代美術館に来た人全員が撮影可能になっているあたりがニクい(笑)!
おっ、何だコレ、面白そう!
ってなる事請け合いでございます。

以下、東京展同様の、折れた東京タワーを中心としたミニチュアステージであります。

特撮博物館‐熊本展 (21)

・・・っとぁ! その前に ウルトラマン!
このウルトラマンは、腕を天に突き上げて巨大化する変身シーン用の撮影プロップなのですが、

特撮博物館‐熊本展 (20)

横から見るとこのように拳が異様に大きく作られている事が分かりますね。
これも遠近法の応用と言える技法でありましょう。

さて、今度こそ、ミニチュアステージでございます。

特撮博物館‐熊本展 (40)

特撮博物館‐熊本展 (22)

特撮博物館‐熊本展 (23)

特撮博物館‐熊本展 (24)

JR西萩窪駅のミニチュアは、『巨神兵東京に現わる』の為に新造されたものです。
ディテールも実際のものに準拠しているようで、かなりの再現度のようです。

特撮博物館‐熊本展 (37)

巨神兵東京に現わる』はかなりの量のミニチュアを過去作品からの流用でまかなっているのですが、西萩窪駅とこの写真の奥側に写っている学校のミニチュアは、『巨神兵~』の為に新造され、特撮博物館の撮影可能セットにも置かれているという、ある種貴重なミニチュアであると言うことができるのかも知れません。

特撮博物館‐熊本展 (27)

ミニチュアによっては、窓の中に部屋が描き込まれたものもあります。じっと見ると絵だと分かりますが、映像作品では映る一瞬だけ騙せれば良いので、これで良いのです(笑)。
空の大怪獣 ラドン』では、ミニチュアのビルの中に鏡を置き、あたかもビルの中に人間が居るかのような映像を作り上げておりました。
ナイトシーンではミニチュアビルの窓に電飾を仕込んだりもしますよね。

特撮博物館‐熊本展 (25)

特撮博物館‐熊本展 (26)

特撮博物館‐熊本展 (29)

特撮博物館‐熊本展 (39)

特撮博物館‐熊本展 (38)

撮影可能ブースに配置されているミニチュア全体に言える事なのですが、こうして見るとウェザリング(平たく言えば、雨風や日光が原因の退色・汚れを表現する塗装の事です。)が徹底していますね。
本物の建物とかを見ると実際問題ここまで汚れてはいなかったりもするのですが、特撮や模型に於いては、過剰と思えるほどのウェザリングを施して漸くリアルに見える、という話があったりもします。
ミニチュアはどこまで行っても縮尺された偽物でしかないのだから、できるだけ本物に近付けなければならない。その為に本物以上に汚しを入れるというのは、なんだか面白いですよね。

特撮博物館‐熊本展 (36)

特撮で鳥居と言えばやっぱり、『三大怪獣 地球最大の決戦』で、キングギドラが盛大にぶっ壊したアレですよね。宇宙三つ首罰当たり怪獣(笑)!
巨神兵東京に現わる』でも鳥居を手前になめての構図があり、『三大怪獣~』のオマージュが為されていましたが、巨神兵は鳥居をぶっ壊さずじまいでした。

特撮博物館‐熊本展 (33)

特撮博物館‐熊本展 (34)

特撮博物館‐熊本展 (35)

看板や旗、道路標識なんかの文字も、キッチリと読めるよう精巧に出来ています。
実際の特撮映画でも、『ガメラ 大怪獣空中決戦』のガメラが地下から出現する際のカットで公園の立て看板の文字がハッキリと読めたりするのをはじめ、色々と「読める」看板・標識が登場していたりするので、皆様、是非、ご確認ください(笑)!

特撮博物館‐熊本展 (30)

せっかくの東京タワーなのに指が写りこんでしもた。
おのれディケイド!

特撮博物館‐熊本展 (31)

特撮博物館‐熊本展 (28)

破壊された東京タワー! いやぁ、良いっすなぁ。
特撮モノではお決まりと言って良いほど破壊される宿命を背負った感のある東京タワーでございますが、長い歴史の中には、『ウルトラQ』でケムール人をXチャンネル光波照射で倒すなど、怪獣・異星人相手に勝利した事もあります。
頑張れ、東京タワー! 負けるな、東京タワー! 明るい未来が、待っている!

特撮博物館‐熊本展 (32)

樋口監督!
間もなく公開の特撮板『進撃の巨人』、そして来年のゴジラ、楽しみにしていますッ!!

特撮博物館‐熊本展 (41)

特撮博物館‐熊本展 (42)

特撮博物館‐熊本展 (45)

ステージ上空に吊り下げられた航空機群。
かつてはピアノ線を青く塗ったり逆さに吊ったりする事で吊り線をごまかしておりましたが、今日に於いてはVFXで容易に修正する事が出来るようになりました。
大規模なミニチュアセットが用いられなくなっても、こういった飛翔体とか戦車なんかはミニチュアモデルが造られ、VFXの合成素材となったりしているのでまだまだメカ系のミニチュアは、現代特撮の最先端でも需要が尽きないっぽいです。

特撮博物館‐熊本展 (43)

展示スペースが無かったのか、東京展では「天地逆転セット」として展示されていた零式艦上戦闘機はここで展示されておりました。
何も説明無しだと、逆さに吊られている展示意図がちょっと分かりにくいような気もします。不憫じゃ・・・。

特撮博物館‐熊本展 (44)

庵野監督、こんなにも素晴らしい特撮博物館を、ありがとうございました!
特撮博物館の恒久化、実現したら良いですねぇ、本当に・・・。


そういった感じで、非常に愉しい特撮博物館・熊本展の観覧でありました。
半券があれば終日何回でも再入場可能という事で、勢い余って2周しちゃったよ!!
2015年6月21日現在で6万人超が足を踏み入れた特撮博物館熊本展。皆様も是非、熊本市現代美術館に足を運ばれてはいかがでしょうか。
開催期間は、6月28日までであります。


【関連記事】
特撮博物館・熊本展をより愉しむために!
涙を呑んで、『巨神兵東京に現わる 劇場版』は失敗だったと言わざるを得ないのかも知れない……。

スポンサーサイト
2015/06/21 12:40|特撮関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1289-eb653c13

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.