管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「擬人化」とはなんぞや 

つい先日の話であります。
職場の先輩殿(※非アニメ・特撮ファン)と昼休みにコンビニに行く事になったのでありますが、そのコンビニにて、クリアファイルが出ているという事でアニメ版『艦これ』ののぼりが掲揚されておりました。それを見て、先輩殿がぽつりと一言。
えっ、『艦これ』って女の子なの? てっきり「艦隊これくしょん」だから軍艦を集めるアニメなんだと思ってた・・・
先輩殿。間違っちゃいません。原作は軍艦を集めるゲームです。ただし、女の子に擬人化された軍艦ですがね!
・・・などとドヤ顔で解説しだしたりはせず、
まぁ、最近は色々と擬人化される世の中ですからねぇ
と、相槌を打ったのですが、ここで先輩殿が一言。
・・・「擬人化」って、ナニ?
しまった! 管理人は地雷を踏んでしまったようだ!
まぁ、その場は適当に流したのでありますが、しかしながら、擬人化。これだけ広くサブカル界隈が開けた感のある昨今でありますので、「擬人化」くらいは周知されているとばかり思っておりましたが、案外そうでも無いようでありますなぁ・・・。よく考えてみると擬人化というジャンルは一般的なジャンルに見えて、しかしその実「女の子に擬人化させる」という文化は、サブカルに精通している人でなければちょっと理解出来ない案件だったりするのかも知れません。
と、いう事で、本日は「擬人化とは何ぞや」という事について、非オタの人にも分かりやすいように書いてみようかと思うところであります。
・・・このブログを非オタの人がどれだけ読みに来るかは知りませんが、個人的な再認識という事も兼ねてという事でッ!

擬人化。
一般的には、読んで字のごとく「人間以外のモノを人物(=キャラクター)として人格を与える」事を「擬人化」と言います。
まぁ、コレに当てはまる例は色々とありますが、「擬人化」の最たるものは、「」と言う事ができるかと思います。世の中の様々な事象は全て「」の行動によるものである、と考える事により、事象に性格というか、人格を持たせた訳であります。台風や地震といった自然災害から、生物の誕生や死、場合によっては人の出会いや別れなんかも、神様の行動に基づくものであるとされておった訳であります。昨今何かと話題の「妖怪」なんかもその系統のひとつでありますね。我々人類は、科学が発展する以前は事象に人格を持たせる事によって、その事象に対する理解を深めていたのでございます。
そして、大元は事象であっても「」としての人格が与えられると、それに付随した物語が誕生するものなんですよね。面白いことに、どんな宗教にも「神話」と呼ばれるような神様達の物語が存在している訳でありまして、人間の想像力の力というのはどこの世界でも同じなのだなぁと思わざるを得ません。
しかしながらまぁ、色々な神話なんかを読み解いていくと、妙に人間臭い神様とか、「あんた神様なんだからもっと上手く立ち回れんのか!?」と突っ込みたくなるような神様も存在しており、「デカい事出来るだけで実は大した事無いんじゃ・・・」と、不敬な事を考えてしまったりもしますかね(笑)。それもまぁ、人が創った物語だからこそという事なんですけれども。
・・・なんか擬人化について遡って考えると宗教とか神様といったエラく神妙な話になってしまいましたが、「擬人化」の根本的な部分はアニミズム※端的に言えば、全てのモノゴトに魂が宿る、という考え方の事です。)なんですよね。それは神話も現代サブカルに於ける擬人化も同じな訳でありまして。

さて、昔話などに於いても「擬人化」は盛んに行われておりまして、『桃太郎』、『浦島太郎』、『舌切り雀』等々に於いては、動物が人語を話したりするなどの「擬人化表現」が為されております。また、絵画として描かれた擬人化モノで有名なのは、やはり日本最古の漫画「鳥獣戯画」や、「百鬼夜行絵巻」でありましょう。
日本の動物擬人化の最古の例は、恐らく古事記に登場する因幡の白兎でしょうね。やっぱり神話です。
管理人としては擬人化昔話では、『さるかに合戦』が最も印象深いですね。この物語では猿と蟹といった動物だけでは無く、栗や臼、そして牛糞までもが擬人化されて登場する訳であります。牛の糞を擬人化て! なんともはや。
勿論、海外の童話や民話なんかにも動物が擬人化されて表現されており、これは全世界的なモノであると言えます。子供が読むお伽草子や童話として、擬人化された動物というのは、分かりやすさとキャッチーさ、そして、生々しさの回避という三点から採用されているのでしょうね。
時代的には近代の話になりますが、実際問題として、第二次大戦中に戦意高揚の為のプロパガンダ映画の一環として、子供向けに、擬人化された動物による戦闘を描いたアニメ映画が日米で上映された歴史もある訳でありまして、そこに擬人化された動物をキャラクターとして据えていたのは、まさに「分かりやすさとキャッチーさ、生々しさの回避」という三点が理由でしょう。
現代に於いても「ご当地キャラクター」として分かりやすさ・キャッチーさを念頭に(中にはどう見てもそうじゃない、というキャラクターも居ますが。)様々なマスコットキャラクター達が作られておりますが、これらもまた地域であったり特産品であったりの擬人化と言える訳で、実際にどの程度の経済効果があるのかはともかくとして、擬人化の利点が地域や特産品のPRに活用されているというのは、特筆するべき点なのかも知れません。

また、歴史の中では国が擬人化され、その擬人化された人物が国の象徴とされる、という事もしばし起こりました。その国に対するイメージの統一化や国威発揚といった事が目的と言う事が出来るのですが、各国それぞれの擬人化された人物を見てみるとその国が「こうなりたい!」という事が明確に示されており、どういった考え方の下で国を動かしたいのかが一目瞭然だったりもしてなかなか面白かったりもしますね。
一方で風刺画として国が擬人化される事もよくある訳ですが、こちらは、その国がどう見られているのかが一目瞭然となる場合が多く、それもまた面白かったりする訳であります。
方向性の違いはあれど、両者とも「特徴を捉える」という事に重きを置いた擬人化と言え、先述の「」や「動物の擬人化」とはまた違った方向での擬人化と言えるでしょう。
また、現代に於いては、国を擬人化させた人物達の悲喜交々を描いた『Axis Powers ヘタリア』という漫画もあり、数年前では一部界隈で一大ムーブメントになったりしました。
・・・と、ここで漸く現代サブカルに於ける擬人化に、話が繋がる訳でございます(笑)。いやはや、管理人もまさかここまで前置きが長くなるとは思いませんでした。

日本に於いては、「米の一粒には七柱の神様が宿っている」という言葉がある程度には神様が存在しており、我が国は「アニミズム大国」であると言っても過言ではありません。先述の「ご当地キャラクター」の例もありますし(笑)。
そういった思想が我々の根底にある為か、擬人化キャラクターは実に多岐に渡って存在しており、既に「事象の擬人化」である筈の神様や妖怪の擬人化は勿論、兵器や武具、鉄道やパソコンOS、株に為替、筆記用具に家具、果ては思想(下記【関連商品】参照)や曜日(こちら参照といった無形のモノまでもが擬人化されるという非常に混沌とした様相を呈しておる訳であります。
で、まぁ、そういった擬人化なんですけれども、妖怪変化のような姿形よりも、やっぱり可愛い女の子だったりイケメンのお兄さんだったりした方が良いじゃないっすか、ビジュアル的に言えば。
管理人だって、日曜の翌日には屈強な筋骨隆々なおっさんの月曜日さんが来るよりも、勝気なお姉さんな月曜日さんに来て欲しいですもん(何の話か)!
そういう理由で、現代のサブカル界隈に於ける擬人化キャラクターは可愛い女の子だったりイケメンなお兄さんだったりする訳であります。男性向けなら可愛い女の子、女性向けならイケメンなお兄さんないしショタっ子。そういう住み分けが為されておるんです。
いや、中には「私はオッサンが良いんだッ!」という方もいらっしゃるとは思いますけど! あと、「俺はショタっ子でもいけるぞ!」っていう男性諸氏とか!
そういった需要に応えるような擬人化も、当然存在していますし、なかなかどうして擬人化界隈は、奥が深いものであります。


擬人化の例
原典
この右側の甲殻怪獣を・・・

擬人化
こうじゃ!
・・・えっ、サイズは人間大で良い? 知らんなぁ!



さて、現代サブカル界隈に於ける擬人化に於いては「原典となったモノの特徴を捉える」という事が最重要視される訳であります。単なる「コスプレ」と「擬人化」の違いは、その描かれたキャラクターの外見や衣装だけではなく、性格や精神性も深く原典から反映されている事が望ましいとされております。

例えば、冒頭でも取り上げました、いま人気の「艦これ」。コレは、第二次大戦時に活躍した軍艦を女の子に擬人化させたモノでありますが、軍艦の擬人化体である「艦むす」には、史実に於ける軍艦の艦歴や戦没といった経緯が広く反映されたキャラクター付けが為されており、更には艦むすには史実で辿った運命の記憶がある、という設定になっております。なので「艦これ」には「史実の運命を乗り越える」という事がひとつのテーマになっておる訳なのでありますが、この部分が、「艦これ」の擬人化要素の最たるものである訳なんですね。
また、「艦これ」は、何故女の子なのか、という事にも明確な答えを出している珍しい作品のひとつでもあります。勿論、「そっちの方が可愛いから」というのもあるんですけどね。
日本に於いて古来、船というモノは男性であるとされてきました。船に「ナントカ丸」と命名するのは、その名残だったりする訳です。因みに、「」というのは、平安時代に於いて貴族の名であった「麻呂」が転じて「」になったとされております(諸説ありますが)。
しかしながら英語圏に於いては、古来より船は女性であるとされてきました。何故女性なのかというのには諸説あってハッキリはしないのですが、兎に角日本も、文明開化の頃に西洋から学んでいく過程で、「船舶を女性になぞらえる」という文化を吸収していった訳であります。
ですので当然「軍艦も女性である」という事になるので、艦むすは女の子になって然るべきである、という事なんですね。
しかしながら、性別の違いはあれどフネに性別を与えるというのもアニミズム溢れるお話ではありますが、それを更に擬人化させた「艦これ」は、アニミズムの塊みたいな存在であると言う事が出来ますなぁ。やっぱりアニメ版も原典通りの艦の全長=身長にした巨大な艦むすの活躍を描いたアニミズム溢れる作品にすれば良かったんだよ!

さて、近年のサブカル界隈に於ける様々なモノゴトを女の子に擬人化させる、いわゆる「萌え擬人化」が行われるようになったのは、1980年代であるとされております。
発祥は定かでは無いのですが、どうやら、『ガンダムシリーズ』のMSを擬人化したいわゆる「MS少女」等というモノや、第二次大戦中の戦車や戦闘機、戦闘艦艇を女の子に擬人化させたアニメファンによる同人活動にその源流があるようであります。
メカが女の子になったら最高じゃねえか!」という、実にわかりやすいオタク的な発想によって萌え擬人化の流れが生まれたんすなぁ。
そこから波及して様々な萌え擬人化の流れを汲んだ同人作品が生まれ、時としては萌え擬人化の商業作品も出てくるに至り、単に擬人化体は女の子だけではなく、女性向けの作品にもそのフォーマットが持ち込まれていく事となっていった訳でございます。
そういった30年超の萌え擬人化の歴史がまた再び「艦これ」という、第2次大戦期の兵器の擬人化として大ヒットするというのは、先祖返りというか、なかなかに感慨深いものがあるような気もしますね。

00年代に入るまでは「萌え擬人化」は、概ね同人作品で細々と行われていた訳でありますが、備長炭の萌え擬人化を行った『びんちょうタン』のヒットを皮切りに、商業作品でも萌え擬人化をやろうぜ、という向きになっていったと言えます。
最近では東映がマジンガーZやゲッターロボといった往年のスーパーロボット達を擬人化させた『ロボットガールズ』という作品を展開したり、円谷プロが『ウルトラシリーズ』に登場したウルトラ怪獣達を女の子に擬人化させる「ウルトラ怪獣擬人化計画」を各媒体で展開したりと、「原典」を擁する制作会社が続々と版権元である強みを活かした萌え擬人化作品を展開していっておる訳です。
また、珍しいところでは政府やら地方自治体、或いは企業が推進するご当地キャラクターに混じって「ご当地萌えキャラ」なるモノが創られたりもしておりまして、中には特産品を萌えキャラ化させた地方自治体や、お米なんかを萌えキャラにさせる農協なんかも出現してきていたりもします。
全体的にヒットしているのかどうかはちょっと怪しいところがあるようにも思いますが、兎にも角にもサブカル界隈は現在、一大擬人化ブームである、と言う事が出来るのではないでしょうか。

・・・と、いった感じで、「擬人化とは何ぞや」という事で書いてみた訳でりますが、いかがでしたでしょうか。
管理人も自作の漫画に登場する怪獣を擬人化させる程度には擬人化モノが好きでありますので、擬人化ブームがきているのは喜ばしい事であると思います。
まぁ、ウチのブログにどの程度影響力があるかは知らんですが、当記事を通して、少しでも擬人化についての理解が深まれば幸いでありますかね!

・・・他にも、歴史上の人物を萌えキャラ化させる「萌え女体化」などというジャンルもあり(管理人も好きな『ストライクウィッチーズ』も、第2次大戦期のエースパイロットの女性化、という側面もありますし。)、それはそれでまた一大ジャンルであり、萌え擬人化の考え方が色濃く出ているモノだったりもするのでありますが、飽くまで今回は擬人化一点に絞った記事という事ですので、それらに関しては除外しました。
そういった状況もあり、昨今は「擬人化」と「女体化」が混同されてきているようなきらいがあり、ネットでも「戦国武将の擬人化が~」などという冷静に考えるとちょっとよく分からない書き込みが散見されるなど、ちょっとした混乱も起きてきているみたいであります。個人的には皆極力混同しないで欲しいなぁ、と、思うところなのでありますが、まぁ、混同するなという方が難しい複雑怪奇な状況でありますし(笑)。


【関連記事】
メカ少女のこれまでと『ガールズ&パンツァー』と第二次大戦メカの展望
「巨大ロボット」の真髄はッ!!

【関連商品】

萌えて学べる!! 思想コレクション ○○主義、○○イズムを擬人化!萌えて学べる!! 思想コレクション ○○主義、○○イズムを擬人化!
(2011/12/15)
吉岡友治

商品詳細を見る


47都道府県擬人化バトル よとしち! (1) (角川コミックス)47都道府県擬人化バトル よとしち! (1) (角川コミックス)
(2015/01/22)
佐保

商品詳細を見る


探査機はやぶささん探査機はやぶささん
(2012/02/10)
オレンジゼリー

商品詳細を見る


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/03/20 08:02|混沌雑記TB:0CM:4

コメント


どうも、こんばんはです。

自分が「擬人化って何?」と、聞かれた場合こう答えようと思います
「キン肉マンの超人みたいな物ですよ、
ほら、スプリングマンとかケンダマンとかベンキマンとかみたいな感じの」

ついでに、もし女体化についての説明を求められたら
「キン肉マンの超人みたいな物ですよ、
ほら、テリー・ファンクJrを超人化したテリーマンとかハルク・ホーガンを超人化したネプチューンマンみたいな感じの」
レバニラ #LkZag.iM|2015/03/21(土) 23:10 [ 編集 ]

>>レバニラさん
どうもです!

その『キン肉マン』も、『キン肉マンレディー』なる、女性化漫画が存在するという恐ろしい時代であります……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/03/26(木) 21:32 [ 編集 ]

そうか「まどマギ」で女の子が概念になる、というのは、「擬人化」をひっくり返してみる、という発想の果てか、と今どき気がつく気の回らない男。(^^;)


最近の擬人化は、擬人化された女の子をさらに擬人化して女の子にする、という二重の価値顚倒が起こっている気がするのですが、そういうことを考え出すと最近のわたしのツイートのように泥沼にハマってみんなに迷惑かけてしまうので回避することにしました(^^;)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2015/03/27(金) 19:09 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
概念化=擬人化と考えると、確かに『まどマギ』のTVシリーズのオチは擬人化エンドと言えますね!(もはや何が何だか)

擬人化も考えていくとまた袋小路に迷い込んでしまいそうな気がします……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/03/29(日) 00:39 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1264-4333e1a7

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.